燃料

【燃料】低温腐食と高温腐食の違いとは?

更新日:

ボイラーの燃焼室、過熱器などの燃焼装置では、燃料に含まれる物質が原因で配管や熱交換器を腐食させることがあります。

この腐食には「高温腐食」と「低温腐食」の2種類があり、それぞれの発生要因や対策が違います。

今回は、燃焼装置で注意するべき「高温腐食」と「低温腐食」の違いについて書きたいと思います。

1. 高温腐食と低温腐食の違い

高温腐食と低温腐食の最も大きな違いは、読んで字のごとく腐食が発生し始める温度です。

高温腐食では、成分にもよりますが大体500℃以上、低温腐食では120℃程度で発生し始めることが多いです。

1-1. 高温腐食とは?

高温腐食は、燃料中のバナジウム、ナトリウム、ニッケルなどの金属成分を含む灰が要因となって発生します。

灰に含まれる金属酸化物が伝熱面などに付着し、これが高温で融解することで、伝熱面の酸化被膜が壊され腐食を進行させます。

このような腐食を高温腐食と呼びます。

高温腐食はいくつかの金属元素が要因で発生しますが、バナジウムが750~1500℃で一度、五酸化バナジウムに変化し、その後675℃の融点以上になって融解されることで腐食を発生させる現象のみ、「バナジウムアタック」という名称がついています。

1-2. 高温腐食の対策

高温腐食の対策は発生要因を考慮すると、次のようになります。

  1. 伝熱面の温度が金属の融点以上にならないようにする。
  2. スートブロア(すす吹き)を実施する。
  3. 添加剤を入れて融点を上げる
  4. バナジウム、ナトリウム成分の低い燃料を使用する。
【ボイラー】燃料を重油からガス炊きに更新するメリット

最近、ボイラーの燃料で重油を使用しているところが減り、都市ガスやLPガスなどを使用する工場が増えてき ...

1-3. 低温腐食とは?

低温腐食は、燃料中に含まれる硫黄成分が要因となって発生します。

硫黄が酸化され、それが排ガス中の水蒸気が凝縮した水に溶けることによって硫酸が発生し、金属面を腐食させます。

水蒸気の凝縮が始まり、伝熱面に結露水が発生すると腐食が進行するため、温度としては120℃程度で発生します。

【ボイラー】排ガスの熱回収をするときに考慮するべき酸露点とは?

ボイラーやガスエンジン、ガスタービンなどから発生する排ガスは多くの熱エネルギーを含んでおり、それらの ...

1-4. 低温腐食の対策

低温腐食の対策としては次のようになります。

  1. 硫黄分の少ない燃料にする。
  2. 排ガスの熱回収温度が露点以下にならないようにする。
  3. 添加剤で硫酸を中和する。
  4. SO3にならないように過剰空気を減らす。

低硫黄の燃料に転換すると、省エネルギーが図れるというのは低温腐食を気にせず、排ガスの熱回収を実施できることに大きな意味があります。

2. まとめ

高温腐食と低温腐食は、どちらも配管や熱交換器を腐食するということは同じですが、発生要因が全く違います。

どちらも発生するとプラントを停止させるような大ごとになりますので、発生原理はよく理解しておきましょう。

2020/5/16

【燃料】凝固点・流動点の違いについて詳しく解説してみた

軽油や重油など燃料を扱う際に、流動点という言葉を聞いたことはありませんか? 今回は凝固点、流動点の定義や使い分けについて説明します。 こちらの記事は動画でも解説しているので、動画の方がいいという方はこちらもどうぞ。 チャンネル登録はこちら 目次凝固点とは流動点とは凝固点や流動点を用いる理由まとめ 凝固点とは 凝固点とは、字の通り液体が固体化するときの温度を指します。 基本的には、固体が液体になる時の温度である融点と一致しています。水であれば約0℃ですね。凝固点は、液体の物質固有の特性に影響される化学的な数 ...

ReadMore

2020/5/16

【燃料】水素を使えば地球温暖化が防げる?水素の製造方法や今後の可能性は?

