電気

【電気】インダクタンスとインピーダンスの違いって?

更新日:

同分野内の似ている言葉って覚えにくいですよね。今回は電気分野におけるインダクタンスとインピーダンスについてです。

全く異なることを表す値ですので、これを機に覚えてみてはいかがでしょうか。

動画でも解説していますので、こちらもあわせてどうぞ。

インダクタンスとは

インダクタンスとは、導体に電気を流した時の磁場の起こりやすさを示した値です。

ループ状の電線(コイル)に電気を流すと、磁場が発生し、この磁場が起電力を発生させます。

電流の値が変化すると磁場が変化し、電磁誘導が起こります。この現象のことを自己誘導と呼んでいます。

電流の度合いによって自己誘導による起電力が変化します。起電力をVとすると、以下の式で表されます。

$$V=L×\frac{dI}{dt}$$

Iは電流の変化量でtは時間で、dI/dtは時間あたりの変化量を表します。この時の係数Lのことをインダクタンスと呼びます。

名称は誘導するという意味のinductから来ています。単位は、アメリカ人科学者ジョセフ・ヘンリーの名前から、ヘンリーHで表されます。変圧器を理解する上で重要な数値となります。

インピーダンスとは

交流回路で電気抵抗のようなものを表した値のことです。

抵抗器インピーダンスZは以下の式で表されます。

$$Z=\frac{V}{I}$$

Vは電圧、Iは電流なので、直流の場合の電気抵抗の式と同じですね。

単位は抵抗と同じくオームΩが用いられます。数値が大きいほど電気が流れにくく、小さいほど流れやすいです。英語impedanceには障害物という意味もあります。

インピーダンスは回路の種類によって異なる式を持ちます。

例えばコイルによるインピーダンスであれば、インダクタンスLの時、インピーダンスは次の式で表されます。

$$Z=jωL$$

この時jは虚数単位、ωは角周波数を表します。

インピーダンスは形があるものではなく、概念的なものですが、音波を用いた機器関係でよく用いられる数値です。音の出力側と受け側で、同じインピーダンスの機器を揃えるのが望ましいとされています。

まとめ

  • インダクタンスは磁場の起こりやすさを示す値
  • インピーダンスは交流回路の抵抗を表す値

今回は簡単ではありますが、インダクタンスとインピーダンスの違いを並べて比較してみました。

参考になればと思います。皆さんの勉強の導入として役立ててもらえればと思います。

2020/2/29

【電気】ブリッジ回路ってどんな効果があるの?わかりやすく解説してみた

ブリッジ回路と言うと変わった形の配線構造の絵をよく見ますが、どんな意味があるのでしょうか。 今回はブリッジ回路の概要と、どんな用途に活用されているのかについて解説したいと思います。 目次ブリッジ回路とはブリッジ回路を用いる理由ブリッジ回路の使用例重量計(はかり)圧力センサー加速度センサー振動センサーまとめ ブリッジ回路とは 回路を構成する配線が2つの並列回路に分かれて、その2つの線間を別の配線でつないだ時、この橋渡しされた構造をブリッジ回路と呼びます。 イラストの中のGは検流計です。検流計は電流の大きさと ...

ReadMore

2020/2/29

【電気】誘電率と透磁率の違いを詳しく解説してみた

勉強していると、電気と磁力は互いに影響を及ぼし合うことを学ぶことになりますが、そんな時に出てくるのが「誘電率」と「透磁率」だと思います。 今回は間違えやすいこの2つについて、誘電率と透磁率の違いについてできるだけ簡単に説明します。 間違えやすいのは漢字が似ているというだけでなく、電磁場の解説は電気と磁界の話が同時に出てくる、関係式が似ているということが考えられます。しっかり区別して覚えましょう。 目次誘電率とは透磁率とは誘電率と透磁率の関係まとめ 誘電率とは 電気を誘導する割合、絶縁体が蓄える電気量の大き ...

ReadMore

2020/2/29

【電気】インダクタンスとインピーダンスの違いって?

同分野内の似ている言葉って覚えにくいですよね。今回は電気分野におけるインダクタンスとインピーダンスについてです。 全く異なることを表す値ですので、これを機に覚えてみてはいかがでしょうか。 動画でも解説していますので、こちらもあわせてどうぞ。 チャンネル登録はこちら 目次インダクタンスとはインピーダンスとはまとめ インダクタンスとは インダクタンスとは、導体に電気を流した時の磁場の起こりやすさを示した値です。 ループ状の電線(コイル)に電気を流すと、磁場が発生し、この磁場が起電力を発生させます。 電流の値が ...

ReadMore

2020/2/29

【電気】今さら聞けない三相交流とは?

多くの方にとって電気は身近だけども、知識に自信がないのではないでしょうか。 電気工事士などの有資格の方には不要ですが、今回は三相交流の理解度を上げるべく、初歩レベルの解説したいと思います。 この記事は、動画でも解説しているので動画のほうがいいというかたはこちらもどうぞ。 チャンネル登録はこちら 目次三相交流は何に使われる?なぜ三相交流が用いられる?まとめ 三相交流は何に使われる? 交流とは電圧が周期的にプラス⇄マイナスに入れ替わる電気のことを指します。家庭用の電源はAC100などと書かれていますが、100 ...

ReadMore

2020/2/29

【電気】安全増防爆と耐圧防爆の違いは?

 機器を新たに導入する際、「防爆の種類って何を選べばいいのだろう」となった経験のある方は多いはず。 工場内の他の機器を見て、同じ規格を選ぶというのも手ですが、今回は防爆規格についてわかりやすく解説したいと思います。 現場で使用されるポンプなどの電動機や計装機器に特に関係する、「安全増防爆」と「耐圧防爆」の違いについて解説します。 こちらは動画でも解説しているので、動画がいいという方はこちらもどうぞ。 チャンネル登録はこちら 目次防爆とは構造規格国際規格安全増防爆とは耐圧防爆とは安全増防爆と耐圧防爆の使い分 ...

ReadMore



おすすめ通信講座

エネルギー管理士熱分野講座

・効率よく短期間で確実に合格したい
・スマホを使ってすき間時間に勉強したい
・独学だけでは分かりにくい

そんな方にお勧めの通信講座です。

現場技術の資格を取るなら!おすすめ通信講座

最短で資格を取得するためには、いかに効率よく学習するかが重要です。現場技術系の資格取得をサポートするおすすめの通信講座を紹介します。

SAT『エネルギー管理士講座 熱分野』

現場技術系専門の通信講座です。イラストを多用したシンプルで分かりやすいテキストと動画がセットになっています。

価格もお手頃で、特に熱力学などを学んだことのない初学者におすすめの通信講座です。

エネルギー管理士以外にも電験や衛生管理者など25の資格の通信講座を展開しています。

現場系通信講座の老舗「JTEX」

40年の実績がある現場系通信講座の老舗です。動画はなく、レポート提出形式の通信講座になります。価格もお手頃でテキストが分かりやすいと評判です。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

エコおじい

プラント系エンジニアです。「エネ管.com」というブログで工業系の技術に関する情報を発信しています。最近、Youtubeも始めました。応援よろしくお願いします。

おすすめ記事!

1

あなたエネルギー管理士の資格を最短で取得したい。でも、熱力学や流体工学を学んだことがないので、独学だ ...

2

これからエネルギー管理士試験を受けるあなたのために、最短時間でエネルギー管理士に合格する方法を紹介し ...

3

エネルギー管理士の資格を取ろうとしていたり、すでに資格を持っている方にとって、エネルギー管理士の資格 ...

-電気

Copyright© エネ管.com , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.