ボイラー

【ボイラー】水管ボイラーについて詳しく解説!小型貫流ボイラーとの関係は?

エネルギー管理士の勉強をしていると、「丸ボイラー」と「水管ボイラー」という言葉が出てきますが、「仕事でいつも聞く名称と違うな?」と思った方はいませんか?

今回は水管ボイラーの特徴と種類について解説します。

こちらの記事は動画でも解説しているので、動画の方がいいという方はこちらもどうぞ。

水管ボイラーとは

最初にタイトルについてお答えしておくと、多くの現場で使われている小型貫流ボイラーは、水管ボイラーと呼ばれる分類の中の1つです。

ボイラーについては大きく2つの種類に大別されます。大きな容器の中に入った水を蒸発させる丸ボイラーと、細い配管の中に通る水を加熱する水管ボイラーです。

水管ボイラーの歴史は長く、1800年代前半に最初の水管ボイラーが実用化されたそうです。

水管ボイラーと貫流ボイラーを別のものとして説明している資料もありますが、大枠としては同じと考えてよいでしょう。

水管ボイラーの特徴

水管ボイラーは、蒸発管と呼ばれる複数の配管内の水をバーナーで加熱する構造をしています。

炉筒煙管ボイラーなどの丸ボイラーと比べると、一般的に以下のようなメリット・デメリットがあります。

  • 多くの水管がある構造で、水量に対して伝熱面積が大きいため、立ち上げ時間が早い
  • ボイラー内の水容量を小さく設計できるため、より高圧の蒸気を作ることができる
  • 保有水量が小さいため、丸ボイラーと比べると蒸気使用量が大きく変動すると圧力変化が起きやすい(負荷変動に弱い)
  • 細い水管を加熱するため、丸ボイラーと比べると、スケールやスラッジなど不純物の析出の影響を受けやすい(効率低下や水管閉塞のトラブル)

小型貫流ボイラーや炉筒煙管ボイラーについては、過去にも記事を書いているので載せておきます。

【ボイラー】小型貫流ボイラーの5つのメリットとは?

最近では、多くの工場で保有水量の多い炉筒煙管ではなく、小型貫流ボイラーが採用されています。 その理由 ...

続きを見る

【ボイラー】炉筒煙管ボイラーのメリット、デメリットとは?

ボイラーの代表的な種類の一つに「炉筒煙管ボイラー」があります。 最近では、新たに入れることの少なくな ...

続きを見る

水管ボイラーの種類

水管ボイラーには3つの種類があります。

自然循環ボイラー

2つのドラム(水が入る容器)を持つボイラーで、上部に汽水ドラム、下部に水ドラムがあり、両者は複数の水管でつながっています。

水管を加熱する(蒸発管と呼びます)ことで、水が加熱され気化して生まれた蒸気が、汽水ドラム上部から蒸気使用先へと送られていきます。

汽水ドラム内で熱を失った低温の水は、高温の水よりも比重が大きいため、自然と水管を通って下に落ちていきます。蒸発管に到達し、再びバーナーで加熱されると上の方に浮き上がっていきます。

丸ボイラーよりもドラムサイズを小さくすることができます。最大で15MPa程度までは蒸気圧力を上げられるそうです。中規模発電所で使用されています。

強制循環ボイラー

自然循環ボイラーと似た構造で、汽水ドラム、水ドラムがありますが加えて、汽水ドラムと蒸発管をつなぐ場所に循環ポンプが設置されています。

水は高温高圧になると密度差が小さくなり、自然循環方式ではうまく循環しなくなるという問題があります。そのためポンプで強制的に循環させる方式が取られるようになりました。

この方式では20MPa程度まで使用することができます。中小規模の発電所で使われています。

貫流ボイラー

貫流という字の如く、下から上に水が貫いて流れる構造をしており、循環ボイラーのようなドラムがないのが特徴です。容積の大きなドラムを設けないということは、耐圧を上げることにもなります。

大規模な発電所で使われており、超臨界圧ボイラーはとしても使用されています。

工場や事業所の規模で使用される小型貫流ボイラーは、比較的低圧かとは思いますが、貫流ボイラーを小型化したものです。容積を削れるので小型化でき、複数大設置することが容易です。

詳しくは過去の記事でも解説していますので、ご覧ください。

【ボイラー】小型貫流ボイラーの5つのメリットとは?

最近では、多くの工場で保有水量の多い炉筒煙管ではなく、小型貫流ボイラーが採用されています。 その理由 ...

