エネルギー管理士に関する情報を発信します。

エネ管.com

【告知】毎週土曜日18:00~
環境やエネルギーをテーマにしたゆっくり解説動画を投稿していきます。
更新情報が届くので、ご興味ある方はチャンネル登録をお願いします!
過去のアップロード動画一覧はこちら

流量計

【流量計】差圧式流量計って何?どんな仕組みか詳しく解説してみた

更新日:

再び流量計の型式・原理解説シリーズです。

今回は現場で一番見かける?と言っても過言ではないほど普及している、差圧式流量計について詳しく解説したいと思います。

なぜよく使われるのか、どんな利点があるのか、皆さんの理解の助けになると嬉しいです。

差圧式流量計とは?

差圧式流量計はその名の通り、流体の圧力差を利用した測定原理をしており、オリフィス式やダイヤフラム式などとも呼ばれます。

配管内部を流れる気体や液体などの流体をイメージしてください。

流れ方向側から、AとBというポイントがあるとすると、配管内に何も遮るものがなければ、AとBでの流体圧力に違いはありません。

しかし、AとBの間に穴が空いた板が入っていた場合、流路が絞られることになり、AよりもBの圧力が下がることになります。

この原理はよく、ベルヌーイの定理という物理法則で説明されます。これは流体の圧力と速度の関係を表す法則です。

【流体工学】ベルヌーイの定理で圧力と流速の関係がわかる

配管設計について学んでいくと、圧力と流速の関係を表すベルヌーイの定理が出てきます。 今回はエネルギー ...

続きを見る

ある流体の速度をv、圧力をp、密度をρとしたときに、以下の式が成り立つことが知られています。

$$\frac{1}{2}v^2+\frac{p}{ρ}+gz=const$$

ここでgは重力加速度、zは高さを表します。この式を簡単に言い表すと、

速度 + 圧力 + 位置エネルギー = 一定

というふうに書き換えられます。

流体計測を考える上では、位置エネルギー変化はないと考えて良いです。そうすると「圧力が上がると速度がそれに応じて下がる」という関係が見えてきますね。

ポイントAとBに立ち返って考えると、Aの後に絞り板を通った流体はBの地点で圧力が下がっています。

その圧力差から速度を計算し、配管内径の情報から体積流量を算出するというのが差圧式流量計の原理です。ちなみにその計算式は、以下のように表されます。

$$Q=\frac{π}{4}d^2×\frac{\sqrt{\frac{2}{ρ}×ΔP}}{\sqrt{1-β^2}}$$

Qは体積流量、dは絞りの直径、ΔPは絞り前後の圧力差、βは絞り前後の直径比です。

計算式を覚えておく必要はありませんが、比較的単純な計算で差圧から流量を出すことができるというのがお分かりいただけるかと思います。

差圧式流量計のメリットは?

メリットとしてよくあげられるのは、以下の3点です。

  • 気体にも液体にも用いることができる。
  • 蒸気など高温高圧の流体にも用いることができる。
  • オリフィス(穴の空いた金属板)を入れているだけなので、可動部がなく故障しにくい。
  • 他の外部検出できる流量計に比べると、低価格である。
  • 設置箇所が狭い場所の場合は、圧力を測る検出器を離れたところに設置することもできる。

これらの理由から差圧式流量計は非常に多く利用されます。

差圧式流量計のデメリットは?

一般的にデメリットとしては以下の内容が挙げられます。

  • オリフィスで絞られるため圧力損失が生じる。低圧流体では選定時に注意が必要。
  • 測定精度が高くない。型式によるがフルスケールの2%程度の誤差があるとされる。
  • 絞りがあるため固形物に弱い。
  • 圧力測定のための導圧管に異物がたまり、詰まることがある。
  • 流速を一定にするために直管長を確保する必要がある。

差圧式流量計を設置する場合は、入り口にストレーナを設置するなど、ゴミ対策が重要になります。

【配管】ストレーナの選び方は?メッシュ数と使い分けについて

配管中の異物(鉄配管から出るサビや流体に含まれていたゴミなど)を分離するために使われるストレーナ。 ...

続きを見る

まとめ

  • 差圧式流量計は、管内に絞りを入れて圧力差を流量に計算するという原理をしている。
  • 汎用性が大きくシェアも高いが、選定時にはオリフィスの特性を理解しておく必要がある。

いかがでしたか?差圧式流量計が正しく使えているか、ぜひ確認してみてください

流量計に関する記事は他にもあるので、良ければこちらもどうぞ。

2020/6/8

【流量計】蒸気流量計の使い方、補正はなぜ必要?

流量計の種類や測定原理によっては、他のデータによる補正が必要なケースがあります。 今回は蒸気流量計の補正の必要有無について、解説します。 こちらの記事は動画でも解説しているので、動画の方がいいという方はこちらもどうぞ。 チャンネル登録はこちら 目次蒸気流量計の補正とは?補正機能がないとどうなる?まとめ 蒸気流量計の補正とは? 蒸気の計測を行う流量計にはいくつかの原理があります。 差圧式、渦式、電磁式などがメジャーな型式と言えます。ここの原理については過去の記事でまとめていますので、ぜひご覧ください。 どの ...

