配管

【配管】フランジ規格、ASME?JPI?違いって何?

更新日:

配管改造や機器導入時に必ずでてくるフランジ規格。JISとかASMEとか言葉が出てきますが、よくわからず使っている方も多いはず。

今回はASMEとJPIの違いにフォーカスして説明します。

規格とは

ものづくりには測ったり、組み立てたり、計算したりということが必要ですが、工場ごと国ごとに基準が違っては困ります。そこで国際的に、もしくは国内で標準化を図っています。

この標準のことを規格と言います。

日本で最もよく見聞きするのはJIS規格だと思いますが、これはJapanese Industrial Standardsの略です。産業標準化法に基づいて基準が決められており、フランジの規格もこれに含まれます。

余談ですがJISの日本語名称は日本工業規格だったのですが、最近(2019年7月)日本産業規格に変わったそうです。

ASMEもJPIも規格を指し、JISとは異なる基準を持ちます。

フランジにおける基準とは配管呼び径に対する外径、フランジ厚み、ボルト穴の数・中心径、セレーション有無(後述)などです。

ASMEとは

アメリカ機械学会(American Society of Mechanical Engineers)の略であり、この学会の作った規格のことをASME規格(アスメきかく)と呼んでいます。

産業分野をリードしてきたアメリカの歴史ある規格と言えます。

またASMEと調べるとANSI(アンシ)という言葉がよく出てきますが、こちらは米国国家規格協会(American National Standards Institute)の略で、日本でいうJISと同じものです。

ANSI規格のうち石油化学工業系の内容はASMEと同じ内容だそうで、メーカーのカタログを見るとよく「ANSI/ASME」という表記のされ方をしています。

なおASMEフランジにはセレーションと呼ばれる、中心から外に向かって掘ってある円筒状の溝があります。

シート面積を小さくすることでより強い力でシールする目的です。FF(全面座)フランジでは全体に、RF(平面座)フランジでは接触面にセレーションが入ります。

JPIとは

日本石油学会(Japan Petroleum Institute)が制定した規格で、ASMEを参考に作られたためほとんどの寸法が一致しています。

日本の石油業界の現場では多く使われている規格です。こちらの規格にはセレーションは通常は入りません。

ASMEとJPIの違いは?

寸法的には同じように聞こえますが違いが2点あります。

1つ目は日本とアメリカの配管規格の違いから生じる配管内径・外径の違いです。

全ての呼び径サイズではなく、一部のものはこの数値が微妙に異なります。規格の異なる配管とフランジを溶接で接続する場合は、外径が異なるため注意が必要です。

 

2つ目はセレーション有無です。上述の通りASMEは溝あり、JPIは溝無しです。

この2つは接続できるのかというと、低圧なら「柔らかい素材のガスケットで接続すれば問題ない」という声もありますが、高圧だと漏れるリスクがあります。

やはり規格の異なるフランジを接続するのはオススメできません。

まとめ

  • ASMEとJPIはほぼ同じ寸法だが異なる点もある。
  • 両者をそのまま接続するのは推奨できない。

よく見るフランジ規格の違いについて、明確になったでしょうか。ぜひ参考にしてみてください。

2020/7/26

【配管】伸縮継手とフレキシブルチューブの違い、使い分けは?

配管の設計を行う際、配管膨張について検討するかと思います。 フレキシブルチューブと伸縮継手って似た用途だけどどう使い分けるの?という疑問をお持ちの方も多いと思いますので、今回は伸縮継手とフレキシブルチューブの使い分けについて解説してきたいと思います。 目次フレキシブルチューブとは伸縮継手とは伸縮継手とフレキシブルチューブの使い分けは?まとめ フレキシブルチューブとは フレキシブルチューブとは、その名の通り柔軟性のある配管のことで、各種のステンレスで製作されているものが多いです。 配管部分はベローズ(蛇腹) ...

