ボイラー

【ボイラー】相当蒸発量とは?実際蒸発量との違いについて

更新日:

ボイラーのカタログを見ていると、相当蒸発量という言葉がよく出てきます。

今回は、相当蒸発量とは何かについて解説してみたいと思います。

こちらの記事は動画でも解説しているので、動画の方がいいという方はこちらもどうぞ。

相当蒸発量とは

相当蒸発量とは100℃の飽和水を100℃の飽和蒸気にすると想定した際の能力を表します。

ボイラーの能力を表すには、1時間あたりにどれだけの蒸気を発生させることが出来るかというkg/hやton/hが用いられることが多いです。

しかし、最大能力は給水の温度や蒸気の設定圧力によって大きく変化するので比較するために相当蒸発量という指標が用いられます。(※ 相当蒸発量は基準蒸発量や換算蒸発量ともいわれ、それぞれの意味は同じになります。)

相当蒸発量は次の式で計算することが出来ます。

$$Ge=\frac{G(h2-h1)}{2257}$$

Ge:相当蒸発量、G:実際蒸発量、h2:発生蒸気のエンタルピー、h1:給水のエンタルピー

この時、分子は実際の加熱能力、分母は大気圧100℃の蒸気の潜熱を表します。

【熱力学】エンタルピーって何?内部エネルギー、エントロピーとの違いは?

エンタルピーと聞くと何を思い浮かべますか? 物体の持つエネルギー量・・・ エントロピーとは全く別の概 ...

続きを見る

相当蒸発量と実際蒸発量の換算

ボイラーのカタログなどを見る場合は、相当蒸発量で能力を比較することが出来ますが、実際にボイラーを使用する場合に重要なのは実際蒸発量です。

例えば相当蒸発量が2000kg/hのボイラーで、実際蒸発量を簡易的に計算する場合は、次の手順で算出できます。

  1. ボイラーの能力をkJ/hで表す。
  2. 実際の蒸気1kg/hを発生させるのに必要な熱量を計算する。
  3. 1を2で割る。

まず、相当蒸発量からボイラーの能力を計算します。

今回の場合、100℃の飽和水を加熱して1時間に2000kg/hの蒸気を発生させることができるのでボイラーの能力は次のようになります。

$$2257×2000=4514000kJ/h$$

次に、実際の蒸気1kg/hを発生させるのに必要な熱量を算出します。ボイラーの設定圧力が0.8MPaG、給水温度が20℃だとすると、それぞれのエンタルピーは蒸気表から

  • 0.8MPaGの蒸気:2773 kJ/kg
  • 20℃の水:84 kJ/kg

これの差が求めたい値になるので

$$2773-84=2689kJ/kg$$

よって、ボイラーの能力を実際に蒸気を発生させるのに必要な熱量で割ると

$$4514000÷2689≒1679kg/h$$

ということになります。

相当蒸発量に対して16%も小さい値が出ています。この式からも、ボイラーの能力が同じであれば、給水の温度が高い方が発生できる蒸気量は増えるということがわかります。

使用条件によって、相当蒸発量と実際蒸発量はこれだけの差があるので、選定の際には注意しましょう。

ただし、ボイラーの効率は給水温度や燃料の種類など、様々な条件で変わってくるので、精緻な値が知りたいという場合はボイラーメーカーに問い合わせる必要があります。

【ボイラー】ボイラー効率って何?100%を超えるのはなぜ?

ボイラー効率とは、燃料の持つエネルギーの何%が蒸気に変換されたかという指標です。 ボイラー効率を計算 ...

続きを見る

まとめ

  • 相当蒸発量は100℃の飽和水を100℃の飽和蒸気にすると想定した際の能力。
  • 相当蒸発量と実際蒸発量の変換は計算により算出できる。
  • 精緻な値はボイラー効率が影響してくるので、メーカーに問い合わせが必要。

相当蒸発量と実際蒸発量の違いについてでした。

熱関係の機器は、電気と違い、実際の使用環境が機器選定時と大きく異なることが多いです。選定を間違えないよう、十分に注意しましょう。

2020/5/22

【ボイラー】スートブロワって何?その役割は?

ボイラーの運転ではしばしば、スートブロワと呼ばれる作業を行います。 今回はスートブロワとは何なのか、スートブロワの目的や注意点について解説したいと思います。 チャンネル登録はこちら 目次スートブロワとは?スートブロワの方式長抜差型定置回転型スートブロワの注意点まとめ スートブロワとは? スートブロワはすす吹きとも呼ばれ、ボイラーに定期的に行うメンテナンスの一つです。 ボイラーやエコノマイザーなどの燃料や排ガスを使う熱交換器では伝熱面に煤や塵が付着します。通常はこれらを蒸気や圧縮空気を吹き付けることで吹き飛 ...