続きを見る

まとめ

  • 水管ボイラーとは細い水管を加熱するタイプのボイラーのこと。
  • 貫流ボイラーは水管ボイラーの一つで、小型化・高圧化に適している。
  • 使用圧力によって自然循環、強制循環、貫流などの方式がある。

水管ボイラーは大きなくくりの一つですが、最近では最も多く導入されている種類といえます。

ボイラー

2021/4/11

【ボイラー】連続ブローはなぜ必要?缶底ブローとは何が違う?

ボイラーの運転動作の一つに連続ブローというものがあります。普段、ボイラーを扱う方にとっては当たり前のことですが、初めて見た方は何のために連続ブローをしているのか分からないこともあるかと思います。 今回は、ボイラーの連続ブローとは何か、また缶底ブローとの違いについて解説したいと思います。 チャンネル登録はこちら 目次連続ブローとは連続ブローの必要量連続ブローと缶底ブローの違いまとめ 連続ブローとは 連続ブローとは、ボイラー缶水で不純物が濃縮するのを防止するために缶水の一部を連続的に外部に排出することを言いま ...

ReadMore

ボイラー

2021/4/11

【ボイラー】脱気器はなぜ必要?原理や設置上の注意点について

高圧の蒸気を発生させるボイラーを使用する場合、必ずと言っていいほど脱気器がついています。 今回は、脱気器とは何か?について解説したいと思います。 チャンネル登録はこちら 目次脱気器とは脱気器の原理脱気器のポイント設定圧力設置位置容量まとめ 脱気器とは 脱気器はデアレーター(Dearator)とも呼ばれ、給水中に存在する酸素や二酸化炭素などの気体を除去するための装置です。 薬品を添加して脱気を行う機器も脱気器と呼びますが、大型の場合は蒸気で加熱を行うことで脱気を行う場合が多いです。脱気を行わずにボイラーに給 ...

ReadMore

ボイラー

2020/10/9

【ボイラー】スートブロワって何?その役割は?

ボイラーの運転ではしばしば、スートブロワと呼ばれる作業を行います。スートブロワが上手く作動しないとボイラーの寿命に大きな悪影響を与えます。 今回はスートブロワとは何なのか、スートブロワの目的や注意点について解説したいと思います。 チャンネル登録はこちら 目次スートブロワとは?スートブロワの方式長抜差型定置回転型スートブロワの注意点まとめ スートブロワとは? スートブロワはすす吹きとも呼ばれ、ボイラーに定期的に行うメンテナンスの一つです。 ボイラーの蒸発管や過熱器、エコノマイザーなどの燃料や排ガスを使う熱交 ...

ReadMore

ボイラー

2020/4/16

【ボイラー】廃熱ボイラーとは?熱源は何を使う?

工場や事業所の省エネを考えるとき、熱源の変更はテーマの一つとして上がります。 条件が合えば、廃熱ボイラーを検討に入れるのがよいかもしれません。今回は廃熱ボイラーとは何かについて解説していきます。 こちらの記事は動画でも解説しているので、動画の方がいいという方はこちらもどうぞ。 チャンネル登録はこちら 目次廃熱ボイラーとは廃熱ボイラーの熱源コークス石油化学製品硫黄ゴミバイオマスまとめ 廃熱ボイラーとは 大型プラントでは製鉄、石油化学品精製などで非常に高い温度(例えば製鉄なら炉内の温度が2000℃を超えます) ...

ReadMore

ボイラー

2020/6/21

【ボイラー】水管ボイラーについて詳しく解説!小型貫流ボイラーとの関係は?

エネルギー管理士の勉強をしていると、「丸ボイラー」と「水管ボイラー」という言葉が出てきますが、「仕事でいつも聞く名称と違うな?」と思った方はいませんか? 今回は水管ボイラーの特徴と種類について解説します。 こちらの記事は動画でも解説しているので、動画の方がいいという方はこちらもどうぞ。 チャンネル登録はこちら 目次水管ボイラーとは水管ボイラーの特徴水管ボイラーの種類自然循環ボイラー強制循環ボイラー貫流ボイラーまとめ 水管ボイラーとは 最初にタイトルについてお答えしておくと、多くの現場で使われている小型貫流 ...

ReadMore

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

エコおじい

プラントエンジニアです。工業技術をどこよりも分かりやすく解説するをテーマに2017年から情報発信をしています。最近、Youtubeも始めました。応援していただけるという方は更新情報などを発信するので、Twitterのフォローお願いします。

おすすめ記事

1

これからエネルギー管理士試験を受けるあなたのために、最短時間でエネルギー管理士に合格する方法を紹介し ...

2

あなたエネルギー管理士の資格を最短で取得したい。でも、熱力学や流体工学を学んだことがないので、独学だ ...

3

電験三種は合格率が10%未満の大変難しい資格です。また、範囲が非常に広いので普段の業務で電気を扱わな ...

-ボイラー

© 2021 エネ管.com Powered by AFFINGER5