トヨタ自動車が次世代自動車として他メーカーに先駆けて水素を燃料とする自動車「MIRAI」を発売しました。たまに街を走っているのを見るとつい凝視してしまいます。 「MIRAI」は水素を使った燃料電池でモーターを回して走る電気自動車でエンジンなどの内燃機関を利用するわけではありません。 水素は、燃焼後に水しか出さない燃料として地球温暖化防止策の一つとして重要視されています。 今回は、化石燃料の代わりに水素を利用すれば本当に地球温暖化は防止できるのか?そもそも水素はどうやって作られるのかについてエネルギーの観点 ...

ReadMore

2020/2/29

【燃料】発熱量の測定方法は?

単位質量あたりの化石燃料がどの程度の熱量を持つかという指標に発熱量があります。 そして燃料の発熱量を測定するのに気体燃料、液体燃料、固体燃料それぞれで決められた方法があります。今回は燃料ごとの発熱量の測定方法について解説してみたいと思います。 目次1. 気体燃料1-1. ユーカンス式流水形ガス熱量計1-2. ガスクロマトグラフ法2. 液体燃料2-1. ボンベ型熱量計3. 固体燃料3-1. 燃研式自動熱量計4. まとめ 1. 気体燃料 気体燃料とは主に次のものがあります。 LNG(液化天然ガス) LPG(液 ...

ReadMore

2020/2/29

【燃料】石炭の燃料比、性質とは?

石炭には質を表す指標として燃料比があります。 今回は石炭の質を表す石炭化度やその他の性質について書いてみたいと思います。 目次1. 石炭の燃料比とは?2. 石炭の性質は?2-1. 粉砕性2-3. 粘結性燃焼性まとめ 1. 石炭の燃料比とは? 石炭の燃料比は石炭化度とも言われ、固定炭素と揮発分との割合を示す次の式で表されます。 $$燃料比=\frac{固定炭素}{揮発分}$$ 石炭化度は元となる植物が石炭に変化する過程を表したもので、石炭化度が進むと固定炭素が増加し、揮発分が減少します。これにより燃料比が増 ...

ReadMore

2020/5/13

【燃料】石炭とコークスの違いは?

石炭とコークス、イメージはどちらも同じように思いますがいったい何が違うのでしょうか? 今回は石炭とコークスの違いについて書いてみたいと思います。 石炭とコークスの違い 石炭とコークスの違いは、自然から掘り出された原料が石炭、それを加工してより発熱量を増加させたものがコークスです。燃料のほかに製鉄業での鉄鉱石の還元剤などに利用されます。 コークスは灰分を含んだ多孔質の炭素質で,骸炭ともいいます。 掘り出されてすぐの石炭は、サイズ、水分量、発熱量などがバラバラなため燃料としては優秀ではありません。そこで粉砕、 ...

ReadMore

お勧め専門誌

   

   



おすすめ通信講座

エネルギー管理士熱分野講座

・効率よく短期間で確実に合格したい
・スマホを使ってすき間時間に勉強したい
・独学だけでは分かりにくい

そんな方にお勧めの通信講座です。

現場技術の資格を取るなら!おすすめ通信講座

最短で資格を取得するためには、いかに効率よく学習するかが重要です。現場技術系の資格取得をサポートするおすすめの通信講座を紹介します。

シンプルで分かりやすいテキスト『SAT』

現場技術系専門の通信講座です。イラストを多用したシンプルで分かりやすいテキストと動画がセットになっています。

価格もお手頃で、特に熱力学などを学んだことのない初学者におすすめの通信講座です。

エネルギー管理士以外にも電験や衛生管理者など25の資格の通信講座を展開しています。

現場系通信講座の老舗『JTEX』

40年の実績がある現場系通信講座の老舗です。動画はなく、レポート提出形式の通信講座になります。価格もお手頃でテキストが分かりやすいと評判です。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

エコおじい

プラント系エンジニアです。「エネ管.com」というブログで工業系の技術に関する情報を発信しています。最近、Youtubeも始めました。応援よろしくお願いします。

おすすめ記事

1

あなたエネルギー管理士の資格を最短で取得したい。でも、熱力学や流体工学を学んだことがないので、独学だ ...

2

これからエネルギー管理士試験を受けるあなたのために、最短時間でエネルギー管理士に合格する方法を紹介し ...

-燃料

Copyright© エネ管.com , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.