おすすめ通信講座

エネルギー管理士熱分野講座

・効率よく短期間で確実に合格したい
・スマホを使ってすき間時間に勉強したい
・独学だけでは分かりにくい

そんな方にお勧めの通信講座です。

熱利用設備

【ポンプ】回転数を表すrpmとは?

更新日:

ポンプのスペックの1つに回転数があります。インバーター制御ではポンプの回転数を制御することで省エネルギーを行います。今回はポンプの回転数と流量、揚程、軸動力の関係について記載します。

Sponsored Link

1. ポンプのrpmとは?

ポンプのrpmはrevolutions per minuteの略で1分間当たりの回転数を表します。min-1などと記載することもあります。

良く比較されるものでHzがあります。Hzは1秒間の振動数(回転数)を表します。一般的な交流電源の周波数は西日本で60Hz、東日本で50Hzになります。

周波数とHzの関係は次の式で変換することができます。

$$Hz=\frac{RPM}{60}$$

同様のポンプを使用しても、西日本と東日本では回転数が違うということになります。

2. 回転数と流量、揚程、軸動力の関係は?

ポンプの流量、揚程、軸動力と回転数には比例関係があります。それぞれを式に表すと次のようになります。

$$\frac{Q2}{Q1}=\frac{n2}{n1}$$

$$\frac{H2}{H1}=(\frac{n2}{n1})^2$$

$$\frac{P2}{P1}=(\frac{n2}{n1})^3$$

n:回転数[rpm] Q:吐出し量[m3/s] H:揚程[m] P:軸動力[kW]

回転数を2倍にすると、流量は2倍、揚程は4倍、軸動力は8倍になります。回転数を変化させれば流量や揚程に比べ軸動力が大きく下がるということが分かります。

インバータ制御が省エネルギーに大きく影響するというのも式を見ればわかります。

Sponsored Link

3. まとめ

  • rpmは1分間当たりの回転数、Hzは1秒当たりの振動数
  • 回転数と流量、揚程、軸動力は比例する
  • 回転数は軸動力に大きく影響する

ポンプの回転数と流量、揚程の関係はインバータ制御を理解するうえでとても重要です。

おすすめ通信講座

エネルギー管理士熱分野講座

・効率よく短期間で確実に合格したい
・スマホを使ってすき間時間に勉強したい
・独学だけでは分かりにくい

そんな方にお勧めの通信講座です。



SNSアカウント

エネ管.com

過去問で実際に出題された暗記問題を定期的につぶやきます。
すき間時間での復習に役立ちます。

ブログの更新情報や最新ニュースをお届けします。

プラント業界専門の転職サイト

・プラント業界でのスキルを活かしたい
・プラント業界で働いてみたい
・効率よく転職活動がしたい

そんな方にお勧めの転職サービスです。

プラント特区はコチラ

現場技術の資格を取るなら!おすすめ通信講座

最短で資格を取得するためには、いかに効率よく学習するかが重要です。現場技術系の資格取得をサポートするおすすめの通信講座を紹介します。

SAT『エネルギー管理士講座 熱分野』

現場技術系専門の通信講座です。イラストを多用したシンプルで分かりやすいテキストと動画がセットになっています。

価格もお手頃で、特に熱力学などを学んだことのない初学者におすすめの通信講座です。

エネルギー管理士以外にも電験や衛生管理者など25の資格の通信講座を展開しています。

現場系通信講座の老舗「JTEX」

40年の実績がある現場系通信講座の老舗です。動画はなく、レポート提出形式の通信講座になります。価格もお手頃でテキストが分かりやすいと評判です。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

おすすめ記事!

1

はじめまして。 当サイトをご覧いただきありがとうございます。「エネ管.com」は、エネルギー管理士を ...

2

これからエネルギー管理士試験を受けるあなたのために、最短時間でエネルギー管理士に合格する方法を紹介し ...

3

エネルギー管理士の資格を取ろうとしていたり、すでに資格を持っている方にとって、エネルギー管理士の資格 ...

4

いざ、資格を取ろうと勉強を始めても、参考書の厚さに嫌気がさしたり、過去問が全然解けず、勉強が無意味に ...

-熱利用設備

Copyright© エネ管.com , 2019 All Rights Reserved.