配管

【配管】配管接続の区別は?ねじ込み、フランジ、溶接の違い・使い分け

配管設計の際に、接続はどれを選べばいいのか迷うことはないでしょうか?

実は、配管接続をどの方式で行うかによって施工しやすさ、コスト、メンテナンス性に大きく影響が出てきてしまいます。

今回は、それぞれの違いが分からないという方向けに、ねじ込み・フランジ・溶接の用途や使い分けについて解説したいと思います。

ねじ込み接続とは

ねじ込み接続は配管末端におねじ、もしくはめねじの切り込みのあるものを使用し、片方を回して接続する方式です。

めねじ側はチーズやエルボという配管継手が使われることが多く、配管を直線方向につなげる場合は、ユニオンと呼ばれる2つの継ぎ手と1つナットが一緒になった部品を使います。漏れ防止のために、シールテープなどを巻いて、ねじ間の隙間をなくします。

ねじ込み式の場合、パイプレンチ等で配管ごと回して接続するため、現場での作業が楽ですが、大口径でも150A(6B)程度までに限られます。

ねじの切り方にはテーパーとストレートがあり、サイズが同じでも互換性はないため注意が必要です。

配管ではありませんが、以前の記事でねじの規格について解説しているので、こちらも参考にご覧ください。

【配管】ねじの規格、Rc(PT)とNPTの違いは?

プロセスやユーティリティ用の配管部材を選ぶ際、ねじの規格を目にしますよね。 職種によってはあまり気に ...

続きを見る

フランジ接続とは

フランジ(flange)とは薄い円筒形の部品のことで、英語では帽子のつばの意味もあります。

配管においてはフランジの面を合わせて、パッキンを介してボルトで締め付けることで、密閉状態を作り出します。

簡単に説明すると、高圧用になるほど、フランジの厚みが増します。またフラットフェース(FF)とレイズフェース(RF)という、形の違いもあります。一般に、RFが高圧向けです。

フランジの規格について以前の記事でも取り上げていますので、こちらもご覧ください。

【配管】フランジ規格、ASME?JPI?違いって何?

配管改造や機器導入時に必ずでてくるフランジ規格。JISとかASMEとか言葉が出てきますが、よくわから ...

続きを見る

溶接とは

配管の先端同士を溶接してつなげます。溶かして隙間をなくすので、パッキン等は使用しません。突合せ式と差し込み式があります。

絶対に漏れの許されない、取り外しを前提としていない施工に用いられます。

3つの使い分けは?

それぞれ特徴を踏まえて解説したいと思います。

まずねじ込み式ですが、現場で取り外しができることが最大の利点です。配管の取り回しを変更する可能性がある場合や、一時的に施工する場合によく使われます。継手の単価も安いので、安価な方法でもあります。

比較的低圧で用いられることが多く、JISの基準では水は2.5MPa以下、蒸気・ガス・空気では1MPaとされていますが、高圧対応のねじ込み継手もあります。漏れが生じた場合、一度外して再度締め直す必要があります。

前述のように、サイズが最大でも150Aほどとなります。

次にフランジ式ですが、構造上ボルトを外してスライドさせれば外せるため、現場での取り外しが容易です。交換や清掃を頻繁に行う必要がある場面に向いています。

漏れが発生した場合でも、パッキンが破損・腐食していなければ増し締めすることで解決できます。配管にフランジがつく分、重たくなり高価になりますが、フランジの構造や厚さを変更することで、高圧にも対応できるという利点もあります。

最後に溶接式は、施工した配管がスペースを取らないこと、高圧にも対応可能なことが挙げられます。施工後に漏れが見つかった場合は、中の流体を抜いた後に再度溶接することで漏れをなくすことが可能です。

一方で、取り外しや交換のためには配管を切断する必要があること、火器使用不可の現場では使えないというデメリットもあります。

まとめ

  • ねじ込み式は安価でコンパクト
  • フランジ式は交換が容易で高圧にも対応
  • 溶接式はコンパクトで高圧にも対応

筆者の経験上は、メンテナンス性を重視し、取り外しや交換がしやすい方式、配管取り回しを採用し、スペースの確保をしておくのが良いかと思います。

イニシャルコストを意識しすぎると、メンテナンス性が悪くなり修繕コストが高くなる場合があるので注意が必要です。

配管

2022/7/31

【配管】フランジ規格FFとRFの違い、使い分けは?

バルブや配管を接続するフランジにはJIS10Kなどの後ろにFFやRFという種別が記載されています。 低圧ではFFとRFでどちらを使っても問題ない場面が多いので使い分けが良く分からないという方も多いのではないでしょうか? この記事では、フランジの座面形状を表すFFとRFの違いについて解説します。 目次FFとRFの違いFFRFまとめ FFとRFの違い FF FFはFlat Face(フラットフェイス)の略で上の図のようにガスケットの座面を全面に仕上げたものを言います。主にJIS10K、JIS20K、JPI15 ...

