タービン

【タービン】背圧タービンとは?メリットや制御方法について解説

燃料のエネルギーを電気と熱として有効に利用する方法の一つに背圧タービンがあります。

今回は蒸気タービンの一つ、背圧タービンについて解説したいと思います。

背圧タービンとは

背圧タービンは蒸気タービンの一種で排気圧力が大気圧以上のタービンです。

排気をプロセス加熱として利用することで、全体の熱効率を大幅に向上させることが出来ます。コージェネレーションシステムやコンバインドサイクルなどで良く利用されているタービンです。

また、大型のプラントでは発電目的以外でも電動ポンプと同じ用途で並列に設置し、停電時のバックアップとして利用している例も良くあります。

【熱機関】コージェネレーションとコンバインドサイクルの違いは?

大規模な工場では、自家発電設備を保有し、燃料から電気と蒸気を取り出すコージェネレーションシステムが構 ...

続きを見る

【熱機関】コージェネレーションを導入するメリット、検討条件は?

大型の工場では、事業継続性などの観点でコージェネレーションを導入する事業者も増えています。 コージェ ...

続きを見る

背圧タービンのメリット

背圧タービンのメリットはプロセスでの利用先がある場合にエネルギー効率が上がるという点です。

まず、復水タービンを利用して発電する場合を考えます。この場合、次のような一般的なランキンサイクルの図になります。

背圧タービン_1

  1. ボイラーで発生させた蒸気を復水タービンに入れる。
  2. 復水器で凝縮させて高い真空を作り出す。
  3. 復水はポンプでボイラーへ還す。
  4. 復水器で奪った熱は冷却塔で冷却する。

この時、供給する燃料のエネルギーを100とした場合、電力として取り出せるエネルギーは大体30程度で残りは小さな損失を無視すると、冷却塔で冷却されて大気に捨てられます。電気として取り出すには非常に効率的ですが、エネルギーとしては無駄も多くなります。

一方で背圧タービンの場合は次のような図になります。

背圧タービン_2

  1. ボイラーで発生させた蒸気を背圧タービンに入れる。
  2. 背圧タービンから排気された蒸気をプロセス加熱に利用する。
  3. 復水を回収し、ポンプでボイラーへ還す。

この時、先程と同様に燃料のエネルギーを100とした場合、電力としては10程度しか取り出せませんが、加熱に60のエネルギーを利用するので全体として70のエネルギーを有効に利用できたということになります。

このように、背圧タービンは排気の利用先がある場合にとても有効です。また、機構としては同じですが、電力としてではなく液体を輸送するポンプとして動かしたり、空気を圧縮するエネルギーとして利用したりするものもあります。

【わかりやすい】ランキンサイクルとは?pv、hs線図や効率を解説

ランキンサイクルはクラウジウスサイクルとも呼ばれ、発電所などで蒸気を使用し、燃料エネルギーから電気を ...

続きを見る

背圧タービンの制御方法

背圧タービンには様々な制御方法がありますが、代表的なものを紹介します。

排気圧力一定制御

タービン二次側の排気圧力が一定になるように、一次側のガバナによりタービンの蒸気飲み込み量を調整します。タービンの出力は成り行きになりますが、排気圧力が一定になるので、二次側の利用先で安定した加熱を行うことが出来ます。一般的に良く利用されている方法です。

出力一定制御

背圧タービンの出力(仕事)が一定になるように制御します。排気圧力は成り行きになりますが、出力を一定にできるため、出力制限がある場合やポンプとして利用するときに利用されます。排気を他の用途で利用する場合は、他の制御ラインを利用するなどで圧力を一定にする機構を検討する必要があります。

あまり聞いたことはありませんが、制御としては一次圧力を一定にする制御もやろうと思えばできます。どの制御にすべきかは何をするかによって使い分ける必要があります。

抽気背圧タービンとは

背圧タービン_3

背圧タービンの中でも、排気ラインが複数あるものを抽気背圧タービンと呼びます。1台のタービンで複数の圧力の蒸気を取り出せるため、複数の系統に排気を行いたいときに有効です。利用先での状況に合わせ抽気量を調整することができるのも抽気背圧タービンの特徴です。

背圧タービン_4

一方で、抽気復水タービンもありますが、これは最終段の排気が復水器に入っているものを言います。抽気背圧タービンと名前が似ているので分かりにくいですが、排気圧力が違うというのが特徴です。

【タービン】内部抽気圧力制御と外部抽気圧力制御の違いとは?

抽気タービンには抽気蒸気の圧力を制御する方法として内部抽気圧力制御と外部抽気圧力制御があります。 今 ...

続きを見る

まとめ

  • 背圧タービンは排気圧力が大気圧以上のタービン。
  • 排気圧力一定制御や出力一定制御が一般的。
  • 抽気背圧タービンは抽気が数種類ある背圧タービンのこと。

背圧タービンは復水タービンに比べると電力として取り出せる量は少ないですが、全体としては効率が上がります。とても良く使われているタービンなので特徴を抑えておきましょう。

\Youtubeチャンネルやってます!/

ブログ記事を元にした見るだけで1つ賢くなれる動画が300本以上!
月に5本程度のペースでアップしていくのでチャンネル登録お願いします!

チャンネル登録はコチラ

  • この記事を書いた人

エコおじい

プラントエンジニアです。工業技術をどこよりも分かりやすく解説するをテーマに2017年から情報発信をしています。最近、Youtubeも始めました。応援していただけるという方は更新情報などを発信するので、Twitterのフォローお願いします。

技術系資格取得を目指す方必見!おすすめ通信講座

最短で資格を取得するためには、いかに効率よく学習するかが重要です。モチベーションを維持しながら最短で資格取得を目指すなら通信講座を利用するのもおすすめです。

超シンプルで分かりやすいSAT『エネルギー管理士熱分野』

現場技術系専門の通信講座です。イラストを多用したシンプルで分かりやすいテキストと動画がセットになっています。

価格もお手頃で、特に熱力学などを学んだことのない初学者におすすめの通信講座です。

エネルギー管理士以外にも電験や衛生管理者など25の資格の通信講座を展開しています。

最短で電験取得を目指すならSAT『第三種電気主任技術者講座』

イメージしにくい交流回路についても多様なイラストと解説動画で詳しく解説してくれます。独学ではなかなか勉強が進まないという方に特におすすめの講座です。電気について詳しく学べるので実務で電気を使うという方には最適な教材です。※無料サンプルあります!

技術系資格の最高峰SAT『技術士合格講座』

論文添削やZOOMマンツーマン指導が付いており、面接対策もWeb上で行うことが出来ます。また、テキストは毎年改定されているので常に最新の教材で勉強することが出来ます。

おすすめ記事

1

これからエネルギー管理士試験を受けるあなたのために、最短時間でエネルギー管理士に合格する方法を紹介し ...

2

エネルギー管理士資格はもちろん独学でも取得できますが、ある程度の前知識がないと分厚い参考書を前に挫折 ...

3

電験三種は合格率が10%未満の大変難しい資格です。また、範囲が非常に広いので普段の業務で電気を扱わな ...

4

電験三種は毎年受験者が4万人以上の資格で出題範囲が広く、合格率も10%以下と低いので色々な会社が通信 ...

-タービン

© 2021 エネ管.com Powered by AFFINGER5