計測機器

【圧力計】原理に秘密あり!なぜマノメーターで圧力が分かるのか?

更新日:

接続した2点の圧力差を測定する装置にマノメーターというものがあります。

実際に現場で使われているマノメーターはデジタル式のものが多いですが、エネルギー管理士などの資格試験ではU字管マノメーターの問題も出題されるので、原理はしっかり理解しておきましょう。

この記事では、マノメーターで圧力差を測定する原理や、種類、用途について解説していきます。

1. マノメーターとは?

マノメーターは圧力計の一つで、気体や液体の圧力を測定する装置です。測定域としては、ダクトやクリーンルームなど大気圧付近の圧力測定に使用されることが多いですが、高真空の領域でも使用することができます。

マノメーターには、U字管マノメーター、デジタル式マノメーター、傾斜管マノメーターなど様々なタイプがあります。

マノメーターの「マノ」という語源は、英語の接頭語で「蒸気、気体」という意味を表すようです。

以前は、ピトー管やU字管を用いたものが主流でしたが、今では電子式の簡単に測定できるものが主です。デジタル式のマノメーターには次のようなものがあります。

2. マノメーターの原理

マノメーターで圧力差を測定する原理について解説します。U字管とデジタル式で測定原理が違いますので分けて考えます。

2-1. U字管マノメーターの原理

U字管マノメーターは、U字管のなかに混合しない2種類の物質を入れ、両方の液面の高さを比較することで圧力差を測定することができます。

液面の高さと圧力差の関係については、次のような式が成り立ちます。

まず、左側について、それぞれのつり合いの式を作ります。この時、それぞれの物体の密度をρ1、ρ2と置いています。

$$P0-P1'=ρ1・h1・g・・・(1)$$

$$P1'-P1=ρ2(h2+h3)g・・・(2)$$

(1)+(2)より

$$P0-P1=ρ1・h1・g+ρ2(h2+h3)g・・・(3)$$

同様に、右側についてもつり合いの式を作ります。

$$P0-P'2=ρ1(h1+h2)g・・・(4)$$

$$P2'-P2=ρ2・h3・g・・・(5)$$

(4)+(5)より

$$P0-P2=ρ1(h1+h2)g+ρ2・h3・g・・・(6)$$

これで、それぞれのつり合いの式ができました。

(6)-(5)より

$$P1-P2=h2(ρ1-ρ2)g$$

という式が導き出せます。

この式から、P1とP2の差はそれぞれの物質の密度と、高さの差で算出することができるとわかります。密度差が小さいと、高さの差も大きくなるため、圧力差が大きい場合は水銀などを用います。

動画で解説されている方がいたので張り付けておきます。

2-2. デジタル式マノメーターの原理

デジタル式マノメーターの原理は、U字管マノメーターよりシンプルです。

シリコンなどの薄膜に埋め込まれたピエゾ抵抗素子を利用します。抵抗素子は、圧力がかかることで薄膜がたわみ電圧が変化します。この電圧信号を計測することで差圧を測定することができます。

ピエゾ素子についてはこちらに詳しく書いてあるので、参照していただければと思います。

TDK「テクの雑学」力で電気を生み出す仕掛け(外部リンク)

【圧力センサー】圧力センサーの測定原理とは?

水、油、蒸気、ガスなど装置内、配管内の圧力を制御したい時に使用するのが圧力センサーです。 今回は圧力 ...

3. マノメーターの一般的な用途

マノメーターは、圧力差が重要になるような用途で用いられます。

  • 排気ダクトの給気と排気の差圧
  • クリーンルームの差圧
  • 配管の気密チェックなど

3-1. ダクトの目詰まり確認

排気ダクトの給気と排気の差圧を測定することで、フィルターの目詰まりを事前に見つけることができます、

目詰まりが起きてなければ一定の差圧を維持しますが、目詰まりが発生すると給気がうまくいかず、差圧が大きくなります。

エアの用途にもよりますが、燃料の燃焼などに使っている場合は工場全体が停止するリスクもあり非常に重要です。

3-2. クリーンルームの差圧

工場のクリーンルームでは、ほこりなどのごみが混入しないように工場内が陽圧(正圧)になっており、常に中から外に風の流れがあるように維持されています。

差圧計の値を計測することで、常にそのような状態を維持できているか確認できます。

3-3. 配管の気密チェック

液化天然ガスなど、常に配管内が負圧になるような使い方では、気密性が悪いと常に空気を吸い込むことになります。

配管内と大気との差圧を確認することで、配管に漏れが生じていないかを監視することができます。

4. マノメーターの圧力と流速の関係

マノメーターを使用して圧力差がわかるとベルヌーイの定理から、同時に流速、流量を計算することができます。この原理を利用して、液体の流量を測定するものをオリフィス流量計や差圧式流量計といいます。

