配管

【配管】伸縮継手とフレキシブルチューブの違い、使い分けは?

投稿日:

配管の設計を行う際、配管膨張について検討するかと思います。

フレキシブルチューブと伸縮継手って似た用途だけどどう使い分けるの?という疑問をお持ちの方も多いと思いますので、今回は伸縮継手とフレキシブルチューブの使い分けについて解説してきたいと思います。

フレキシブルチューブとは

フレキシブルチューブとは、その名の通り柔軟性のある配管のことで、各種のステンレスで製作されているものが多いです。

配管部分はベローズ(蛇腹)構造になっており、配管誤差の調整、振動の吸収に用いられる他、製品によっては直角に曲げたりU字構造にしたりして接続することも可能です。

ベローズの構造により用途が分けられていることがあるので、メーカーの仕様をよく読んで選定してください。

ベローズは周囲に、金属線・板を編み込んだブレードで保護されています。1インチほどから350A程度までのサイズバリエーションがあります。

伸縮継手とは

伸縮継手とは、主に配管の軸方向の膨張・収縮の影響を吸収するための継手のことです。

金属配管は、高温流体を流したり、直射日光に晒されたりする環境では数cmも膨張するため、膨張・収縮の影響を考慮した配管設計・施工が不可欠です。伸縮継手には主に2タイプあります。

1つ目はスリーブ形です。構造としては外側の筒と内側の筒の間にパッキンがあり、配管長の増減に対してパッキンが漏れを防ぎながら、2つの筒が移動します。

もう1つがベローズ形伸縮継手です。配管の膨張をベローズで吸収する原理をしていて、その構造により自由型、外圧型、ヒンジ型、ユニバーサル型、シンバル型など様々なタイプがあります。以下のイラストは最もシンプルな自由型を表しています。

伸縮継手は大きなものでは、600Aほどの配管径もラインナップされています。スリーブ形の方が、一般的に伸縮量が大きく取れるとされますが、パッキン漏れの可能性はあります。

ベローズ形は完全に閉鎖され漏れの心配はありませんが、金属疲労による破損のリスクはあります。

伸縮継手とフレキシブルチューブの使い分けは?

  • 配管軸方向のズレ:伸縮継手
  • 配管軸方向以外のズレ:フレキシブルチューブ

用途で記載した通り、配管軸方向のズレに対しては伸縮継手軸方向以外のズレに対してはフレキがよいと思われます。

一方で、フレキも軸方向の膨張をある程度吸収できるため、膨張が大きくない場合はフレキで対応な場合もあります。フレキは他にも、振動対策・地盤沈下対策や、配管施工の誤差吸収にも使われます。

余談ですが、ポンプと配管接続時の振動対策には、ゴム製の継手(フレキシブルジョイントなど名称)も用いられます。

まとめ

  • フレキシブルチューブは柔軟性のある配管。
  • 伸縮継手は軸方向の膨張・収縮を吸収する継手。
  • 配管軸方向のズレに対しては伸縮継手を用いる。
  • 配管軸方向以外のズレに対してはフレキシブルチューブを用いる。

2つの使い分けについてイメージできたでしょうか。

筆者の経験的には、配管サイズが小さければフレキが使われている現場が多いように思います。またベローズ形の継手は種類が多いので、よく調べた上で検討されてください。

2020/7/26

【配管】伸縮継手とフレキシブルチューブの違い、使い分けは?

配管の設計を行う際、配管膨張について検討するかと思います。 フレキシブルチューブと伸縮継手って似た用途だけどどう使い分けるの?という疑問をお持ちの方も多いと思いますので、今回は伸縮継手とフレキシブルチューブの使い分けについて解説してきたいと思います。 目次フレキシブルチューブとは伸縮継手とは伸縮継手とフレキシブルチューブの使い分けは?まとめ フレキシブルチューブとは フレキシブルチューブとは、その名の通り柔軟性のある配管のことで、各種のステンレスで製作されているものが多いです。 配管部分はベローズ(蛇腹) ...

