電気

【電気】超電導って何?原理や使い道は?

科学技術系のニュースで「超伝導」という言葉を見かけることがありますよね。また産業分野では電力分野で「超電導技術」の紹介がされることがあります。

最近では、リニアモーターカーに利用される技術ということで注目を集めています。

今回は超電導の現象と用途について解説したいと思います。

超電導現象とは

特定の金属を冷却していくと、ある温度から急激に電気抵抗が下がりゼロになる現象が知られています。

超電導現象とは、次の2つの性質から説明されます。

  • 電気抵抗がゼロになる
  • マイスナー効果

それぞれについて詳しく解説します。

電気抵抗がゼロになる

1つ目が、電気抵抗がゼロであることです。電気に関する法則を思い出していただきたいのですが、

$$V=RI$$

$$P=VI=RI^2$$

V:電圧[V] R:抵抗[Ω] I:電流[A]

という関係がありますよね。

物体に電流が流れるときには、そのエネルギーの一部が熱として放出され、その度合いは物質の抵抗により決まります。電気抵抗がゼロということは、いくら電流が流れても電圧が変わらない、電力が消費されないので無駄なエネルギーが消費されないということを意味しています。

マイスナー効果

(引用:Wikipedia「マイスナー効果」

2つ目がマイスナー効果です。

マイスナー効果とは外部から磁場をかけても、超電導体は磁力線を弾き、反発するという性質のことを指します。この現象から、磁石と反発するという性質(反磁性)を持ちます。1933年にドイツの物理学者によって発見、命名されました。

超電導現象は冷却すれば全ての金属で見られるわけではありません。最初に超電導の性質が発見されたのは水銀(-269℃)で、そこからより性能の良い(超電導の性質を持つ温度が高い)金属として、様々な銅酸化物系(-190 ~ -140℃)や鉄系超電導体(-247 ~ -218℃)が報告されています。新たな材料の探索や、超電導のメカニズムについての研究は現在も盛んに行われています。

一方、銀や銅など、電気伝導度の高い金属は超電導体にはならないことが知られています。

また日本語には「超電導」と「超伝導」という2つの表記方法があるようですが、両者に違いはないそうです。調べてみたところ、産業・工業系では「超電導」理学系では「超伝導」が使われる傾向にあるとのことでした。ちなみに英語はSuperconductivityの一つだけです。

超電導の原理

温度を下げるとなぜ超電導現象が起こるのか、これを理解するには量子力学の専門知識が必要になるので、簡単にご説明します。

金属に電流が流れる際、金属内の電子の流れは通常バラバラで、電子同士がぶつかり合って、熱を生み出します。これを電気抵抗と考えてください。

温度を下げて超電導現象が発生すると、電子同士が対になることで、同じ方向を向き(位相がそろい)抵抗なしに電気を流すことができるようになるということです。

マイスナー効果の原理について、簡単に解説すると、超電導体は電気抵抗がゼロであることに対し、磁場の変化もゼロにする力が働くことに由来します。外部から磁場がかかっても、超伝導体の表面に電流が流れることで逆向きの磁場を発生させ、全体の磁場変化はなくなります。そのため、超電導体は磁石を寄せ付けない性質を持つことになります。

超電導の使用例

産業分野で利用されている例として、最も有名なものはリニアモーターカーでしょう。

モーターは電磁石・磁石の働きで軸が回転するものですが、回るのではなく直線状に伸ばした構造で推進力を与えるので「リニア(直線)」モーターと呼ばれます。

その中でも超電動時磁石を用いたものは、500km/hを超える速度を出すことが可能で、実用化に向けて準備か進められています。

磁力で浮き上げることで摩擦をなくし、高速化するのですが、その磁石に超電導が用いられています。超電導の性質を持つ金属で作った電磁石であれば、わずかな電流で半永久的に動かすことができ、エネルギーロスを減らせます。そのためリニアの車内には超電導を作り出すために冷凍機が設置されています。

リニアに利用されているピン止め効果はこちらの動画が分かりやすいです。

また医療分野ではMRI(核磁気共鳴画像法)装置にも使用されています。超伝導磁石を用いたMRIは、永久磁石を用いたタイプに比べて、磁場強度や空間均一性に優れていることが知られています。
 
電力部門では、送電線を超電導ケーブルにするための材料や冷却方法の研究も行われており、実用化すれば大幅に電力ロスをなくすことが期待できます。

まとめ

  • 超電導とは低温で、電気抵抗ゼロの状態の現象のこと
  • 超電導には磁石に反発する性質(反磁性)がある
  • 研究が進んでいる分野であり、産業分野のブレークスルーが期待できる

超電導は古くから知られている現象ですが、今まさに実用化に向けた研究が進んでいるということですね。

リニアが事業化すれば私たち日本人にとっても、より身近な技術になるでしょう。電気に関する記事はこちらもおすすめです。

電気

2022/7/31

【電気】シリコンドロッパとは何か?設置する目的について

UPSなどの非常用の蓄電池を設置する制御盤の中には良くシリコンドロッパという機器が設置されています。 この記事ではシリコンドロッパとは何か、設置する目的について解説します。 目次シリコンドロッパとはシリコンドロッパを設置する目的まとめ シリコンドロッパとは シリコンドロッパは直流電圧を降下させる機器で、蓄電池などを設置する場合などに利用されます。シリコンダイオードの電圧降下が電流に関わらず一定であるという特性を利用しています。 一般的にプラントの電気設備では、停電時などに設備を停止させないように制御用電源 ...