ReadMore

2020/8/15

【流量計】静電容量式流量計ってどんな原理?電磁流量計との違いは?

今回は流量計の中でも、静電容量式というタイプの仕組みと用途について解説します。 チャンネル登録はこちら 目次静電容量式流量計とは?静電容量式流量計のメリットは?静電容量式流量計のデメリットは?まとめ 静電容量式流量計とは? 静電容量式流量計を検索してみると「電磁流量計」のサイトがよく出てきました。 実は静電容量式流量計は、電磁流量計の1種です。何が違うのかというと静電容量式は、計測部の電極が配管の外にあるため液体と電極が直接触れない非接触型という点です。詳しくご説明します。 まず、静電容量とは何を指す言葉 ...

ReadMore

2020/3/6

【流量計】質量流量計?コリオリ流量計について解説!

流量計解説シリーズをいくつか続けてきましたが、今回はコリオリ流量計です。 業界によってはあまり見かけることはないかもしれませんが、面白い仕組みをしていますのでコリオリ流量計について解説していきたいと思います。 目次コリオリ流量計とは?コリオリの力とは?コリオリ流量計のメリットコリオリ流量計のデメリットまとめ コリオリ流量計とは? 構造としては、流体が二股で平行に並んだ細いU字配管(フローチューブ)を通り、再び1本の配管に戻るという形状をしています。(1本の構造のものもあります) 2つのU字管内を流体が流れ ...

ReadMore

2020/10/11

【流量計】容積式流量計って何?どんな仕組みか詳しく解説してみた

流量計について調べたときに、歯車が2つ回る構造のものを見たことがありませんか? 今回はいくつかある流量計の型式の中の一つ、容積式流量計について詳しく解説します。 チャンネル登録はこちら 目次容積式流量計とは?容積式流量計のメリット容積式流量計のデメリットまとめ 容積式流量計とは? 容積式流量計には、流量検出部に楕円状の歯車が2つ設置されています。 図で言うと、左から右に流体が流れることで歯車が回り、歯車上部分と下部分を流体が交互に流れていきます。 なぜ容積式と呼ぶかですが、升(ます)がよく例えに用いられま ...

ReadMore

2020/10/27

【流量計】差圧式流量計って何?どんな仕組みか詳しく解説してみた

再び流量計の型式・原理解説シリーズです。 今回は現場で一番見かける?と言っても過言ではないほど普及している、差圧式流量計について詳しく解説したいと思います。 なぜよく使われるのか、どんな利点があるのか、皆さんの理解の助けになると嬉しいです。 チャンネル登録はこちら 目次差圧式流量計とは?差圧式流量計のメリットは?差圧式流量計のデメリットは?まとめ 差圧式流量計とは? 差圧式流量計はその名の通り、流体の圧力差を利用した測定原理をしており、オリフィス式やダイヤフラム式などとも呼ばれます。 配管内部を流れる気体 ...

ReadMore



サービス一覧

  • Twitter:日常で感じたことや更新情報をつぶやきます。
  • Youtubeチャンネル:環境やエネルギーをテーマに動画を投稿しています。
  • LINE公式アカウント:Youtubeの更新情報などを発信します。
  • Facebook:製造業ブロガーのクローズドコミュニティやってます。
  • 楽天ROOM:勉強になったおすすめの書籍を紹介しています。
  • note:思ったことを好き勝手に書いています。
  • ココナラ:計算エクセル、広告枠などを販売しています。

技術系資格取得を目指す方必見!おすすめ通信講座

最短で資格を取得するためには、いかに効率よく学習するかが重要です。モチベーションを維持しながら最短で資格取得を目指すなら通信講座を利用するのもおすすめです。

シンプルで分かりやすいテキストSAT『エネルギー管理士熱分野』

現場技術系専門の通信講座です。イラストを多用したシンプルで分かりやすいテキストと動画がセットになっています。

価格もお手頃で、特に熱力学などを学んだことのない初学者におすすめの通信講座です。

エネルギー管理士以外にも電験や衛生管理者など25の資格の通信講座を展開しています。

電験取得を目指すならSAT『第三種電気主任技術者講座』

イメージしにくい交流回路についても多様なイラストと解説動画で詳しく解説してくれます。独学ではなかなか勉強が進まないという方に特におすすめの講座です。電気について詳しく学べるので実務で電気を使うという方には最適な教材です。

その他の講座一覧はこちら

製造業向け通信講座の老舗 JTEX『エネルギー管理士講座』

テキストとレポート形式の通信講座で、最も実績の多い会社です。エネルギー管理士の電気分野を受けるならおすすめの通信講座です。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

エコおじい

プラントエンジニアです。工業技術をどこよりも分かりやすく解説するをテーマに2017年から情報発信をしています。最近、Youtubeも始めました。応援していただけるという方は更新情報などを発信するので、Twitterのフォローお願いします。

おすすめ記事

1

電験三種は合格率が10%未満の大変難しい資格です。また、範囲が非常に広いので普段の業務で電気を扱わな ...

2

あなたエネルギー管理士の通信教育の中ではSATが一番よさそうだけど、実際のところどうなの?高い買い物 ...

-流量計

Copyright© エネ管.com , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.