電気

【電気】電気加熱とは?7種類の原理、特徴を解説

投稿日:

産業分野において、ものを加熱する工程はほとんど全ての現場にあるのではないでしょうか。

スケールアップを計画するときや、抜本的な時間短縮・省エネルギーを検討する際には、加熱方法から見直すということも少なくないと思います。

今回は、電気加熱について全体的に理解したい人向けに記事をまとめました。

電気加熱とは

電気加熱は熱エネルギーを伝えるのに、電気を使う、酸素を使わない加熱手法と定義できます。

供給された電気エネルギーを、次の項目で紹介するいくつかの方法で熱に変換します。一般的な火力発電所の発電効率は40%程度とされているので、重油やガスを燃焼するのと比べると、包括的なエネルギー効率は低いと言えます。

一方で、燃料に比べて輸送がしやすく、どこにでも素早く供給できることから小回りが効く加熱方法でもあります。

加熱効率の比較についてはこちらの記事をご覧ください。

【ヒートポンプ】蒸気、電気、ヒートポンプ、ガスで最もお得な熱媒はどれ?

物を加熱するには、燃料を燃やして発生させた熱をどのようにして被加熱物に伝えるのかが重要です。 一般的 ...

続きを見る

電気加熱のメリット

電気加熱のメリットは一般的に、次のように言われています。

  • 数千℃レベルの高温を作りやすい
  • 温度制御、調整が比較的容易
  • 部分加熱、選択加熱が可能
  • 局部加熱、急速加熱が可能
  • 燃焼による排ガスなどが出ない

しかし、次項の7種類を読んで頂くと分かるように、一概には言えません。また、加熱の用途や加熱対象物の種類によっても、選択できる方式は限られてきます。

電気加熱の種類

ここからは電気加熱の種類について、原理とともに説明していきます。

抵抗加熱

ものに電流を流した時に発生する抵抗熱(ジュール熱)を利用します。これは光る電灯が熱くなる現象と同じで、加熱用途では発生した熱を利用します。家庭でも、ヒーターやポットなど多く用いられています。

他の手法と比較していただきたいのですが、使用する電気エネルギーと発生する熱エネルギーがほぼ同じ(可視光等への損失あり)で、かつ加熱器本体が高温になります。

アーク加熱

溶接現場で使われるような高温で、閃光を伴う加熱方法です。アーク放電を利用することに由来します。

電極(黒鉛)に高電圧をかけて、電極間に大きな電位差を生じることで、大気中の気体が電離し、高温が生じます。そのため原理的には気体の抵抗加熱とも言えます。

使用する電気エネルギーと発生する熱エネルギーがほぼ同じ(可視光等への損失あり)で、かつ加熱器(ここでは電極)が高温になります。

誘導加熱

電磁誘導によって発生する電流による抵抗熱を利用します。金属コイル内に金属などの誘電体が入った構造で、電流を流した時に発生する磁場による誘導電流で、抵抗熱を発生させるという方式です。

IH調理器などに用いられています。

使用する電気エネルギーと発生する熱エネルギーがほぼ同じで、加熱器本体は高温にならないものもあります(コイル本体のジュール熱や、被加熱物からの伝熱で熱くなるのですが、温度制御の対象ではありません)。

誘電加熱(マイクロ波)

電極間にある絶縁体に交流の高周波電圧を加えると、内部の電子の向きが交互に入れ替わり、摩擦による熱が生じた熱を利用します。

電磁波の中で、特定の周波数(300MHz〜30GHz)を用いるものをマイクロ波加熱と呼び、いわゆる電子レンジもこれに該当します。

使用する電気エネルギーと発生する熱エネルギーがほぼ同じで、加熱器本体ではなく加熱対象の内部から発熱します。余分な放熱が抑えられ、加熱効率が高いと言えます。被加熱物に金属が含まれると放電を起こす場合があり、加熱の際には注意が必要です。

