制御盤

【制御盤】CT変換器って何?設置する理由は?

更新日:

電気を利用する際にいろいろな機器を利用することがありますが、CT変換器と言うものがあります。

このCT変換器とはどのようなものか分からない人もいるかもしれません。

この記事では、CT変換器が分からないという方に向けて、CT変換器とは何か?原理や選定について書いていきたいと思います。

1. CT変換器とは?

CT変換器とは交流電流変換器とも言われており、大きな電流を小さな電流に変換して電流値を計測するための機器です。

これにはAC1A、またはAC5Aの入力のものが準備されています。一般的な電源ラインでは、数十アンペアや数百アンペアが流れています。そんな場合の大電流をそのまま計測すると電線も太くなり、自己があった場合大変危険です。

そのため、CT変換器を用いて小さな電流値に変換し、その値を計測することで実際に流れている電流値を測定することが出来ます。

電流値を測定することで、建物に流れる待機電力やポンプなどの電動機の運転状況を監視することができます。ポンプの電流値を監視することで何が分かるかというのは「【電気機器】ポンプの電流値は何で決まる?高い時と低い時の違いは?」を見てください。

電流を計算するときはCT変換器を使用し、電圧の場合はVTと言われる計器用変成器を使用することになります。

2. CT変換器の原理

CT変換器の原理では、まず変成器のエネルギー伝達を使用しています。通常ではCTの二次側は低インピーダンスで使用しています。

一次側に交流電流を流すと鉄心中に変化する磁束が発生して、この磁束の変化に対応して二次側に交流電流が生まれます。この時、一次側、二次側の電流と巻数には次のような関係が成り立ちます。

$$N1×i1=N2×i2$$

$$i2=\frac{N1}{N2}i1$$

i1:一次側の電流
i2:二次側の電流
N1:一次側の巻き数
N2:二次側の巻き数

この式では一次側の電流を巻数比で割った値が二次側に流れる電流になります。

CT変換器はこの原理を利用して、一次側の大きい電流を二次側で計測しやすい小さい電流に変換しています。

CTの場合は二次側を開放の状態で一次側電流を流すと、二次側電流を流そうとして開放端に高電圧が発生して絶縁破壊、焼損事故につながる恐れがあるので、注意が必要です。

そのため、今ではプラグインタイプのCT変換器には、二次側開発防止のためのCTプロテクタを取り付けているため、変換器をソケットから外しても二次側開放にならず、事故を防ぐことができます。

CT変換器にはこのような原理となっています。

CT変換の原理については「計装豆知識 CT(Current Transformer)について(外部リンク)」も分かりやすいので参照していただければと思います。

原理が似ているものとして、変圧器があります。変圧器については詳しく解説している動画があったので載せておきます。

3. CT変換器を設置する目的は?

CT変換器を設置すれば次のようなことが出来るようになります。

  • ピーク電流を検出することで機器のメンテナンスや故障診断ができる。
  • モーターの場合はギアの破損やゴミ噛みによる異常を検知できる。
  • 電流がしっかり流れているかを確認する。

このように、複数の機器の異常を検知して故障の原因特定や予知保全を行うことができます。

最近では最初から多数のCT変換器が組み込まれたFactory AutomationのMELSEC-Qシリーズ(外部リンク)なども販売されています。

CTセンサーとシーケンサの直結により、外部に信号変換器などの接続が不要で、装置や機器の負荷制御または稼働監視や電力系統の管理、監視など安定したデータ変換速度で高精度な計量を実現することができます。

4. CT変換器の選定方法

CT変換器ではメーターの負担とケーブルの負担が10VAを越してはならないと言う決まりがあります。

例えば、100/5AのCTを使って100Aを計測すると二次側には5Aが流れます。

メーター+電線の合計抵抗が2Ωあれば、ここに5Aを流さないとならないのでCTは2×5で10Vになります。

そうするとCTは10V×5Aになるので50VAのパワーが必要になります。

10VAのものでは使えないことになります。

そのため、CT変換器を選ぶ際には計算をしっかりして、負荷がかかり過ぎないようにすることが必要になります。

電気の公式をしっかり頭に入れて、先に二次側を計算しておくならば、問題なくCT変換器を選定することができるはずです。CT比を確認することで、トランスデューサーが変換する電力値を計算することができます。

電気機器は選定を間違えると発火などの自己につながるので、仕様を確定してメーカーに相談して決めてください。

5. まとめ

  • CT変換器は大電流を小電流に変換するために設置する
  • 電流を監視することで機器の異常を検知できる
  • 複数の機器をCT変換器混みで監視できるPLCが販売されている

工場やビルなどの分散設置として利用されているCT変換器を利用したい場合は、CT比なども考慮してCT変換器を選定する必要があります。

CT変換器の選定を誤ってしまうと負荷がかかり過ぎて故障してしまうこともあります。

ぜひ、参考にしてください。

2020/3/15

【制御盤】UPSって何?無停電電源装置の役割とは?

