エネルギー管理士に関する情報を発信します。

エネ管.com

【告知】毎週土曜日18:00~
環境やエネルギーをテーマにしたゆっくり解説動画を投稿していきます。
更新情報が届くので、ご興味ある方はチャンネル登録をお願いします!

タービン

【タービン】グランドコンデンサって何?設置する目的は?

投稿日:

蒸気タービンを設置する場合には、セットでグランドコンデンサーを設置するのが一般的です。

今回は、グランドコンデンサーをなぜ使用するのか良く分からないという方に向けて、グランドコンデンサーを設置する目的を解説したいと思います。

グランドコンデンサとは

グランドコンデンサーとはタービンの軸封部から発生する漏れ蒸気や空気の吸い込みを防止するシール蒸気を凝縮させるための機器です。

発電機にせよポンプにせよ、蒸気でタービンを回し仕事を得る場合は必ず車室を貫通するローターが存在します。このローターは常に回転するため、車室を貫通する箇所は完璧にシールすることはできず、一部蒸気が漏れだしてしまいます。これを回収する機器がグランドコンデンサーです。

グランドコンデンサーを設置する目的は主に次の2つです。

  1. グランド部からの漏れ蒸気を回収する。
  2. タービン内への空気の混入を防止し、復水器の真空度を維持する

例えば、背圧タービンで排気圧力が大気圧以上の場合を考えてみます。

この場合、タービンの内部は常に大気圧以上なので、グランド部からは蒸気が漏れだすことになります。グランドコンデンサーを用いずに、集めて屋外に排気させる場合もありますがエネルギーとしてはロスになります。

次に、復水タービンで排気圧力が高真空の場合を考えてみます。

この場合、後段は絶対真空に近い高真空になっているため、外部から空気を吸い込みます。空気が蒸気と違い、凝縮しないので復水器の真空度を悪化せさ、タービンの効率を低下させる可能性があります。

これらを防止するのがグランドコンデンサーです。グランドコンデンサーを設置した場合は次のようになります。

空気の吸い込みを防止する場合は、タービンのグランド部に0.01MPaG程度の微圧の蒸気を吹き込み、空気を吸い込まないようにシールします。

そして、漏れ蒸気とシール蒸気を合わせてグランドコンデンサーに集めて凝縮させます。グランドコンデンサー内は負圧になり、一部空気も混入するためファンやエゼクターで排出させます。

グランドコンデンサー内を高真空にしたい場合はエゼクター、微真空でいいという場合はファンを使用するのが一般的です。また、凝縮させるための冷却水はボイラー給水の余熱としたりすることで熱利用を行う場合が多いです。

グランドコンデンサー内は真空になるため凝縮水の排出は一般的な大気放出の形はとれず、U字配管を設けて水封させたり、高真空の復水器系統に回収させるなど工夫が必要です。

【タービン】背圧タービンとは?メリットや制御方法について解説

燃料のエネルギーを電気と熱として有効に利用する方法の一つに背圧タービンがあります。 今回は蒸気タービ ...

続きを見る

まとめ

  • グランドコンデンサーはグランド部からの漏れ蒸気を回収する。
  • タービン内への空気の混入を防止し、復水器の真空度を維持する。

見た目はシンプルな熱交換器ですが、グランドコンデンサーがあるかないかで全体の効率を左右するような重大な機器です。

是非、設置してある目的を理解しておきましょう。



サービス一覧

  • Twitter:日常で感じたことや更新情報をつぶやきます。
  • Youtubeチャンネル:環境やエネルギーをテーマに動画を投稿しています。
  • LINE公式アカウント:Youtubeの更新情報などを発信します。
  • Facebook:製造業ブロガーのクローズドコミュニティやってます。
  • 楽天ROOM:勉強になったおすすめの書籍を紹介しています。
  • note:思ったことを好き勝手に書いています。
  • ココナラ:計算エクセル、広告枠などを販売しています。

技術系資格取得を目指す方必見!おすすめ通信講座

最短で資格を取得するためには、いかに効率よく学習するかが重要です。モチベーションを維持しながら最短で資格取得を目指すなら通信講座を利用するのもおすすめです。

シンプルで分かりやすいテキストSAT『エネルギー管理士熱分野』

現場技術系専門の通信講座です。イラストを多用したシンプルで分かりやすいテキストと動画がセットになっています。

価格もお手頃で、特に熱力学などを学んだことのない初学者におすすめの通信講座です。

エネルギー管理士以外にも電験や衛生管理者など25の資格の通信講座を展開しています。

電験取得を目指すならSAT『第三種電気主任技術者講座』

イメージしにくい交流回路についても多様なイラストと解説動画で詳しく解説してくれます。独学ではなかなか勉強が進まないという方に特におすすめの講座です。電気について詳しく学べるので実務で電気を使うという方には最適な教材です。

その他の講座一覧はこちら

製造業向け通信講座の老舗 JTEX『エネルギー管理士講座』

テキストとレポート形式の通信講座で、最も実績の多い会社です。エネルギー管理士の電気分野を受けるならおすすめの通信講座です。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

エコおじい

プラントエンジニアです。工業技術をどこよりも分かりやすく解説するをテーマに2017年から情報発信をしています。最近、Youtubeも始めました。応援していただけるという方は更新情報などを発信するので、Twitterのフォローお願いします。

おすすめ記事

1

これからエネルギー管理士試験を受けるあなたのために、最短時間でエネルギー管理士に合格する方法を紹介し ...

2

あなたエネルギー管理士の資格を最短で取得したい。でも、熱力学や流体工学を学んだことがないので、独学だ ...

3

電験三種は合格率が10%未満の大変難しい資格です。また、範囲が非常に広いので普段の業務で電気を扱わな ...

-タービン

Copyright© エネ管.com , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.