ボイラー

【ボイラー】ボイラー水の水処理とは?しないとどうなる?

更新日:

ボイラーは水を加熱して蒸気を発生させる機器ですが、何も水処理をしていない工業用水をそのまま加熱すると機器やプラントの寿命を著しく縮めてしまう危険性があります。

今回は、ボイラー水の水処理とは何かについて解説してみたいと思います。

1. ボイラーの水処理とは?

ボイラーの水処理には大きく分けて次の3種類があります。

1-1. 軟水化

まず、最も一般的に利用されているのが軟水装置による軟水化です。

工業用水の中には、カルシウムやマグネシウムなどの鉱物イオンが微量に含まれています。

これをそのままボイラーの中に入れると、炭酸カルシウムなどが析出し、スケールとして伝熱面に付着することで加熱効率の低下や局部的な過加熱(オーバーヒート)が発生します。

そのため、ボイラーに供給する水からはイオン交換樹脂などにより鉱物を取り除き、軟水化させる必要があります。軟水器に塩が必要になるのはナトリウムイオンを再生させるためです。

【ボイラー】スケールとスラッジの違いとは?

ボイラーなどの機器効率を低下させる要因としてスケールやスラッジがあります。 今回はスケールとスラッジ ...

続きを見る

スケールとは?

自然界に多量に存在し水道水中にも含まれるカルシウムイオンやマグネシウムイオンは、濃度やpH、温度など条件が揃うと、空気中の二酸化炭素や、自然界に存在するイオウ化合物やリン酸などと結合して析出する。この析出物はスケールと呼ばれる。(引用:Wikipedia「軟水器」

1-2. 脱酸素

軟水化させた後は、脱酸素装置により酸素を取り除きます。

ボイラーや蒸気配管は炭素鋼で作られていることが多く、水に酸素が含まれていると腐食が促進されてしまいます。そのため、加熱や薬剤の投入により酸素を取り除いてやる必要があります。

主にボイラー設備が大型の場合は、加熱式を採用し、小型の場合は薬剤が使われることが多いです。

1-3. アルカリ化

最後が薬剤注入によるアルカリ処理です。

蒸気が凝縮した後のドレンは空気中の炭酸ガスなどを吸収し、pH7以下の酸性に傾く場合があります。

酸性の液体は、配管を化学的に腐食させるため、ボイラー給水に塩化ナトリウム等を投入にアルカリ処理する必要があります。

また、pHが大きすぎてもアルカリ腐食を発生させるため、ボイラー給水のpHは10~11が適正と言われています。

 

ボイラーを長く安全に稼働させるためには、定期的にこれらの設備に薬剤を追加する必要があります。

最近では、ボイラーを購入する際にこれらの消耗品を定期的に交換することが含まれたメンテナンスパッケージとして契約を結ぶことが多くなっています。ユーザーにとってもメーカーにとっても便利な制度ですね。

水処理全般に関して動画があったので載せておきます。

2. まとめ

  • ボイラーを長く利用するためには適切な水処理が必要
  • 主な水処理は軟水化、脱酸素、アルカリ化の3つ
  • 消耗品は定期的に交換する必要がある

水処理はランニングコストがかかりますが、突発故障による機器の補修費用や生産機会損失考えると必要な投資という事になります。

ボイラーの水処理と聞くとこれら3つが代表的という事を覚えておきましょう。

2020/5/22

【ボイラー】スートブロワって何?その役割は?

ボイラーの運転ではしばしば、スートブロワと呼ばれる作業を行います。 今回はスートブロワとは何なのか、スートブロワの目的や注意点について解説したいと思います。 チャンネル登録はこちら 目次スートブロワとは?スートブロワの方式長抜差型定置回転型スートブロワの注意点まとめ スートブロワとは? スートブロワはすす吹きとも呼ばれ、ボイラーに定期的に行うメンテナンスの一つです。 ボイラーやエコノマイザーなどの燃料や排ガスを使う熱交換器では伝熱面に煤や塵が付着します。通常はこれらを蒸気や圧縮空気を吹き付けることで吹き飛 ...

ReadMore

2020/4/16

【ボイラー】廃熱ボイラーとは?熱源は何を使う?