生産用の制御システムを考えるときに、「停電が起きたらどうしよう?」という懸念がある装置があります。 突発的に止まることで、重要データを維持したい、製品や装置に対して安全な状態で停止したいなどの場合、UPSの導入を検討してください。 今回は、制御盤内に設置するUPSとは何かについて解説したいと思います。 チャンネル登録はこちら 目次UPSとはUPSの役割突発的な電圧低下による装置停止対策生産データの保守 UPSの種類常時インバータ給電方式ラインインタラクティブ方式常時商用給電方式まとめ UPSとは UPSは ...

ReadMore

2020/2/9

【制御盤】制御盤電気配線における、内線と外線の違いとは?

現場で使う機器のコントロールを担う制御盤。 よく見ると外から接続される配線群があり、制御盤内を開けると無数の配線があるのが確認できます。これらの配線にはどんな役割や基準があるのでしょうか。 今回は、制御盤の内線と外線の違いについて詳しく解説してみたいと思います。 目次制御盤の内線とは制御盤の外線とは内線・外線を分ける理由まとめ 制御盤の内線とは 制御盤の中にはスイッチ、リレー、マグネットコンダクターなどの電気機器の他、調節計やシーケンサなどの制御用精密機器などが設置されています。 これらの機器を電気的につ ...

ReadMore

2020/3/7

【制御盤】アイソレータって何?わかりやすく解説してみた

電気、制御系の業務をしていると「アイソレータ」という言葉を聞くことがないでしょうか。 今回はアイソレータとは何かについて、基礎的な部分の解説をしていきます。 チャンネル登録はこちら 目次アイソレータの役割アイソレータの原理アイソレータの用途絶縁ノイズ除去回り込み防止まとめ アイソレータの役割 英語でisolateというと「分離する、絶縁する」といった意味があります。 計装関係におけるアイソレータは信号線間の直流を遮断し、絶縁する部品のことを指します。 アイソレータは単一方向の信号を伝送しますが、逆向きの信 ...

ReadMore

2020/2/27

【制御盤】今さら聞けないリニアライザの目的とは?

制御盤を開けると中に入っている「リニアライザ」。他の配線スペースを広く取るために多くの場合、縦長の物が多いかと思います。 これがどんな役割を果たしているかご存知ですか?あまり基礎的な部分に触れたサイトがなかったので、リニアライザについてまとめてみました。 こちらの記事は動画でも解説しているので、動画の方がいいという方はこちらもどうぞ。 チャンネル登録はこちら 目次リニアライザとはリニアライザの使用例まとめ リニアライザとは リニアとは直線という意味の言葉です。(リニアモーターカーは、モーターを帯状に並べ、 ...

ReadMore

2020/2/27

【制御盤】リレーシーケンスとPLCの違い、使い分けは?

制御盤を使って工場の設備を運転する場合の制御方式として、大きく分けてリレーシーケンスとPLC制御があります。 最近では制御機構も複雑化してきたことからPLCが使用される場合が多いですが、場合によってはリレーシーケンスの方がコストが安く抑えられる場合もあります。 今回は、リレーシーケンスとPLC制御の使い分けについてメリットデメリットをまとめてみたいと思います。 こちらの記事は動画でも解説しているので、動画の方がいいという方はこちらもどうぞ。 チャンネル登録はこちら 目次リレーシーケンスとはPLC制御とはリ ...

ReadMore



おすすめ通信講座

エネルギー管理士熱分野講座

・効率よく短期間で確実に合格したい
・スマホを使ってすき間時間に勉強したい
・独学だけでは分かりにくい

そんな方にお勧めの通信講座です。

現場技術の資格を取るなら!おすすめ通信講座

最短で資格を取得するためには、いかに効率よく学習するかが重要です。現場技術系の資格取得をサポートするおすすめの通信講座を紹介します。

SAT『エネルギー管理士講座 熱分野』

現場技術系専門の通信講座です。イラストを多用したシンプルで分かりやすいテキストと動画がセットになっています。

価格もお手頃で、特に熱力学などを学んだことのない初学者におすすめの通信講座です。

エネルギー管理士以外にも電験や衛生管理者など25の資格の通信講座を展開しています。

現場系通信講座の老舗「JTEX」

40年の実績がある現場系通信講座の老舗です。動画はなく、レポート提出形式の通信講座になります。価格もお手頃でテキストが分かりやすいと評判です。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

エコおじい

プラント系エンジニアです。「エネ管.com」というブログで工業系の技術に関する情報を発信しています。最近、Youtubeも始めました。応援よろしくお願いします。

おすすめ記事!

1

あなたエネルギー管理士の資格を最短で取得したい。でも、熱力学や流体工学を学んだことがないので、独学だ ...

2

これからエネルギー管理士試験を受けるあなたのために、最短時間でエネルギー管理士に合格する方法を紹介し ...

3

エネルギー管理士の資格を取ろうとしていたり、すでに資格を持っている方にとって、エネルギー管理士の資格 ...

-制御盤

Copyright© エネ管.com , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.