プラント業界専門の転職サイト

・プラント業界でのスキルを活かしたい
・プラント業界で働いてみたい
・効率よく転職活動がしたい

そんな方にお勧めの転職サービスです。

プラント特区はコチラ

熱利用設備

【バルブ】ボールバルブとグローブバルブの使い分けについて

更新日:

物体の流れを止めるバルブには様々な種類があります。

どのバルブも「流れを止める」という目的は同じですが、場合によってどのバルブを選択すればいいか迷うことってありませんか?

今回は、そんなバルブの中でも代表的なボールバルブとグローブバルブの使い分けについて記載したいと思います。

1. ボールバルブとグローブバルブ

ボールバルブとグローブバルブでは弁内部の構造が違います。

ボールバルブは中に穴の開いた球が入っており、その球が90℃回転させることによって開閉弁を行います。中の構造については下のメーカーのホームページのバルブの基礎という項目を参照にしてください。

KITS HP(外部リンク)

一方、グローブバルブはバルブ内がS字状になっており、弁体をSのくびれの箇所に押し付けることで開閉弁を行います。このような内部の構造から、同じ量の流体が流れたとき、ボールバルブに比べ、グローブバルブのほうが圧力損失が大きくなります。

2. ボールバルブとグローブバルブの使い分け

このような構造の違いから、ボールバルブやゲートバルブよりグローブバルブを使用したほうがいい場合は次のようになります。

  1. 流量を調整したい
  2. トラブルの際に微開にできる
  3. 多少の圧職損失が問題にならない

例えば、ボールバルブでは開度を0%か100%にすることしかできず、流量を調整するといった用途では不向きです。

また、一見グローブバルブと構造が似ているゲートバルブですが、こちらも中途半端な開度で使用した場合、弁体が徐々に削られ、全閉にしたいときにシール性が悪くなる恐れがあります。

よって流量を調整したり、少しだけ開けて運転させる可能性がある場合はボールやゲートではなくグローブを設置するほうが良いといえるでしょう。

具体的には、主要な機器のバイパスや水道の蛇口などにはグローブを設置し、前後にはボールやゲートを使用するという風に使い分けます。

3. まとめ

バルブなんてどれでもいいと考えがちですが、色々な種類があるということは、それぞれに使い分けが必要という意味があります。

安易に選択せずに、実際に使用するときを思い浮かべながら、より最適なバルブを選ぶように心がけてはいかがでしょうか?



SNSアカウント

エネ管.com

過去問で実際に出題された暗記問題を定期的につぶやきます。
すき間時間での復習に役立ちます。

ブログの更新情報や最新ニュースをお届けします。

プラント業界専門の転職サイト

・プラント業界でのスキルを活かしたい
・プラント業界で働いてみたい
・効率よく転職活動がしたい

そんな方にお勧めの転職サービスです。

プラント特区はコチラ

おすすめ通信講座

技術講座専門の『JTEX』

① 効率よく勉強して一発で合格したい。
② 試験勉強の仕方が分からない。
③ 順番に体系的に勉強したい。

という方は通信講座の『JTEX』がおすすめです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

おすすめ記事!

1

これからエネルギー管理士試験を受けるあなたのために、最短時間でエネルギー管理士に合格する方法を紹介し ...

2

エネルギー管理士の資格を取ろうとしていたり、すでに資格を持っている方にとって、エネルギー管理士の資格 ...

-熱利用設備

Copyright© エネ管.com , 2019 All Rights Reserved.