ReadMore

2020/6/29

【配管】ねじの規格、Rc(PT)とNPTの違いは?

プロセスやユーティリティ用の配管部材を選ぶ際、ねじの規格を目にしますよね。 職種によってはあまり気にしてこなかった方もいるかと思いますので、今回は改めて、配管に用いられるテーパねじの2種類の規格について解説します。 目次Rc(PT)とはNPTとはRc(PT)とNPTの違いはまとめ Rc(PT)とは Rc(PT)とは、管用(くだよう)テーパねじと呼ばれる日本で使用される製品によく用いられているISO規格です。 テーパ(taper)とは、先細りになる・徐々に減るという意味で、足元に向かって細くなるシルエットの ...

ReadMore

2020/6/29

【配管】レデューサーの種類・使い分けは?

今回はどんな現場にも用いられている、配管用レデューサーについてです。 シンプルな構造ですが、選定時の注意点がありますので、詳しく解説します。 目次レデューサーとはレデューサーの種類・使い分けレデューサーの注意点まとめ レデューサーとは レデューサーとは、英語のreduceが由来の言葉で、異なる呼び径の配管同士を接続するためのものです。産業分野だと、金属配管や塩ビ配管、ダクト用、電線管のレデューサーも見かけるかと思います。 配管用にレデューサーを用いる場合には、機能やスペースなどを考慮して選定する必要があり ...

ReadMore

2020/5/16

【配管】配管図面、P&IDとPFDって結局何が違うの?

配管の工程図の話になると必ず出てくる言葉にPIDがあります。P&IDとも呼ばれますが、工場内の配管図を表すものです。 一方でPFDという図面もあります。P&IDとPFDの目的と、記載内容の違いについて解説したいと思います。 こちらの記事は動画でも解説しているので、動画の方がいいという方はこちらもどうぞ。 チャンネル登録はこちら 目次P&IDとはPFDとはまとめ P&IDとは 正式名称はPiping and Instrumentation flow Diagramと言い、配管計装図と ...

ReadMore

2020/8/2

【熱利用設備】今さら聞けない!プロセスとユーティリティって何を指す言葉?

エンジニアリング業界にいると必ず聞く言葉に、「プロセス」「ユーティリティ」があります。 初めて聞く人は、聞き慣れないカタカナ語に戸惑いますよね。今回はこのプロセスとユーティリティの違いについて、わかりやすく説明していきます。 こちらの記事は動画でも解説しているので、動画の方がいいという方はこちらもどうぞ。 チャンネル登録はこちら 目次プロセスとはユーティリティとはなぜ使い分けるの?まとめ プロセスとは 日本語でも浸透しているプロセスという言葉ですが、エンジニアリング業界では製品の製造過程のことを指します。 ...

ReadMore



工業技術の資格を取るなら!通信講座の『SAT』

最短で資格を取得するためには、いかに効率よく学習するかが重要です。工業技術系の資格取得を目指すならコストパフォーマンスの高いSATの通信講座がおすすめです。 全ての講座一覧はコチラ

シンプルで分かりやすいテキスト『エネルギー管理士熱分野』

現場技術系専門の通信講座です。イラストを多用したシンプルで分かりやすいテキストと動画がセットになっています。

価格もお手頃で、特に熱力学などを学んだことのない初学者におすすめの通信講座です。

エネルギー管理士以外にも電験や衛生管理者など25の資格の通信講座を展開しています。

100時間の講義動画付き『第三種電気主任技術者講座』

電気の基礎を本質的なところから徹底的に解説してもらえます。分厚いテキストを開かなくても見るだけで勉強になるのでモチベーションの維持がしやすいです。

特に電気に苦手意識があるという方におすすめです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

エコおじい

プラントエンジニアです。2017年から工業技術に関する情報をまとめて発信しています。最近、Youtubeも始めました。応援していただけるという方は更新情報などを発信するので、Twitterのフォローお願いします。

-配管

Copyright© エネ管.com , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.