オリフィス流量計や差圧式流量計は絞りを設けるため圧力損失が大きくなるというデメリットがありますが、価格が安価なため良く利用されています。

【流体工学】ベルヌーイの定理で圧力と流速の関係がわかる

配管設計について学んでいくと、圧力と流速の関係を表すベルヌーイの定理が出てきます。 今回はエネルギー ...

差圧式流量計の原理はこちらのページに詳しく解説されてますので、そちらを参照して下さい。

日機装「差圧式流量計の原理」(外部リンク)

圧力と速度の関係を表すベルヌーイの定理についてはこちらの動画が参考になります。

5. まとめ

  • マノメーターは圧力差を測定する計測機器である。
  • マノメーターは液体の密度と高さで圧力差を測定する。
  • 圧力差がわかれば流速や流量が測定できる。

マノメーターの原理について、理解していただけましたか?

他にもいろいろなマノメーターはありますが、代表的なものを理解できていれば後は応用が利くと思います。まずは代表的なところを押さえておきましょう。

2020/5/17

【圧力容器】真空になる機器は圧力容器になる?ならない?

内圧が大気圧以上になる容器には、体積や圧力によって規制内容が変わる「圧力容器」という規定があります。 では、機器の内圧が大気圧以下の真空になる場合はどうなるのでしょうか? 今回は、圧力容器と真空の関係について解説してみたいと思います。 こちらの記事は動画でも解説しているので、動画の方がいいという方はこちらもどうぞ。 チャンネル登録はこちら 目次1. 真空になる機器は圧力容器になる?1-1. 第一種圧力容器の適用区分1-2. 第二種圧力容器の適用区分2. まとめ 1. 真空になる機器は圧力容器になる? まず ...

ReadMore

2020/4/17

【圧力容器】第一種と第二種はどう違う?圧力容器の区分について

熱交換器やタンクなどを設計する際に「圧力容器」に該当するかどうかは、メンテナンスなども含めて重要です。 同じ「圧力容器」でも第1種と第2種で規制が変わってくるなど、いくつか細かく区分けされています。今回は、そんな圧力容器の区分について解説してみたいと思います。 こちらの記事は動画でも解説しているので、動画の方がいいという方はこちらもどうぞ。 チャンネル登録はこちら 目次1. 圧力容器とは?2. 第1種圧力容器と第2種圧力容器の違い3. 第一種圧力容器の区分3-1. 最高使用圧力と内容積による区分3-2. ...

ReadMore

↓ 関連書籍

お勧め専門誌

   

   



おすすめ通信講座

エネルギー管理士熱分野講座

・効率よく短期間で確実に合格したい
・スマホを使ってすき間時間に勉強したい
・独学だけでは分かりにくい

そんな方にお勧めの通信講座です。

現場技術の資格を取るなら!おすすめ通信講座

最短で資格を取得するためには、いかに効率よく学習するかが重要です。現場技術系の資格取得をサポートするおすすめの通信講座を紹介します。

シンプルで分かりやすいテキスト『SAT』

現場技術系専門の通信講座です。イラストを多用したシンプルで分かりやすいテキストと動画がセットになっています。

価格もお手頃で、特に熱力学などを学んだことのない初学者におすすめの通信講座です。

エネルギー管理士以外にも電験や衛生管理者など25の資格の通信講座を展開しています。

現場系通信講座の老舗『JTEX』

40年の実績がある現場系通信講座の老舗です。動画はなく、レポート提出形式の通信講座になります。価格もお手頃でテキストが分かりやすいと評判です。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

エコおじい

プラント系エンジニアです。「エネ管.com」というブログで工業系の技術に関する情報を発信しています。最近、Youtubeも始めました。応援よろしくお願いします。

おすすめ記事

1

あなたエネルギー管理士の資格を最短で取得したい。でも、熱力学や流体工学を学んだことがないので、独学だ ...

2

これからエネルギー管理士試験を受けるあなたのために、最短時間でエネルギー管理士に合格する方法を紹介し ...

-計測機器
-

Copyright© エネ管.com , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.