燃料

【燃料】低温腐食と高温腐食の違いとは?

ボイラーの燃焼室、過熱器などの燃焼装置では、燃料に含まれる物質が原因で配管や熱交換器を腐食させることがあります。

この腐食には「高温腐食」と「低温腐食」の2種類があり、それぞれの発生要因や対策が違います。

今回は、燃焼装置で注意するべき「高温腐食」と「低温腐食」の違いについて書きたいと思います。

1. 高温腐食と低温腐食の違い

高温腐食と低温腐食の最も大きな違いは、読んで字のごとく腐食が発生し始める温度です。

高温腐食では、成分にもよりますが大体500℃以上、低温腐食では120℃程度で発生し始めることが多いです。

1-1. 高温腐食とは?

高温腐食は、燃料中のバナジウム、ナトリウム、ニッケルなどの金属成分を含む灰が要因となって発生します。

灰に含まれる金属酸化物が伝熱面などに付着し、これが高温で融解することで、伝熱面の酸化被膜が壊され腐食を進行させます。

このような腐食を高温腐食と呼びます。

高温腐食はいくつかの金属元素が要因で発生しますが、バナジウムが750~1500℃で一度、五酸化バナジウムに変化し、その後675℃の融点以上になって融解されることで腐食を発生させる現象のみ、「バナジウムアタック」という名称がついています。

1-2. 高温腐食の対策

高温腐食の対策は発生要因を考慮すると、次のようになります。

  1. 伝熱面の温度が金属の融点以上にならないようにする。
  2. スートブロア(すす吹き)を実施する。
  3. 添加剤を入れて融点を上げる
  4. バナジウム、ナトリウム成分の低い燃料を使用する。
【ボイラー】燃料を重油からガス炊きに更新するメリット

目次1. ガス炊きボイラーとは?2. ガス炊きボイラーのメリット2-1. 燃焼効率が高い2-2. 排 ...

1-3. 低温腐食とは?

低温腐食は、燃料中に含まれる硫黄成分が要因となって発生します。

硫黄が酸化され、それが排ガス中の水蒸気が凝縮した水に溶けることによって硫酸が発生し、金属面を腐食させます。

水蒸気の凝縮が始まり、伝熱面に結露水が発生すると腐食が進行するため、温度としては120℃程度で発生します。

【ボイラー】排ガスの熱回収をするときに考慮するべき酸露点とは?

目次1. 酸露点とは?2. 酸露点腐食の対策は?2-1. 排ガス出口温度を管理する2-2. 低硫黄燃 ...

1-4. 低温腐食の対策

低温腐食の対策としては次のようになります。

  1. 硫黄分の少ない燃料にする。
  2. 排ガスの熱回収温度が露点以下にならないようにする。
  3. 添加剤で硫酸を中和する。
  4. SO3にならないように過剰空気を減らす。

低硫黄の燃料に転換すると、省エネルギーが図れるというのは低温腐食を気にせず、排ガスの熱回収を実施できることに大きな意味があります。

2. まとめ

高温腐食と低温腐食は、どちらも配管や熱交換器を腐食するということは同じですが、発生要因が全く違います。

どちらも発生するとプラントを停止させるような大ごとになりますので、発生原理はよく理解しておきましょう。

燃料

2021/4/11

【燃料】排ガスのO2換算って何?計算方法は?

目次O2換算とはO2換算を使う理由O2換算で実際に計算してみる最初の状態空気を過剰に混ぜた場合まとめ 排ガス中の窒素酸化物やばいじんの濃度を規制する場合にO2〇〇%換算という文言をみることはないでしょうか? この記事ではO2換算とは何か、計算方法とその目的について解説したいと思います。 チャンネル登録はこちら O2換算とは O2換算は次の式で計算することができます。 $$C=C_s×\frac{21-O_n}{21-O_s}$$ C:窒素酸化物の濃度[ppm] Cs:窒素酸化物の実測濃度 On:標準酸素濃 ...

ReadMore

燃料

2021/4/13

【燃料】排ガス量の計算方法とは?

目次排ガスとは排ガス量の計算方法燃焼式を立てる理論空気量を計算する過剰空気量を足す温度を考慮して体積を計算まとめ ボイラーなどを見ると、燃料の供給ラインに対して、排ガスのダクトがかなり大きく設計されているのを見たことはありませんか? 今回はなぜそのような設計になるのか、燃料を燃やしたときに発生する排ガス量の計算方法について解説したいと思います。 チャンネル登録はこちら 排ガスとは 排ガスとは燃料が燃焼したときに発生する気体のことです。 主な成分は二酸化炭素CO2、水蒸気H2O、窒素N2、そして過剰に供給し ...

