制御盤

【制御盤】リレーシーケンスとPLCの違い、使い分けは?

更新日:

制御盤を使って工場の設備を運転する場合の制御方式として、大きく分けてリレーシーケンスとPLC制御があります。

最近では制御機構も複雑化してきたことからPLCが使用される場合が多いですが、場合によってはリレーシーケンスの方がコストが安く抑えられる場合もあります。

今回は、リレーシーケンスとPLC制御の使い分けについてメリットデメリットをまとめてみたいと思います。

こちらの記事は動画でも解説しているので、動画の方がいいという方はこちらもどうぞ。

リレーシーケンスとは

リレーシーケンスは電磁リレーや調節計を複数組み合わせて、自動制御を行う制御方式です。

【制御盤】調節計って何?機能や出来ることは?

工場の自動化にはバルブやダンパー等の自動制御は必須です。これらの自動化を支える機器の一つに「調節計」 ...

続きを見る

電磁リレーを使うことで、小さい電圧で大きな電圧の機器を操作することができ、古くから利用されてきた方式です。

リレーシーケンスの動作内容を表す図をシーケンス図と言います。次の記事の自己保持回路の図もシーケンス図で表しています。

【制御盤】自己保持回路の書き方と使い方について

工場の生産設備を自動化する際に用いるシーケンス制御の代表的なものに「自己保持回路」というものがありま ...

続きを見る

リレーシーケンスで組まれた機器は制御盤を開けると大量の直方体の電磁リレーが付いているのでとても分かりやすいです。電磁リレーのメリット、デメリットは次のようになります。

リレーシーケンスのメリット

  • 故障個所が分かれば部品交換だけで済む
  • 簡易な内容の制御であればPLCよりコストが安くなる
  • テスターがあれば故障個所が分かる

リレーシーケンスのデメリット

  • 接点の寿命がある
  • 複雑になると制御盤サイズが大きくなる
  • 調節計の操作が分かりにくい

PLC制御とは

PLCとはProgrammable Logic Controllerの略で、リレー回路の代替装置として開発された制御装置です。

シーケンサとは三菱電機の商標で、「PLC」というのが一般的な機器の名称になります。

最近ではタッチパネルと一体になっているものも多く、制御盤の扉にタッチパネルが付いている様子も一般的になってきました。

PLCの制御内容を表す図のことをラダー図と呼びます。PLCの制御内容を変更する場合は、専用のソフトがインストールされたPCをつないで書き換えたり、USBに保存したプログラムを一式インストールすることでできます。

PLCのメリットデメリットは次のようになります。

PLC制御のメリット

  • プログラムの変更がしやすい
  • 接点の寿命がない
  • タッチパネルで感覚的に操作しやすい
  • 複雑な制御が省スペースで出来る
  • 部品同士の配線が不要(コストダウン)
  • ソフトウェアなので量産化が容易

PLC制御のデメリット

  • メーカー変更のハードルが高い
  • PLCが壊れると一式交換が必要
  • 操作画面の作成が必要

リレーシーケンスとPLCの使い分け

最近では、複雑になればPLCが使用されるのが一般的ですが、単純な制御機構の場合はリレーシーケンスを使用することもあります。

また、PLCとリレーを組み合わせて使用する場合もあります。タッチパネルにするのか調節計やリレーの組み合わせにするのかは次の3つの条件で検討します。

  • サイズ
  • 価格
  • 操作性

実際に制御盤を納入する際に、どの程度の操作性やコストであれば許容できるのか考える必要があります。

制御システムによってはPLCの方が安い場合もあれば、リレーの方がソフトの制作費がかからないので安く済むこともあります。

工場によってある程度のルールが決まっている場合もあるので、導入の際には確認が必要です。

まとめ

  • リレーシーケンスはリレーや調節計を使用すること。
  • PLC制御はPLCを使用して省スペースで複雑な制御を行うこと。
  • それぞれの使い分けは、サイズ、価格、操作性を考えて決める。

リレーシーケンスとPLCはどちらにしようか悩むところですが、メンテナンス性なども考慮して決定する必要があります。



工業技術の資格を取るなら!通信講座の『SAT』

最短で資格を取得するためには、いかに効率よく学習するかが重要です。工業技術系の資格取得を目指すならコストパフォーマンスの高いSATの通信講座がおすすめです。 全ての講座一覧はコチラ

シンプルで分かりやすいテキスト『エネルギー管理士熱分野』

現場技術系専門の通信講座です。イラストを多用したシンプルで分かりやすいテキストと動画がセットになっています。

価格もお手頃で、特に熱力学などを学んだことのない初学者におすすめの通信講座です。

エネルギー管理士以外にも電験や衛生管理者など25の資格の通信講座を展開しています。

100時間の講義動画付き『第三種電気主任技術者講座』

電気の基礎を本質的なところから徹底的に解説してもらえます。分厚いテキストを開かなくても見るだけで勉強になるのでモチベーションの維持がしやすいです。

特に電気に苦手意識があるという方におすすめです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

エコおじい

プラントエンジニアです。2017年から工業技術に関する情報をまとめて発信しています。最近、Youtubeも始めました。応援していただけるという方は更新情報などを発信するので、Twitterのフォローお願いします。

-制御盤
-,

Copyright© エネ管.com , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.