ポンプ

【ポンプ】スターデルタ始動法の特徴とは?

回転機を動かす制御盤の中を見たときに、動力回路として大きな部品がいくつも設置されているのを見たことあるでしょうか。

それは回転機用のスターデルタ(Y-Δ)切り替え用の回路かもしれません。

この記事ではスターデルタ(Y-Δ)回路の特徴や使用する理由について解説してみたいと思います。

動画でも解説しているので動画のほうがいいという方はこちらもどうぞ。

スターデルタ始動法とは

あるものが止まっている状態で動かすときに必要な力は、動いている状態よりも大きいことが知られています。回転機の軸を回す場合においても、始動時にかかる力が最も大きいです。

回転機には定格電流という、機器の使用時に流しても問題がない電流の保証値を表したものがありますが、始動時にはこの8−10倍の電流が流れるとされています。この量の電流値が流れても問題ない設計を考えると、ブレーカー、電気配線、マグネットコンダクターなど様々な部品のサイズアップが必要となり、高価になってしまいます。

そこで始動時にかかる電流負荷を下げて、設備投資を抑えるために活用されているのがスターデルタ始動法です。

三層誘導電動機において用いられるこの手法は、モーターへの配線方法を最初のスター(Y)型から、途中でデルタ(Δ)型に切り替えることで始動電流を1/3に抑えることができます。

回路名の由来は文字通り、回転機の固定子巻線に対して1本ずつ接続されている(Y字)になっているのでスター型、各固定子巻線を三角型に接続して各頂点に配線したものがデルタ型です。

スターデルタ始動法の特徴は?

上記のような配線をすることにより、どんな違いが出るのでしょうか。

固定子巻線のインピーダンス(電圧と電流の比、直流における抵抗のような概念です。ここでは深く気にしないでください)をZとし、電圧Vをそれぞれにかけることを考えます。

スター結線では各相に流れる線電流は(V/√3)/Zとなり、デルタ結線では√3(V/Z)となります。よってスター結線の方がデルタ結線時の1/3の電流で起動することができ、始動時の負荷を下げることができます。

しかし、この低い電流値のまま回転機を回すと想定通りの能力を出せないため、途中でパワーアップするためにデルタ回路に切り替えます。

この切り替え時間決定にはタイマーが用いられ、始動から0.5秒前後に切り替わることが多いです。実際の結線切り替えにはマグネットコンダクターが用いられ、スター・デルタの両方が同時に通電しないように通常インターロックが用いられます。

【制御盤】インターロック回路とは。作り方や事例について解説します

続きを見る

スターデルタ始動法が用いられる基準は?

小型の回転機の場合はスターデルタ始動法を用いる必要がないとされています(用いても問題ありませんが過剰投資になります)。

基準としては、200Vでは11k W以上、400Vでは30k W以上の回転機を使用する場合にはスターデルタを採用してください。

ちなみにスターデルタではなく、最初から全電圧をかけて始動する方式のことを、直入始動法と呼びます。

回転機の交換時に確認することは?

回転機を更新する際に、「生産物が変わったので容量を上げたい」「省エネのためにモーターの容量を下げたい」という要求が出ることがあります。

制御盤などの周辺機器を更新せずに回転機だけ変えた方がコストも抑えられますが、消費電力が変わる場合には注意が必要です。

容量アップの場合には、ブレーカーと配線サイズを上げる必要がありますし、上記のスターデルタ始動の基準が変わる場合(例えば7.5kWか11kWに更新を検討)には、制御盤内のスペース確保が必要となります。