赤外加熱

電磁波の中でも赤外線を発生させる加熱方法です。赤外線は吸収されやすい(熱を与えやすい)電磁波で、用途によって近赤外・遠赤外線といった波長の異なる赤外領域光が用いられています。

ハロゲンヒーターや食品加熱用途にも用いられています。

使用する電気エネルギーと発生する熱エネルギーがほぼ同じですが、赤外放射として使えるのは6〜9割(波長によって異なる)だそうです。加熱器本体が熱くなりますが、温度制御の対象ではありません。

レーザー加熱

レーザー光が被加熱物の表面に吸収され、熱に変換されることで加熱する手法です。

レーザーとは、特定の周波数のことではなく、波長が一定方向で位相が揃った状態の電磁波を意味する言葉です。

英語ではLight Amplification by Stimulated Emission of Radiation(直訳すると、放射の誘導放出による光増幅)と言い、略してLASERです。

産業分野の加熱にはCO2やYAG(イットリウム・アルミニウム・ガーネットの略)などがレーザーとして用いられますが、どちらも可視光より波長が長く、目に見えません

「温める」というよりは、「焼き切る」など加工用途として多く用いられ、医療用メスにも使われています。

使用する電気エネルギーに対するエネルギー変換効率は数%、高いものでも30%程度です。加熱器本体は熱くなりますが、温度制御の対象ではありません。

ヒートポンプ加熱

低いところから高いところに熱を移動させる「ポンプ」として、エアコンなどに用いられている方式です。産業分野でも給湯や空気加熱の用途で使われています。過去の記事に詳しく解説していますのでご覧ください。

仕組みとしては、電気を使ってポンプを動かし、熱媒を循環させ膨張・圧縮を繰り返すことで、大気や排熱源などから熱エネルギーを奪い被加熱物に与えます

一般には高温は苦手な装置ですが、170℃程度まで対応した製品もあるようです。

使用する電気エネルギーに対して、数倍(3〜6程度が一般的な範囲でしょうか)の熱エネルギーを得ることができます。また加熱器本体(熱媒)が熱くなります。エネルギー効率は高いですが、万能ではありません。

【ヒートポンプ】省エネ機器といわれるのはなぜ?原理や用途を徹底解説

近年、省エネルギー機器の代表としてヒートポンプが良く出てきます。製品名としてはエコキュートやエコジョ ...

続きを見る

まとめ

  • 電気加熱は電気を使い、酸素を使わない加熱手法。
  • 電気加熱は温度範囲、操作性において利点が大きい。
  • 多くの加熱方式があり、目的・用途によって適切な方法を選択する。

実際に新しく加熱方式を検討する際には、加熱設備のタイプから考え直すこともあると思います。

また現場のユーティリティや、初期投資額、メンテナンス費も含めた検討が必要になるでしょう。上記を参考になさってください。

2020/5/23

【電気】自己インダクタンスと相互インダクタンスの違いとは?

電気の分野には紛らわしい単語が多く出てきますね。 今回は間違えやすい「自己インダクタンス」と「相互インダクタンス」の違いを解説します。 目次自己インダクタンスとは相互インダクタンスとはまとめ 自己インダクタンスとは 回路やコイルといった閉曲線に電流が流れるとその周囲には磁束が発生します。またファラデーの法則によって磁束が変化すると回路には誘導起電力が発生するので、回路に電流を流すと 回路に電流を流す。 流れた電流が回路の周辺に磁束を発生させる。 回路周辺の磁束が変化したのでその回路に起電力が生じる。 とい ...

ReadMore

2020/5/21

【電気】電気加熱とは?7種類の原理、特徴を解説

産業分野において、ものを加熱する工程はほとんど全ての現場にあるのではないでしょうか。 スケールアップを計画するときや、抜本的な時間短縮・省エネルギーを検討する際には、加熱方法から見直すということも少なくないと思います。 今回は、電気加熱について全体的に理解したい人向けに記事をまとめました。 目次電気加熱とは電気加熱のメリット電気加熱の種類抵抗加熱アーク加熱誘導加熱誘電加熱(マイクロ波)赤外加熱レーザー加熱ヒートポンプ加熱まとめ 電気加熱とは 電気加熱は熱エネルギーを伝えるのに、電気を使う、酸素を使わない加 ...