ReadMore

2020/4/16

【ボイラー】廃熱ボイラーとは?熱源は何を使う?

工場や事業所の省エネを考えるとき、熱源の変更はテーマの一つとして上がります。 条件が合えば、廃熱ボイラーを検討に入れるのがよいかもしれません。今回は廃熱ボイラーとは何かについて解説していきます。 こちらの記事は動画でも解説しているので、動画の方がいいという方はこちらもどうぞ。 チャンネル登録はこちら 目次廃熱ボイラーとは廃熱ボイラーの熱源コークス石油化学製品硫黄ゴミバイオマスまとめ 廃熱ボイラーとは 大型プラントでは製鉄、石油化学品精製などで非常に高い温度(例えば製鉄なら炉内の温度が2000℃を超えます) ...

ReadMore

2020/6/21

【ボイラー】水管ボイラーについて詳しく解説!小型貫流ボイラーとの関係は?

エネルギー管理士の勉強をしていると、「丸ボイラー」と「水管ボイラー」という言葉が出てきますが、「仕事でいつも聞く名称と違うな?」と思った方はいませんか? 今回は水管ボイラーの特徴と種類について解説します。 こちらの記事は動画でも解説しているので、動画の方がいいという方はこちらもどうぞ。 チャンネル登録はこちら 目次水管ボイラーとは水管ボイラーの特徴水管ボイラーの種類自然循環ボイラー強制循環ボイラー貫流ボイラーまとめ 水管ボイラーとは 最初にタイトルについてお答えしておくと、多くの現場で使われている小型貫流 ...

ReadMore

2020/4/16

【ボイラー】電気ボイラーとは?メリット・デメリットについて解説!

ボイラーについて調べていると、「電気ボイラー」なるものが出てきます。 「これ燃料使わないの?」とびっくりされるかもしれませんね。今回は国内でもいくつか取り扱いのある、電気ボイラーについて解説したいと思います。 こちらの記事は動画でも解説しているので、動画の方がいいという方はこちらもどうぞ。 チャンネル登録はこちら 目次電気ボイラーとは電気ボイラーのメリットコンパクト低燃費低騒音工事費削減電気ボイラーのデメリット容量が小さい電気代が高いまとめ 電気ボイラーとは 電気ボイラーとは、燃料を使わず電気による加熱を ...

ReadMore

2020/4/16

【ボイラー】炉筒煙管ボイラーのメリット、デメリットとは?

ボイラーの代表的な種類の一つに「炉筒煙管ボイラー」があります。 最近では、新たに入れることの少なくなったものですが、今回は炉筒煙管ボイラーのメリットやデメリットについて解説してみたいと思います。 こちらの記事は動画でも解説しているので、動画の方がいいという方はこちらもどうぞ。 チャンネル登録はこちら 目次炉筒煙管ボイラーとは炉筒煙管ボイラーのメリット炉筒煙管ボイラーのデメリットまとめ 炉筒煙管ボイラーとは 炉筒煙管ボイラーとは、水を入れた円筒の中に煙管を複数通し、燃焼室のガスを通すことで蒸気を発生させるボ ...

ReadMore



工業技術の資格を取るなら!通信講座の『SAT』

最短で資格を取得するためには、いかに効率よく学習するかが重要です。工業技術系の資格取得を目指すならコストパフォーマンスの高いSATの通信講座がおすすめです。 全ての講座一覧はコチラ

シンプルで分かりやすいテキスト『エネルギー管理士熱分野』

現場技術系専門の通信講座です。イラストを多用したシンプルで分かりやすいテキストと動画がセットになっています。

価格もお手頃で、特に熱力学などを学んだことのない初学者におすすめの通信講座です。

エネルギー管理士以外にも電験や衛生管理者など25の資格の通信講座を展開しています。

100時間の講義動画付き『第三種電気主任技術者講座』

電気の基礎を本質的なところから徹底的に解説してもらえます。分厚いテキストを開かなくても見るだけで勉強になるのでモチベーションの維持がしやすいです。

特に電気に苦手意識があるという方におすすめです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

エコおじい

プラントエンジニアです。2017年から工業技術に関する情報をまとめて発信しています。最近、Youtubeも始めました。応援していただけるという方は更新情報などを発信するので、Twitterのフォローお願いします。

-ボイラー

Copyright© エネ管.com , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.