ReadMore

配管

2022/7/31

【配管】バッファータンクの役割とは?設置するメリットは

給排水系統や空気系統では負荷変動を抑えるためにバッファータンクが良く用いられます。 この記事では排水系統などで良く利用されるバッファータンクについて解説します。 目次バッファータンクとはバッファータンクの役割流量変動を抑える圧力変動を抑えるまとめ バッファータンクとは バッファータンクとは気体や液体を一時的に貯留させるためのタンクです。レシーバータンクとも呼ばれ、給排水系統や空気系統などに設置されます。 バッファータンクを設けることで、設備のイニシャルコスト低減や工場の安定性を向上させることが出来、大きけ ...

ReadMore

配管

2022/7/31

【配管】バケットストレーナーとは何か、メリットデメリットを解説

ポンプや制御弁など重要な機器を保護するためにはストレーナーは必須です。 この記事では大口径の配管に良く採用されているバケットストレーナーとは何か、また、メリットデメリットについて解説します。 目次バケットストレーナーとはバケットストレーナーのメリットろ過面積が大きく圧力損失が小さい清掃が容易でメンテナンス性が高いY型ストレーナーに比べ設置スペースが小さい自動洗浄などのオプションがあるバケットストレーナーのデメリットコストが高いY型ストレーナーに比べ設置スペースが大きいまとめ バケットストレーナーとは バケ ...

ReadMore

配管

2022/6/3

【配管】「静流水」「脈動水」の定義について解説

配管に用いられるバルブの選定時に時折見かける「脈動水」「静流水」と呼ばれる用語があります。この記事ではこれらの用語がどのような状態の水を指しているか解説します。 目次清流水とは脈動水とはまとめ 清流水とは 清流水の定義は次のようになります。 静流水(steady flow) 定義:周期的な変動、脈動のない水流。温度、圧力、速度などが一定を示す状態の水を指します。(バルブ用語(JIS B 0100)) 実際の清流水のイメージを以下の図を使って解説します。 図で配管中を流れている水は、各ポイント(点A-C)に ...

ReadMore

配管

2021/11/14

【配管】SWとBWの違い、使い分けは?

バルブや配管の接続方式について考えるとき、同じ溶接接続方式でもSW(ソケットウェルド)とBW(バッドウェルド)のどちらが良いのか迷うことってありますよね。 今回は、SW(ソケットウェルド)とBW(バッドウェルド)の使い分けについて解説したいと思います。 目次SW(ソケットウェルド)とBW(バッドウェルド)の使い分けSW(ソケットウェルド)とBW(バッドウェルド)の構造まとめ SW(ソケットウェルド)とBW(バッドウェルド)の使い分け まず、SW(ソケットウェルド)とBW(バッドウェルド)の違いは次のように ...

ReadMore







公式スポンサー

生産工程の見える化なら

【Proceedクラウド】

・現場の写真が整理出来ていない
・外注先の状況が分からない
・技能伝承を効率的に行いたい

そんな悩みを全て解消できます!


詳しくはこちら

  • この記事を書いた人

エコおじい

プラントエンジニアです。工業技術をどこよりも分かりやすく解説するをテーマに2017年からブログ、Youtubeで情報発信をしています。現在、5つのブログを運営中。毎月収益レポートを公開しています。是非、Twitterのフォローお願いします。



技術系資格取得を目指す方必見!おすすめ通信講座

最短で資格を取得するためには、いかに効率よく学習するかが重要です。モチベーションを維持しながら最短で資格取得を目指すなら通信講座を利用するのもおすすめです。

超シンプルで分かりやすいSAT『エネルギー管理士熱分野』

現場技術系専門の通信講座です。イラストを多用したシンプルで分かりやすいテキストと動画がセットになっています。

価格もお手頃で、特に熱力学などを学んだことのない初学者におすすめの通信講座です。

エネルギー管理士以外にも電験や衛生管理者など25の資格の通信講座を展開しています。

最短で電験取得を目指すならSAT『第三種電気主任技術者講座』

イメージしにくい交流回路についても多様なイラストと解説動画で詳しく解説してくれます。独学ではなかなか勉強が進まないという方に特におすすめの講座です。電気について詳しく学べるので実務で電気を使うという方には最適な教材です。※無料サンプルあります!

技術系資格の最高峰SAT『技術士合格講座』

論文添削やZOOMマンツーマン指導が付いており、面接対策もWeb上で行うことが出来ます。また、テキストは毎年改定されているので常に最新の教材で勉強することが出来ます。

おすすめ記事

1

近年、人手不足や国際競争力維持のためにクラウドやAI技術などのIT技術を製造業などのレガシー産業に導 ...

2

エンジニアとして働くなら専門分野に関する日々の勉強は必須です。 ただ、通常の業務が忙しく勉強の時間が ...

-配管

© 2022 エネ管.com Powered by AFFINGER5