タービン

【タービン】動翼、静翼の役割は?わかりやすく解説してみた

更新日:

タービンについて勉強するとき、「動翼」と「静翼」という言葉が出てくるかと思います。

今回は動翼と静翼の役割について、非タービンエンジニア向けにどこよりもわかりやすく解説したいと思います。

動翼と静翼とは

タービンというと羽のついた回転体が何枚も中に入っていて、蒸気やガスの衝撃力で回転する、といったイメージをもたれているかと思います。

実はタービン内で回転する羽根には回転する部品と、固定されている部品があります。それらに動翼、静翼という名前がつけられています。

動翼はローターとも呼ばれ、タービンの軸に固定されています。圧力のかかったガスによって回転するように幾つもの羽がついた部品からなります。

一方、静翼はステーターとも呼ばれ、タービンのケーシングに固定されています。流れるガスを整流する役割を持ちます。

圧縮されたガスが動翼と静翼を交互に流れることにより軸が回転し、タービンはその回転エネルギーを動力に変換しています。

以下の動画に、圧縮機とタービンの役割が画像付きで掲載してありました。参考になるかと思います。

なぜ静翼が必要なのか

風車も風の力で回りますが、ひとつの羽(上で言うと動翼)しかないですよね。なぜタービンには幾つもの静翼があるのでしょうか。

タービンの1段目にぶつかった高圧のガスは、動翼を回転させながら圧力の低い方に移動しようとします。2段目の動翼にそのまま進むと圧力差が確保できずに、軸が回らないことになってしまいます。

そこで回らない静翼を取り付けることで、圧力を降下させるとともに、流体の流れを整えて次の動翼段へとガスを移動させています。

ちなみにガスは圧力が下がると体積が増えますので、タービンの動翼・静翼は入り口側が小さく、出口側が大きく設計されています。

タービン構造の種類

タービンにはエネルギーを利用する形式として2パターンあります。

一つ目の衝動式は、速度を持った蒸気やガスが動翼にぶつかり、その衝撃力で回転します。ガスの体積膨張は動翼部分では起こらないのが特徴です。

一般的に、もう一つの反動式よりも段数が少ないです。

二つ目は反動式です。動翼でガスの衝撃を受けながら、体積膨張も伴う形式のタービンです。動翼と静翼の構造が似ていること、衝動式よりも段数が多いことが特徴です。

タービンの種類についても、動翼・静翼の役割を知っていると理解しやすいのではないでしょうか。

まとめ

  • タービンには動くブレードと動かないブレードがある。
  • 交互に並べられることで降下的に軸を動かすことができる。

今回は、タービンの動翼と静翼について解説をしました。

エネルギーを生み出す発電の、根幹を担うタービンについて、是非勉強してみてください。

【タービン】タービン効率の考え方、熱落差ってなに?

タービンについて勉強していると「熱落差」という聞きなれない言葉が出てきます。 「熱落差」は、タービン ...

続きを見る

【ブレイトンサイクル】ガスタービンやジェットエンジンの理論サイクル

ブレイトンサイクルは、ガスタービンやジェットエンジンで利用される熱サイクルです。燃料を燃やして発生す ...

続きを見る

2020/2/29

【タービン】動翼、静翼の役割は?わかりやすく解説してみた

タービンについて勉強するとき、「動翼」と「静翼」という言葉が出てくるかと思います。 今回は動翼と静翼の役割について、非タービンエンジニア向けにどこよりもわかりやすく解説したいと思います。 チャンネル登録はこちら 目次動翼と静翼とはなぜ静翼が必要なのかタービン構造の種類まとめ 動翼と静翼とは タービンというと羽のついた回転体が何枚も中に入っていて、蒸気やガスの衝撃力で回転する、といったイメージをもたれているかと思います。 実はタービン内で回転する羽根には回転する部品と、固定されている部品があります。それらに ...

ReadMore

2020/2/27

【タービン】タービンの仕事の求め方について

ランキンサイクルでタービンの仕事を求めるためには、タービン入口と出口の蒸気のエンタルピー差(熱落差)が必要になります。 今回は、タービン出口の蒸気の乾き度の求め方、エンタルピーの求め方、仕事の求め方について解説したいと思います。 タービンの熱落差については、次の記事を参考にしていただければと思います。 目次1. タービンの仕事の求め方1-1. タービン出口の蒸気の乾き度を求める1-2. タービン出口の蒸気の比エンタルピーを求める1-3. タービン入口の比エンタルピーと出口の比エンタルピーの差に流量を掛ける ...

ReadMore

2020/2/27

【タービン】タービン効率の考え方、熱落差ってなに?

タービンについて勉強していると「熱落差」という聞きなれない言葉が出てきます。 「熱落差」は、タービンの入口エンタルピーと出口エンタルピーの差のことを言っているんですが感覚的に理解しにくいという方も多いのではないでしょうか? 今回は、タービンの熱落差について解説してみたいと思います。 目次1. タービンとは?2. タービンの熱落差とは?3. タービン効率の考え方3-1. 内部損失3-2. 外部損失4. 実際に計算してみよう5. まとめ 1. タービンとは? タービンは、水や蒸気、ガスなどの力を使って動力を得 ...

ReadMore



おすすめ通信講座

エネルギー管理士熱分野講座

・効率よく短期間で確実に合格したい
・スマホを使ってすき間時間に勉強したい
・独学だけでは分かりにくい

そんな方にお勧めの通信講座です。

現場技術の資格を取るなら!おすすめ通信講座

最短で資格を取得するためには、いかに効率よく学習するかが重要です。現場技術系の資格取得をサポートするおすすめの通信講座を紹介します。

SAT『エネルギー管理士講座 熱分野』

現場技術系専門の通信講座です。イラストを多用したシンプルで分かりやすいテキストと動画がセットになっています。

価格もお手頃で、特に熱力学などを学んだことのない初学者におすすめの通信講座です。

エネルギー管理士以外にも電験や衛生管理者など25の資格の通信講座を展開しています。

現場系通信講座の老舗「JTEX」

40年の実績がある現場系通信講座の老舗です。動画はなく、レポート提出形式の通信講座になります。価格もお手頃でテキストが分かりやすいと評判です。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

エコおじい

プラント系エンジニアです。「エネ管.com」というブログで工業系の技術に関する情報を発信しています。最近、Youtubeも始めました。応援よろしくお願いします。

おすすめ記事!

1

あなたエネルギー管理士の資格を最短で取得したい。でも、熱力学や流体工学を学んだことがないので、独学だ ...

2

これからエネルギー管理士試験を受けるあなたのために、最短時間でエネルギー管理士に合格する方法を紹介し ...

3

エネルギー管理士の資格を取ろうとしていたり、すでに資格を持っている方にとって、エネルギー管理士の資格 ...

-タービン

Copyright© エネ管.com , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.