ボイラー

【ボイラー】ボイラーの制御で重要な3つのポイントとは?

更新日:

ボイラーを運転させるうえで装置を安全に稼働させることは非常に重要です。

今回はボイラーの制御について書いていきたいと思います。

ボイラーの制御で重要なことは?

ボイラーの制御を行う場合、大きく分けて次の3点を注意する必要があります。

  • ボイラーの水位
  • 燃料の燃焼状態
  • 安全装置

それぞれについて見ていきましょう。

ボイラーの水位

ボイラー水位は、少なすぎると過熱になり燃焼管にダメージを与え多すぎると蒸気と一緒に水分が運ばれるキャリーオーバーが発生します。

前者ではボイラーそのものの安全性を低下させ、後者では配管の腐食や穴あきを促進させてしまいます。

そのため、ボイラーの水位を保つために「水位がある点より低くなると給水を開始して、高くなると給水を停止させる」という二位置制御や水位を一定に保つための比例制御が行われます。

かつては水面計を見ながらボイラー技士が管理していましたが、今は自動化されることが一般的です。

【自動制御】オンオフ弁を用いた二位置制御とは?比例制御とは違う?

オンオフ弁により、目的の値になるよう制御するオンオフ制御では二位置制御を利用する場合が一般的です。 ...

続きを見る

燃料の燃焼状態

燃料を完全に燃焼させるためには、空気比の管理が重要です。空気が過剰に入るとエネルギー損失になり、少なすぎると不完全燃焼になります。

空気比って何?という方はこちらの記事をご覧ください。

【ボイラー】空気比って何?空気比の計算方法と基準値について

ボイラーや加熱炉など、バーナで燃料を燃焼させることで熱を発生させる装置で省エネルギーを考える場合、バ ...

続きを見る

空気比を変更する場合、ダンパー開度(またはファンの回転数)と燃料流量の設定比率を変更するという事になります。

燃料を空気と混ぜ合わせ、完全燃焼させる方法としては一般的に比率制御が利用されます。

【自動制御】比率制御って何?どんな時に使うの?

プラントでの代表的な自動制御方法の1つに「比率制御」があります。 この記事では比率制御とは何か?どん ...

続きを見る

比率制御は供給する燃料の量が増えれば、一定の比率で供給する空気の量も増やすという制御です。この時、どの程度の比率で空気を供給するかを決めるのが空気比です。

空気比を管理するのは、空気比を変更しながら不完全燃焼による黒煙が発生せず、排ガスの熱損失が最小になるポイントを探るという事になります。

安全装置

ボイラーのトラブルは、重大な人身事故につながる危険性があるため、様々な安全装置がかけられています。

ボイラーを点火する場合、シーケンス制御が組まれますが、少しでも異常が検知されると次の動作にいかず、作動が停止するという回路が組まれています。

これをインターロック回路と言います。

【制御盤】インターロックって何?回路に組み入れる目的は?

電気を扱う現場でよく利用する言葉に「インターロック」というものがあります。 では、そもそもインターロ ...

例えば

  • 点火して一定時間経過しても燃焼が確認できない。
  • 給水を開始してもボイラーの水位が上がらない。
  • バーナーが失火してしまった。

などが運転中に発生すれば、それらを解消するまでボイラーの起動がかけれなくなります。

まとめ

  • ボイラーの制御で重要なポイントは水位、燃焼、安全装置。
  • 水位は過加熱、キャリーオーバーの防止。
  • 燃焼状態は環境汚染、エネルギーロスの防止。
  • ボイラー回路には様々なインターロックがかけられている。

ボイラーの本を読んだので、自動制御に関する箇所を簡単にまとめてみました。

ボイラーに関する他の記事はこちら ↓

2020/9/6

【ボイラー】脱気器はなぜ必要?原理や設置上の注意点について

高圧の蒸気を発生させるボイラーを使用する場合、必ずと言っていいほど脱気器がついています。 今回は、脱気器とは何か?について解説したいと思います。 目次脱気器とは脱気器の原理脱気器のポイント設定圧力設置位置容量まとめ 脱気器とは 脱気器はデアレーター(Dearator)とも呼ばれ、給水中に存在する酸素や二酸化炭素などの気体を除去するための装置です。 薬品を添加して脱気を行う機器も脱気器と呼びますが、大型の場合は蒸気で加熱を行うことで脱気を行う場合が多いです。脱気を行わずにボイラーに給水を行うと、水中の溶存酸 ...

ReadMore

2020/5/22

【ボイラー】スートブロワって何?その役割は?