ReadMore

2020/5/10

【電気】超電導って何?原理や使い道は?

科学技術系のニュースで「超伝導」という言葉を見かけることがありますよね。また産業分野では電力分野で「超電導技術」の紹介がされることがあります。 最近では、リニアモーターカーに利用される技術ということで注目を集めています。 今回は超電導の現象と用途について解説したいと思います。 チャンネル登録はこちら 目次超電導現象とは電気抵抗がゼロになるマイスナー効果超電導の原理超電導の使用例まとめ 超電導現象とは 特定の金属を冷却していくと、ある温度から急激に電気抵抗が下がりゼロになる現象が知られています。 超電導現象 ...

ReadMore

2020/5/9

【電気】ゼーベック効果って何?その原理は?

電気と温度には切っても切れない関係があります。 今回はそのうちの一つ、センサーなどにも利用されているゼーベック効果とは何かについて解説していきます。 こちらの記事は動画でも解説しているので、動画の方がいいという方はこちらもどうぞ。 チャンネル登録はこちら 目次ゼーベック効果とは?ゼーベック効果の原理ゼーベック効果の使用例ゼーベック効果による起電力の計算まとめ ゼーベック効果とは? ゼーベック効果とは、2種類の金属の両末端をつなぎ合わせて各末端の温度に差をつけると起電力が生じ、回路中に電流が流れるという現象 ...

ReadMore

2020/5/5

【電気】ブリッジ回路ってどんな効果があるの?わかりやすく解説してみた

ブリッジ回路と言うと変わった形の配線構造の絵をよく見ますが、どんな意味があるのでしょうか。 今回はブリッジ回路の概要と、どんな用途に活用されているのかについて解説したいと思います。 こちらの記事は動画でも解説しているので、動画の方がいいという方はこちらもどうぞ。 チャンネル登録はこちら 目次ブリッジ回路とはブリッジ回路を用いる理由ブリッジ回路の使用例重量計(はかり)圧力センサー加速度センサー振動センサーまとめ ブリッジ回路とは 回路を構成する配線が2つの並列回路に分かれて、その2つの線間を別の配線でつない ...

ReadMore

お勧め専門誌

   

   



おすすめ通信講座

エネルギー管理士熱分野講座

・効率よく短期間で確実に合格したい
・スマホを使ってすき間時間に勉強したい
・独学だけでは分かりにくい

そんな方にお勧めの通信講座です。

現場技術の資格を取るなら!おすすめ通信講座

最短で資格を取得するためには、いかに効率よく学習するかが重要です。現場技術系の資格取得をサポートするおすすめの通信講座を紹介します。

シンプルで分かりやすいテキスト『SAT』

現場技術系専門の通信講座です。イラストを多用したシンプルで分かりやすいテキストと動画がセットになっています。

価格もお手頃で、特に熱力学などを学んだことのない初学者におすすめの通信講座です。

エネルギー管理士以外にも電験や衛生管理者など25の資格の通信講座を展開しています。

現場系通信講座の老舗『JTEX』

40年の実績がある現場系通信講座の老舗です。動画はなく、レポート提出形式の通信講座になります。価格もお手頃でテキストが分かりやすいと評判です。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

エコおじい

プラント系エンジニアです。「エネ管.com」というブログで工業系の技術に関する情報を発信しています。最近、Youtubeも始めました。応援よろしくお願いします。

おすすめ記事

1

あなたエネルギー管理士の資格を最短で取得したい。でも、熱力学や流体工学を学んだことがないので、独学だ ...

2

これからエネルギー管理士試験を受けるあなたのために、最短時間でエネルギー管理士に合格する方法を紹介し ...

-電気

Copyright© エネ管.com , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.