仕事

ローディングデータって何?目的は?

プラント関係の仕事をしていると、必要提出書類の中に「ローディングデータ」があることが良くあります。

プラントを建てる側にとってはよく目にする資料ですが、メーカーや商社の方にとってはあまり見慣れないものかもしれません。今回はローディングデータとは何か、その目的について解説したいと思います。

ローディングデータとは

ローディングデータは機器の重さ、重心、大きさ、慣性力、許容変位量などを表す資料です。機器によってはアンカーボルトの位置や種類、打ち込み深さなども記載してあることがあります。

ポンプ、タンク、コンプレッサーなど基礎が必要な機器には必要とされるもので、運転時と停止時に重さが変わる場合はそれぞれの条件での提示が必要になります。

主に機器を入れる建物の構造計算や基礎の設計に使用します。

ローディングデータの目的

ローディングデータは主に建屋を作る側が使用する資料です。例えば次のようにプラント工事と土木工事を別の会社が請け負う分離発注の場合を考えてみます。

ローディングデータ1

この場合、仕様の通りに機器を選定したり配置したりするのはプラントメーカーですが、実際にそれを入れるための建屋や基礎を作るのはゼネコンになります。

そこで、建築設計をするために必要な資料の一つがローディングデータです。プラントメーカーは選定した機器のメーカーに依頼し、実際に納入する機器のローディングデータを入手して建築設計を行う会社に提出する必要があります。

プラントメーカーからメーカーに出される仕様書にローディングデータの提出を求めているのはこのためです。ローディングデータは建物を設計する根本の資料になるので、納入する機器と条件が違うなどがないように注意する必要があります。

まとめ

  • ローディングデータは機器の重さ、重心、大きさ、慣性力、許容変位量などを表す資料。
  • 建物の構造計算や基礎設計に使用する。
  • 納入する機器と条件が違うと設計のやり直しが発生するので注意する。

プラント関係の仕事は専門用語が多く、最初は分からないことが多いかもしれませんが、一つ一つ確認しながら抜け漏れのないように注意しましょう。

技術系資格取得を目指す方必見!おすすめ通信講座

最短で資格を取得するためには、いかに効率よく学習するかが重要です。モチベーションを維持しながら最短で資格取得を目指すなら通信講座を利用するのもおすすめです。

シンプルで分かりやすいテキストSAT『エネルギー管理士熱分野』

現場技術系専門の通信講座です。イラストを多用したシンプルで分かりやすいテキストと動画がセットになっています。

価格もお手頃で、特に熱力学などを学んだことのない初学者におすすめの通信講座です。

エネルギー管理士以外にも電験や衛生管理者など25の資格の通信講座を展開しています。

電験取得を目指すならSAT『第三種電気主任技術者講座』

イメージしにくい交流回路についても多様なイラストと解説動画で詳しく解説してくれます。独学ではなかなか勉強が進まないという方に特におすすめの講座です。電気について詳しく学べるので実務で電気を使うという方には最適な教材です。

技術系資格の最高峰SAT『技術士合格講座』

論文添削やZOOMマンツーマン指導が付いており、面接対策もWeb上で行うことが出来ます。また、テキストは毎年改定されているので常に最新の教材で勉強することが出来ます。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

エコおじい

プラントエンジニアです。工業技術をどこよりも分かりやすく解説するをテーマに2017年から情報発信をしています。最近、Youtubeも始めました。応援していただけるという方は更新情報などを発信するので、Twitterのフォローお願いします。

おすすめ記事

1

目次1. エネルギー管理士試験の合格体験談1-1. ほぼ無勉強で受験~1年目~1-2. 過去問を中心 ...

2

目次SATとはSATの通信講座の特徴WebやDVDで講義動画が見られるシンプルで分かりやすいテキスト ...

3

目次SATとはSATの通信講座の特徴WebやDVDで講義動画が見られるシンプルで分かりやすいテキスト ...

-仕事

© 2021 エネ管.com Powered by AFFINGER5