ReadMore

電気

2022/6/3

【電気】相電圧と線間電圧、相電流と線間電流の違いを徹底解説

三相交流回路の特徴の一つとして相電圧、線間電圧、相電流、線電流というものがあります。これらは結線方法によってそれぞれ特性が変わりますが、ただ単に特性を暗記するだけではそれぞれの特性を混同してしまします。 この記事では、相電圧と線間電圧の違い、相電流と線電流の違いについて解説します。 目次相電圧・線間電圧、相電流・線電流の違いY結線の場合相電圧と線間電圧相電流と線電流Δ結線の場合相電圧と線間電圧相電流と線電流まとめ 相電圧・線間電圧、相電流・線電流の違い 相電圧・線間電圧、相電流・線電流の違いを一言で表すと ...

ReadMore

電気

2021/12/19

【電気】磁力線と磁束の違いとは?

電気の勉強をしていると電気、磁気で似ているような言葉が多く出てくるので分かりにくいですよね。 今回は、磁気の中でも概念が似ている磁力線と磁束の違いについて解説したいと思います。 こちらの記事は動画でも解説しているので、動画の方がいいという方はこちらもどうぞ。 目次磁力とは磁力線とは磁束とは磁力線と磁束の違いまとめ 磁力とは まず、磁力とは磁界の間に働く力のことを言います。磁極が異なる場合は吸引力が働き、磁極が同じであれば反発力が働きます。 上の図のように磁荷m1[Wb](ウェーバー)とm2[Wb]の物体が ...

ReadMore

電気

2021/8/29

【電気】コンデンサと電界の関係を解説します

コンデンサに電荷がたまると極板間には電界が発生します。 電界は極板間の距離と電圧によって決まってくるのですが、コンデンサの電気容量も距離が関係してくるなど複数の要素が絡みあっているので分かりにくいと感じる方も多いのではないかと思います。 今回は、コンデンサの電界の強さについて解説したいと思います。こちらの記事は動画でも解説しているので、動画の方がいいという方はこちらもどうぞ。 目次電界とはコンデンサと電界の関係コンデンサに絶縁体を入れたときの大きさまとめ 電界とは 電界とは静電力が働く空間のことです。電荷 ...

ReadMore

電気

2022/3/3

【電気】マイクロ波加熱ってなに?原理と特徴を解説!

以前、電気加熱の種類について概要をまとめ、いくつか詳細に解説しました。産業分野では古くから使われている方法が多く採用されることが多いですが、近年新しい方法が実用化し、化学プラントで使われ始めています。 今回は、産業分野では新顔のマイクロ波による加熱方法について解説していきます。電気加熱の種類についてはこちらをご覧ください。 マイクロ波については会話形式でも解説しています。 目次マイクロ波とはマイクロ波加熱とはマイクロ波加熱のメリットは?なぜ最近産業分野で注目されているかまとめ マイクロ波とは マイクロ波は ...

ReadMore







公式スポンサー

生産工程の見える化なら

【Proceedクラウド】

・現場の写真が整理出来ていない
・外注先の状況が分からない
・技能伝承を効率的に行いたい

そんな悩みを全て解消できます!


詳しくはこちら

  • この記事を書いた人

エコおじい

プラントエンジニアです。工業技術をどこよりも分かりやすく解説するをテーマに2017年からブログ、Youtubeで情報発信をしています。現在、5つのブログを運営中。毎月収益レポートを公開しています。是非、Twitterのフォローお願いします。



技術系資格取得を目指す方必見!おすすめ通信講座

最短で資格を取得するためには、いかに効率よく学習するかが重要です。モチベーションを維持しながら最短で資格取得を目指すなら通信講座を利用するのもおすすめです。

超シンプルで分かりやすいSAT『エネルギー管理士熱分野』

現場技術系専門の通信講座です。イラストを多用したシンプルで分かりやすいテキストと動画がセットになっています。

価格もお手頃で、特に熱力学などを学んだことのない初学者におすすめの通信講座です。

エネルギー管理士以外にも電験や衛生管理者など25の資格の通信講座を展開しています。

最短で電験取得を目指すならSAT『第三種電気主任技術者講座』

イメージしにくい交流回路についても多様なイラストと解説動画で詳しく解説してくれます。独学ではなかなか勉強が進まないという方に特におすすめの講座です。電気について詳しく学べるので実務で電気を使うという方には最適な教材です。※無料サンプルあります!

技術系資格の最高峰SAT『技術士合格講座』

論文添削やZOOMマンツーマン指導が付いており、面接対策もWeb上で行うことが出来ます。また、テキストは毎年改定されているので常に最新の教材で勉強することが出来ます。

おすすめ記事

1

近年、人手不足や国際競争力維持のためにクラウドやAI技術などのIT技術を製造業などのレガシー産業に導 ...

2

エンジニアとして働くなら専門分野に関する日々の勉強は必須です。 ただ、通常の業務が忙しく勉強の時間が ...

-電気

© 2022 エネ管.com Powered by AFFINGER5