蒸気

【蒸気】スチームアキュムレータは何のために使われているの?

現場のボイラー室にアキュムレータと呼ばれる大きな装置を見たことはありませんか?

初めて見る方は、何のためにあるのだろうと思った方も少なくないはず。また省エネ検討時には名前が上がる装置でもあります。今回はスチームアキュムレータについて解説します。

こちらの記事は動画でも解説しているので、動画の方がいいという方はこちらもどうぞ。

スチームアキュムレータとは

まず語源から確認してみます。英語のaccumulateには「蓄積する」という意味があり、蒸気を蓄積するものだということがわかります。

スチームアキュムレータは、縦長もしくは横長の丸い筒型の構造をしています。サイズは20m3以上の大きなものが多いかと思います(小型で使用する用途は少ないはず)。

ボイラーから発生させた蒸気をスチームアキュムレータに配管し、そこから蒸気を各現場に送り出すという形で接続されています。

この大きな筒の中に高圧高温の熱水を溜めておき、工場での蒸気使用量が大きくなった時にアキュムレーター内の熱水が蒸発し、ボイラーでは足りない分の蒸気を賄うことができます。

つまりスチームアキュムレーターは蒸気を作り出すための装置ということです。

スチームアキュムレータのメリット

スチームアキュムレータはどんな用途で用いられるのでしょうか。一つ一つ確認していきましょう。

負荷変動を吸収できる

工場内で大きな装置が断続的に動く(バッチ運転)場合、その装置が動くときだけ多くの蒸気が求められます。

ボイラーの総蒸発量はその量を考慮しておく必要があるため、初期設備投資が大きくなってしまいます。

スチームアキュムレータを導入し、装置の最大蒸気使用量を確保できるだけの熱量をストックしておけば、ボイラーの選定は工場の平均蒸気使用量で計算することができます。結果としてコストダウンにつながります。

省エネになる

ボイラーの稼働は負荷変動を小さく、一定負荷で稼働を続けることが省エネにつながります。

例えば、昼夜で蒸気負荷が大きく変わる現場であっても、アキュムレータで変動分を吸収することができれば、ボイラーの燃料効率を高め省エネにつなげることができます。

スチームアキュムレータのデメリット

全ての現場においてスチームアキュムレータが有効とは限りません。デメリットにはどんなことが挙げられるのでしょうか。

蒸気使用量が少ない時でも熱を消費する

スチームアキュムレータ本体の容積が大きく、また内部の熱水を常に高温高圧に保つ必要があるため、周囲への放熱によるロスがあります。

ボイラー効率アップによる省エネメリットと、熱エネルギー損失を丁寧に計算した上で、導入を検討してください。

【配管】放熱量を簡単に計算する方法。保温の効果はどれくらい?

配管や熱交換器に保温をすべきか検討するのに、現在の放熱量を簡単に計算したいときってありませんか? イ ...

続きを見る

第一種圧力容器に該当するため検査費用が掛かる

年1回の検査期間による性能検査が義務付けられ、また使用には有資格者が必要です。ボイラー技士の資格不要な小型貫流ボイラーを使用している現場では、新たに有資格者が必要になるため、確認してください。

【圧力容器】第一種と第二種はどう違う?圧力容器の区分について

熱交換器やタンクなどを設計する際に「圧力容器」に該当するかどうかは、メンテナンスなども含めて重要です ...

続きを見る

設置スペースが大きい

屋内に設置を検討する場合には、結構大きなスペースが必要です。スチームアキュムレータ導入よりも、小型貫流ボイラーを1台増やす方がスペースは節約できます。

必要となる蒸気量を確認した上で、該当するスチームアキュムレータのサイズを各メーカーに確認しましょう。

まとめ

  • スチームアキュムレータはボイラーで作られた蒸気を溜めておく装置
  • 省エネにつながるかどうか、熱利用負荷の変動を考慮した計算が必要
  • ランニングコストも大きいので、設置には検討が必要

アキュムレーターは導入する数が少ないので、経験がないという方も多いです。

検討する場合は、いろいろな条件を考慮する必要があります。

蒸気

2021/4/11

【蒸気】直接加熱をした場合の計算方法は?