工場や事業所の省エネを考えるとき、熱源の変更はテーマの一つとして上がります。 条件が合えば、廃熱ボイラーを検討に入れるのがよいかもしれません。今回は廃熱ボイラーとは何かについて解説していきます。 こちらの記事は動画でも解説しているので、動画の方がいいという方はこちらもどうぞ。 チャンネル登録はこちら 目次廃熱ボイラーとは廃熱ボイラーの熱源コークス石油化学製品硫黄ゴミバイオマスまとめ 廃熱ボイラーとは 大型プラントでは製鉄、石油化学品精製などで非常に高い温度(例えば製鉄なら炉内の温度が2000℃を超えます) ...

ReadMore

2020/2/27

【ボイラー】水管ボイラーについて詳しく解説!小型貫流ボイラーとの関係は?

エネルギー管理士の勉強をしていると、「丸ボイラー」と「水管ボイラー」という言葉が出てきますが、「仕事でいつも聞く名称と違うな?」と思った方はいませんか? 今回は水管ボイラーの特徴と種類について解説します。 目次水管ボイラーとは水管ボイラーの特徴水管ボイラーの種類自然循環ボイラー強制循環ボイラー貫流ボイラーまとめ 水管ボイラーとは 最初にタイトルについてお答えしておくと、多くの現場で使われている小型貫流ボイラーは、水管ボイラーと呼ばれる分類の中の1つです。 ボイラーについては大きく2つの種類に大別されます。 ...

ReadMore

2020/4/16

【ボイラー】電気ボイラーとは?メリット・デメリットについて解説!

ボイラーについて調べていると、「電気ボイラー」なるものが出てきます。 「これ燃料使わないの?」とびっくりされるかもしれませんね。今回は国内でもいくつか取り扱いのある、電気ボイラーについて解説したいと思います。 こちらの記事は動画でも解説しているので、動画の方がいいという方はこちらもどうぞ。 チャンネル登録はこちら 目次電気ボイラーとは電気ボイラーのメリットコンパクト低燃費低騒音工事費削減電気ボイラーのデメリット容量が小さい電気代が高いまとめ 電気ボイラーとは 電気ボイラーとは、燃料を使わず電気による加熱を ...

ReadMore

2020/4/16

【ボイラー】炉筒煙管ボイラーのメリット、デメリットとは?

ボイラーの代表的な種類の一つに「炉筒煙管ボイラー」があります。 最近では、新たに入れることの少なくなったものですが、今回は炉筒煙管ボイラーのメリットやデメリットについて解説してみたいと思います。 こちらの記事は動画でも解説しているので、動画の方がいいという方はこちらもどうぞ。 チャンネル登録はこちら 目次炉筒煙管ボイラーとは炉筒煙管ボイラーのメリット炉筒煙管ボイラーのデメリットまとめ 炉筒煙管ボイラーとは 炉筒煙管ボイラーとは、水を入れた円筒の中に煙管を複数通し、燃焼室のガスを通すことで蒸気を発生させるボ ...

ReadMore

お勧め専門誌

   

   



おすすめ通信講座

エネルギー管理士熱分野講座

・効率よく短期間で確実に合格したい
・スマホを使ってすき間時間に勉強したい
・独学だけでは分かりにくい

そんな方にお勧めの通信講座です。

現場技術の資格を取るなら!おすすめ通信講座

最短で資格を取得するためには、いかに効率よく学習するかが重要です。現場技術系の資格取得をサポートするおすすめの通信講座を紹介します。

シンプルで分かりやすいテキスト『SAT』

現場技術系専門の通信講座です。イラストを多用したシンプルで分かりやすいテキストと動画がセットになっています。

価格もお手頃で、特に熱力学などを学んだことのない初学者におすすめの通信講座です。

エネルギー管理士以外にも電験や衛生管理者など25の資格の通信講座を展開しています。

現場系通信講座の老舗『JTEX』

40年の実績がある現場系通信講座の老舗です。動画はなく、レポート提出形式の通信講座になります。価格もお手頃でテキストが分かりやすいと評判です。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

エコおじい

プラント系エンジニアです。「エネ管.com」というブログで工業系の技術に関する情報を発信しています。最近、Youtubeも始めました。応援よろしくお願いします。

おすすめ記事

1

あなたエネルギー管理士の資格を最短で取得したい。でも、熱力学や流体工学を学んだことがないので、独学だ ...

2

これからエネルギー管理士試験を受けるあなたのために、最短時間でエネルギー管理士に合格する方法を紹介し ...

-ボイラー

Copyright© エネ管.com , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.