ReadMore

2020/6/29

【配管】ねじの規格、Rc(PT)とNPTの違いは?

プロセスやユーティリティ用の配管部材を選ぶ際、ねじの規格を目にしますよね。 職種によってはあまり気にしてこなかった方もいるかと思いますので、今回は改めて、配管に用いられるテーパねじの2種類の規格について解説します。 目次Rc(PT)とはNPTとはRc(PT)とNPTの違いはまとめ Rc(PT)とは Rc(PT)とは、管用(くだよう)テーパねじと呼ばれる日本で使用される製品によく用いられているISO規格です。 テーパ(taper)とは、先細りになる・徐々に減るという意味で、足元に向かって細くなるシルエットの ...

ReadMore

2020/6/29

【配管】レデューサーの種類・使い分けは?

今回はどんな現場にも用いられている、配管用レデューサーについてです。 シンプルな構造ですが、選定時の注意点がありますので、詳しく解説します。 目次レデューサーとはレデューサーの種類・使い分けレデューサーの注意点まとめ レデューサーとは レデューサーとは、英語のreduceが由来の言葉で、異なる呼び径の配管同士を接続するためのものです。産業分野だと、金属配管や塩ビ配管、ダクト用、電線管のレデューサーも見かけるかと思います。 配管用にレデューサーを用いる場合には、機能やスペースなどを考慮して選定する必要があり ...

ReadMore

2020/5/16

【配管】配管図面、P&IDとPFDって結局何が違うの?

配管の工程図の話になると必ず出てくる言葉にPIDがあります。P&IDとも呼ばれますが、工場内の配管図を表すものです。 一方でPFDという図面もあります。P&IDとPFDの目的と、記載内容の違いについて解説したいと思います。 こちらの記事は動画でも解説しているので、動画の方がいいという方はこちらもどうぞ。 チャンネル登録はこちら 目次P&IDとはPFDとはまとめ P&IDとは 正式名称はPiping and Instrumentation flow Diagramと言い、配管計装図と ...

ReadMore

2020/8/2

【熱利用設備】今さら聞けない!プロセスとユーティリティって何を指す言葉?

エンジニアリング業界にいると必ず聞く言葉に、「プロセス」「ユーティリティ」があります。 初めて聞く人は、聞き慣れないカタカナ語に戸惑いますよね。今回はこのプロセスとユーティリティの違いについて、わかりやすく説明していきます。 こちらの記事は動画でも解説しているので、動画の方がいいという方はこちらもどうぞ。 チャンネル登録はこちら 目次プロセスとはユーティリティとはなぜ使い分けるの?まとめ プロセスとは 日本語でも浸透しているプロセスという言葉ですが、エンジニアリング業界では製品の製造過程のことを指します。 ...

ReadMore



工業技術の資格を取るなら!通信講座の『SAT』

最短で資格を取得するためには、いかに効率よく学習するかが重要です。工業技術系の資格取得を目指すならコストパフォーマンスの高いSATの通信講座がおすすめです。 全ての講座一覧はコチラ

シンプルで分かりやすいテキスト『エネルギー管理士熱分野』

現場技術系専門の通信講座です。イラストを多用したシンプルで分かりやすいテキストと動画がセットになっています。

価格もお手頃で、特に熱力学などを学んだことのない初学者におすすめの通信講座です。

エネルギー管理士以外にも電験や衛生管理者など25の資格の通信講座を展開しています。

100時間の講義動画付き『第三種電気主任技術者講座』

電気の基礎を本質的なところから徹底的に解説してもらえます。分厚いテキストを開かなくても見るだけで勉強になるのでモチベーションの維持がしやすいです。

特に電気に苦手意識があるという方におすすめです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

エコおじい

プラントエンジニアです。2017年から工業技術に関する情報をまとめて発信しています。最近、Youtubeも始めました。応援していただけるという方は更新情報などを発信するので、Twitterのフォローお願いします。

-配管

Copyright© エネ管.com , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.