前回、蒸気の圧力を下げると省エネになるのか?という記事で間接加熱の場合の計算を記載したので、今回は直接加熱についても書きたいと思います。 チャンネル登録はこちら 目次蒸気で直接加熱する場合の計算方法①①質量の関係式を作る②熱量の関係式を作る蒸気で直接加熱する場合の計算方法②間接加熱で加熱をした場合まとめ 蒸気で直接加熱する場合の計算方法① まず、上の図のようにタンクに水をため、直接蒸気を投入して加熱する場合を考えます。この時、タンクには温度センサーを設置し、制御弁によってタンク内の温度を調整します。 次の ...

ReadMore

蒸気

2021/4/11

【蒸気】蒸気の圧力を下げると省エネになるのはなぜ?デメリットは?

先日読者の方から「蒸気の圧力を下げると省エネになるのはなぜか教えてほしい」という質問をいただきました。 そこで、今回はその回答を記事にしてみたいと思います。 チャンネル登録はこちら 目次蒸気の圧力を下げると省エネになるといわれる理由蒸気の圧力を下げることによるデメリット比体積が大きくなり流速が大きくなる熱交換器、制御機器の能力が小さくなる蒸気の圧力を下げるとどの程度省エネになるのかまとめ 蒸気の圧力を下げると省エネになるといわれる理由 熱交換器に供給する蒸気の圧力を下げると省エネになるといわれる理由は「圧 ...

ReadMore

蒸気

2021/4/11

【蒸気】減温注水って何?目的、計算方法は?

大型のプラントなどでは、蒸気配管に水を噴霧する減温注水があるところが多いです。 今回は、減温注水とは何か、目的や計算方法について解説したいと思います。 チャンネル登録はこちら 目次減温注水とは減温注水の目的伝熱能力を上げる配管コストを下げる減温注水の計算方法まとめ 減温注水とは 減温注水とは過熱状態の蒸気に水を噴霧し、温度を下げることを目的に行われます。 一般的に蒸気タービンを回転させるための蒸気は、タービン効率を上げ、蒸気中の水滴によるタービンの減肉を防ぐために飽和温度より高い温度で利用されます。 この ...

ReadMore

蒸気

2021/4/10

【蒸気】スチームアキュムレータは何のために使われているの?

現場のボイラー室にアキュムレータと呼ばれる大きな装置を見たことはありませんか? 初めて見る方は、何のためにあるのだろうと思った方も少なくないはず。また省エネ検討時には名前が上がる装置でもあります。今回はスチームアキュムレータについて解説します。 こちらの記事は動画でも解説しているので、動画の方がいいという方はこちらもどうぞ。 チャンネル登録はこちら 目次スチームアキュムレータとはスチームアキュムレータのメリット負荷変動を吸収できる省エネになるスチームアキュムレータのデメリット蒸気使用量が少ない時でも熱を消 ...

ReadMore

蒸気

2021/4/10

【蒸気】めちゃくちゃ単純!過熱蒸気の過熱度とは?

蒸気には飽和蒸気よりも温度の高い過熱蒸気というものがあります。過熱蒸気は飽和蒸気と違い圧力によって温度が決まっているわけではありません。 大規模なプラントなどでは過熱蒸気の状態で輸送されることが多いです。今回は過熱蒸気の温度を表す過熱度について書いてみたいと思います。 こちらの記事は動画でも解説しているので、動画の方がいいという方はこちらもどうぞ。 チャンネル登録はこちら 目次1. 過熱度とは?2. 過熱蒸気は何に使う?3. まとめ 1. 過熱度とは? 過熱度とは、過熱蒸気が飽和温度より何℃高いかを表す指 ...

ReadMore

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

エコおじい

プラントエンジニアです。工業技術をどこよりも分かりやすく解説するをテーマに2017年から情報発信をしています。最近、Youtubeも始めました。応援していただけるという方は更新情報などを発信するので、Twitterのフォローお願いします。

おすすめ記事

1

これからエネルギー管理士試験を受けるあなたのために、最短時間でエネルギー管理士に合格する方法を紹介し ...

2

あなたエネルギー管理士の資格を最短で取得したい。でも、熱力学や流体工学を学んだことがないので、独学だ ...

3

電験三種は合格率が10%未満の大変難しい資格です。また、範囲が非常に広いので普段の業務で電気を扱わな ...

-蒸気

© 2021 エネ管.com Powered by AFFINGER5