逆に容量をダウンする場合にも、制御板内の電気機器を適切なサイズに変える他、太い配線がモーター端子箱に入らない可能性があるため確認が必要です。

まとめ

  • スターデルタ始動法が初期電流を小さくすることで、過剰な設備投資を抑えるために用いられる
  • 回転機の電力が変わる場合には、制御側の機器・配線も変更が必要

スターデルタ始動法の内容と、実際の使用上の注意点についてまとめました。詳しい電流計算式について学びたい方は、スターデルタ変換・原理について調べてみてください。

ポンプ

2022/4/10

【ポンプ】NPSHとは何か。考え方、計算方法について解説します

ポンプを選定する際に重要な指標としてNPSHがあります。 NPSHの考え方を間違えて、ワンポイントでポンプを選定すると非定常な運転時に異常が発生しポンプが故障するなどの事故につながります。この記事ではポンプのNPSHについて、考え方や計算方法を解説します。 NPSHとは NPSHはNet Positive Suction Headの略でポンプを選定する際に、どの程度の流入水頭を確保できるかを示す指標で単位はm(メートル)で表されます。 NPSHにはNPSH available(有効吸込ヘッド)とNPSH ...

ReadMore

ポンプ

2022/4/10

【ポンプ】ポンプの台数制御とは、仕組み、メリット、デメリットについて解説

液体の輸送に必要な機器であるポンプは工場の稼働状況や時間帯によっても、必要な液量が変わる現場が多いです。 そんな場合はポンプの台数制御を行うという考え方があります。 この記事ではポンプの台数制御とは何か、そのメリットやデメリットについて解説します。 ポンプの台数制御とは ポンプは24時間稼働させることが多く、流体を吐出するには大きなエネルギーが必要です。一方、使用先の必要量(ここでは負荷と呼びます)はいつも最大とは限りません。 そこで無駄なエネルギーを削減するための方法の一つとして「複数台のポンプを設置し ...

ReadMore

ポンプ

2021/11/14

【ポンプ】軸動力を計算する方法は?

ポンプを選定するときに、どのぐらいの大きさのモーターが必要になるのか計算で求めたいことってありますよね。今回はポンプの流量や差圧から軸動力を求める方法について解説したいと思います。 ポンプの軸動力を計算する方法 ポンプの軸動力は次の手順で求めることが出来ます。 ポンプの流量を求める ポンプの必要差圧を求める 流量と差圧をかける ポンプ効率で割る 実際に例を交えて解説します。 ポンプの流量を求める まず、ポンプの必要流量を求めます。 特に計算式があるわけではなく、使用先でどれだけの流量が必要かをリストにして ...

ReadMore

ポンプ

2022/3/3

【ポンプ】真空ポンプの原理とは?タイプ別に紹介!

以前の記事で、真空ポンプの種類について解説しましたが、「どうやったら真空が生み出されるのか」という原理的な面での解説が足りていなかったように思います。 今回は、真空ポンプの種類別に、真空状態を作り出す原理を詳しく解説していきたいと思います。 真空のはじまり 真空ポンプ、ではありませんが、真空の作り方として最も初期の活用例をご紹介します。 産業分野で最も初期の蒸気機関として知られる、ニューコメン機関をご存知でしょうか? トーマス・ニューコメンは産業革命の中心的存在であった、ジェームス・ワットよりも前に蒸気機 ...

ReadMore

ポンプ

2021/8/30

【ポンプ】粘度とポンプの関係、使い分けは?

数多くあるポンプの型式ですが、液体の粘度によって向き不向きがあることはご存知ですか? 今回は、高粘度の液体を輸送するためのポンプについて解説します。 粘度とは 粘度とは、流体のねばりの度合いを数値化したもので、µ(ミュー)が記号として用いられます。 単位はPa・s(パスカル秒)が一般的に用いられます。µは、液体の中で板が動くときに、板の移動方向とは逆方向に働く力である剪断応力(物体の断面に発生する力)を測定したときの比例定数です。 粘度に対し、流体の動きにくさを表したものを動粘度と呼びます。配管の圧力損失 ...

ReadMore







  • この記事を書いた人

エコおじい

プラントエンジニアです。「工業技術をどこよりも分かりやすく解説する」をテーマに2017年からブログ、Youtubeで情報発信をしています。現在、5つのブログを運営中。毎月収益レポートを公開しています。是非、Twitterのフォローお願いします。



-ポンプ

© 2023 エネ管.com Powered by AFFINGER5