ボイラーの運転ではしばしば、スートブロワと呼ばれる作業を行います。 今回はスートブロワとは何なのか、スートブロワの目的や注意点について解説したいと思います。 チャンネル登録はこちら 目次スートブロワとは?スートブロワの方式長抜差型定置回転型スートブロワの注意点まとめ スートブロワとは? スートブロワはすす吹きとも呼ばれ、ボイラーに定期的に行うメンテナンスの一つです。 ボイラーやエコノマイザーなどの燃料や排ガスを使う熱交換器では伝熱面に煤や塵が付着します。通常はこれらを蒸気や圧縮空気を吹き付けることで吹き飛 ...

ReadMore

2020/4/16

【ボイラー】廃熱ボイラーとは?熱源は何を使う?

工場や事業所の省エネを考えるとき、熱源の変更はテーマの一つとして上がります。 条件が合えば、廃熱ボイラーを検討に入れるのがよいかもしれません。今回は廃熱ボイラーとは何かについて解説していきます。 こちらの記事は動画でも解説しているので、動画の方がいいという方はこちらもどうぞ。 チャンネル登録はこちら 目次廃熱ボイラーとは廃熱ボイラーの熱源コークス石油化学製品硫黄ゴミバイオマスまとめ 廃熱ボイラーとは 大型プラントでは製鉄、石油化学品精製などで非常に高い温度(例えば製鉄なら炉内の温度が2000℃を超えます) ...

ReadMore

2020/6/21

【ボイラー】水管ボイラーについて詳しく解説!小型貫流ボイラーとの関係は?

エネルギー管理士の勉強をしていると、「丸ボイラー」と「水管ボイラー」という言葉が出てきますが、「仕事でいつも聞く名称と違うな?」と思った方はいませんか? 今回は水管ボイラーの特徴と種類について解説します。 こちらの記事は動画でも解説しているので、動画の方がいいという方はこちらもどうぞ。 チャンネル登録はこちら 目次水管ボイラーとは水管ボイラーの特徴水管ボイラーの種類自然循環ボイラー強制循環ボイラー貫流ボイラーまとめ 水管ボイラーとは 最初にタイトルについてお答えしておくと、多くの現場で使われている小型貫流 ...

ReadMore

2020/4/16

【ボイラー】電気ボイラーとは?メリット・デメリットについて解説!

ボイラーについて調べていると、「電気ボイラー」なるものが出てきます。 「これ燃料使わないの?」とびっくりされるかもしれませんね。今回は国内でもいくつか取り扱いのある、電気ボイラーについて解説したいと思います。 こちらの記事は動画でも解説しているので、動画の方がいいという方はこちらもどうぞ。 チャンネル登録はこちら 目次電気ボイラーとは電気ボイラーのメリットコンパクト低燃費低騒音工事費削減電気ボイラーのデメリット容量が小さい電気代が高いまとめ 電気ボイラーとは 電気ボイラーとは、燃料を使わず電気による加熱を ...

ReadMore

プラント業界に転職するなら

\プロフィールを登録すると企業からオファーが届きます!/

■ プラント業界に特化した転職サイト。
■ プラントエンジニア600名、企業300社が登録。
■ 企業担当者とチャットでやり取り。

という全く新しいサービスです。



技術系資格取得を目指す方必見!おすすめ通信講座

最短で資格を取得するためには、いかに効率よく学習するかが重要です。モチベーションを維持しながら最短で資格取得を目指すなら通信講座を利用するのもおすすめです。

シンプルで分かりやすいテキストSAT『エネルギー管理士熱分野』

現場技術系専門の通信講座です。イラストを多用したシンプルで分かりやすいテキストと動画がセットになっています。

価格もお手頃で、特に熱力学などを学んだことのない初学者におすすめの通信講座です。

エネルギー管理士以外にも電験や衛生管理者など25の資格の通信講座を展開しています。

電験取得を目指すならSAT『第三種電気主任技術者講座』

イメージしにくい交流回路についても多様なイラストと解説動画で詳しく解説してくれます。独学ではなかなか勉強が進まないという方に特におすすめの講座です。

電気について詳しく学べるので実務で電気を使うという方には最適な教材です。

製造業向け通信講座の老舗 JTEX『エネルギー管理士講座』

テキストとレポート形式の通信講座で、最も実績の多い会社です。エネルギー管理士の電気分野を受けるならおすすめの通信講座です。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

エコおじい

プラントエンジニアです。2017年から工業技術に関する情報をまとめて発信しています。最近、Youtubeも始めました。応援していただけるという方は更新情報などを発信するので、Twitterのフォローお願いします。

-ボイラー
-

Copyright© エネ管.com , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.