ReadMore

燃料

2021/5/1

【燃料】凝固点・流動点の違いについて詳しく解説してみた

目次凝固点とは流動点とは凝固点や流動点を用いる理由まとめ 軽油や重油など燃料を扱う際に、流動点という言葉を聞いたことはありませんか? 今回は凝固点、流動点の定義や使い分けについて説明します。 こちらの記事は動画でも解説しているので、動画の方がいいという方はこちらもどうぞ。 チャンネル登録はこちら 凝固点とは 凝固点とは、字の通り液体が固体化するときの温度を指します。 基本的には、固体が液体になる時の温度である融点と一致しています。水であれば約0℃ですね。凝固点は、液体の物質固有の特性に影響される化学的な数 ...

ReadMore

燃料

2020/11/21

【燃料】水素を使えば地球温暖化が防げる?水素の製造方法や今後の可能性は?

目次1. 水素と地球温暖化の関係2. 水素の製造方法2-1. 水を電気分解する2-2. 化石燃料から生成する2-3. 木材から生成する2-4. 温泉水から作る2-5. 製鉄所等の副生ガスを利用する3. 水素から動力を得る仕組み4. 水素を利用するメリット5. 水素を利用するデメリット6. まとめ トヨタ自動車が次世代自動車として他メーカーに先駆けて水素を燃料とする自動車「MIRAI」を発売しました。たまに街を走っているのを見るとつい凝視してしまいます。 「MIRAI」は水素を使った燃料電池でモーターを回し ...

ReadMore

燃料

2020/10/24

【燃料】発熱量の測定方法は?

目次1. 気体燃料1-1. ユーカンス式流水形ガス熱量計1-2. ガスクロマトグラフ法2. 液体燃料2-1. ボンベ型熱量計3. 固体燃料3-1. 燃研式自動熱量計4. まとめ 単位質量あたりの化石燃料がどの程度の熱量を持つかという指標に発熱量があります。 そして燃料の発熱量を測定するのに気体燃料、液体燃料、固体燃料それぞれで決められた方法があります。今回は燃料ごとの発熱量の測定方法について解説してみたいと思います。 チャンネル登録はこちら 1. 気体燃料 気体燃料とは主に次のものがあります。 LNG(液 ...

ReadMore

技術系資格取得を目指す方必見!おすすめ通信講座

最短で資格を取得するためには、いかに効率よく学習するかが重要です。モチベーションを維持しながら最短で資格取得を目指すなら通信講座を利用するのもおすすめです。

シンプルで分かりやすいテキストSAT『エネルギー管理士熱分野』

現場技術系専門の通信講座です。イラストを多用したシンプルで分かりやすいテキストと動画がセットになっています。

価格もお手頃で、特に熱力学などを学んだことのない初学者におすすめの通信講座です。

エネルギー管理士以外にも電験や衛生管理者など25の資格の通信講座を展開しています。

電験取得を目指すならSAT『第三種電気主任技術者講座』

イメージしにくい交流回路についても多様なイラストと解説動画で詳しく解説してくれます。独学ではなかなか勉強が進まないという方に特におすすめの講座です。電気について詳しく学べるので実務で電気を使うという方には最適な教材です。

技術系資格の最高峰SAT『技術士合格講座』

論文添削やZOOMマンツーマン指導が付いており、面接対策もWeb上で行うことが出来ます。また、テキストは毎年改定されているので常に最新の教材で勉強することが出来ます。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

エコおじい

プラントエンジニアです。工業技術をどこよりも分かりやすく解説するをテーマに2017年から情報発信をしています。最近、Youtubeも始めました。応援していただけるという方は更新情報などを発信するので、Twitterのフォローお願いします。

おすすめ記事

1

目次1. エネルギー管理士試験の合格体験談1-1. ほぼ無勉強で受験~1年目~1-2. 過去問を中心 ...

2

目次SATとはSATの通信講座の特徴WebやDVDで講義動画が見られるシンプルで分かりやすいテキスト ...

3

目次SATとはSATの通信講座の特徴WebやDVDで講義動画が見られるシンプルで分かりやすいテキスト ...

-燃料

© 2021 エネ管.com Powered by AFFINGER5