エネルギー管理士に関する情報を発信します。

エネ管.com

【告知】毎週土曜日18:00~
環境やエネルギーをテーマにしたゆっくり解説動画を投稿していきます。
更新情報が届くので、ご興味ある方はチャンネル登録をお願いします!
過去のアップロード動画一覧はこちら

ポンプ

【ポンプ】メカニカルシールとグランドパッキンの違いは?

更新日:

ポンプのシール方式を選ぶとき、メカニカルシールとグランドパッキンのどちらにすればいいのかわからない時ってありますよね。

今回はメカニカルシールとグランドパッキンの違いについて解説してみたいと思います。

こちらの記事は動画でも解説しているので、動画の方がいいという方はこちらもどうぞ。

メカニカルシールとグランドパッキンの違いは?

メカニカルシールとグランドパッキンは両方、内部の加圧水が外部に漏れるのを防ぐために使用します。両者とも回転する主軸がケーシングを貫通する箇所に取り付けられます。

次の動画がポンプの構造や役割について詳しく解説してあるので載せておきます。メカニカルシール、グランドパッキンに関しては6分8秒から解説が始まります。

メカニカルシールとは

メカニカルシールはグランドパッキンに比べ、構造が複雑で高価ですが、加圧水の漏れ量を極少量に抑えることができます

ISO21049、API682ではメカニカルシールの漏れ量を5.6g/hとしています。スプリングが付いていることにより経年による増し締めも不要になります。

メカニカルシールにも構造の違いからシングル・アンバランス型、シングル・バランス型、タンデム型、ダブル型の4種類があり、一般的には最も安いシングル・アンバランス型が用いられます。

メカニカルシールの内部構造や役割について詳しい動画があったので載せておきます。

グランドパッキンとは

グランドパッキンは特殊繊維に潤滑油を染み込ませたものです。焼き付き防止のため、メカニカルシールよりも多くの液体を漏らしながら運転するのが特徴です。

グランドパッキンのポンプを屋内で使用する場合には、漏れた液をピットまで運んでいく配管を施工するなどの工夫が必要です。

また、経年によりパッキンが摩耗するので、漏れ量が多くなってきた際には増し締めが必要になります。

グランドパッキンには、標準型、ランタリング型、スロートブッシュ型というものがあり、取扱液の汚れ具合や液体の圧力によって使い分けを行います。グランドパッキンを使用し続けると、次の動画のような漏れが発生してきます。

メカニカルシールとグランドパッキンではメカニカルシールのほうが初期費用は高価になります。ただ、ランニングコストを考えるとメカニカルシールのほうが優位になることが多いので、迷ったらメカニカルシールを選定しておくのが無難と言えます。

ポンプの軸封方式にはメカニカルシールとグランドパッキン以外にもデフレクタやオイルシールというものもあります。

メカニカルシールとグランドパッキンは変更できる?

ポンプの型式にもよると思いますが、一般的にはグランドパッキンとメカニカルシールのシール方式の変更は可能です。

ほとんどの場合、グランドパッキンを使用していて漏れが多いのでメカニカルシールに変更するというパターンが多いようです。

変更するためには、部品費用以外にもポンプメーカーの作業費などがかかってくるため、特に制約がない場合は最初からメカニカルシール方式を選んでおくのがよさそうです。

まとめ

  • メカニカルシールは漏れが極小、グランドパッキンは少量の漏れ
  • メカニカルシールは増し締め不要、グランドパッキンは増し締めが必要
  • メカニカルシールは高価、グランドパッキンは安価

メカニカルシールとグランドパッキンは、どちらも役割は同じですが性能が違います。

どちらの方式が良いかはユーザーの考え方次第ですが、一般的にはメカニカルシール方式のほうが優秀と言えます。ポンプについてもっと学びたいというこちらの本がおすすめです。



サービス一覧

  • Twitter:日常で感じたことや更新情報をつぶやきます。
  • Youtubeチャンネル:環境やエネルギーをテーマに動画を投稿しています。
  • LINE公式アカウント:Youtubeの更新情報などを発信します。
  • Facebook:製造業ブロガーのクローズドコミュニティやってます。
  • 楽天ROOM:勉強になったおすすめの書籍を紹介しています。
  • note:思ったことを好き勝手に書いています。
  • ココナラ:計算エクセル、広告枠などを販売しています。

技術系資格取得を目指す方必見!おすすめ通信講座

最短で資格を取得するためには、いかに効率よく学習するかが重要です。モチベーションを維持しながら最短で資格取得を目指すなら通信講座を利用するのもおすすめです。

シンプルで分かりやすいテキストSAT『エネルギー管理士熱分野』

現場技術系専門の通信講座です。イラストを多用したシンプルで分かりやすいテキストと動画がセットになっています。

価格もお手頃で、特に熱力学などを学んだことのない初学者におすすめの通信講座です。

エネルギー管理士以外にも電験や衛生管理者など25の資格の通信講座を展開しています。

電験取得を目指すならSAT『第三種電気主任技術者講座』

イメージしにくい交流回路についても多様なイラストと解説動画で詳しく解説してくれます。独学ではなかなか勉強が進まないという方に特におすすめの講座です。電気について詳しく学べるので実務で電気を使うという方には最適な教材です。

その他の講座一覧はこちら

製造業向け通信講座の老舗 JTEX『エネルギー管理士講座』

テキストとレポート形式の通信講座で、最も実績の多い会社です。エネルギー管理士の電気分野を受けるならおすすめの通信講座です。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

エコおじい

プラントエンジニアです。工業技術をどこよりも分かりやすく解説するをテーマに2017年から情報発信をしています。最近、Youtubeも始めました。応援していただけるという方は更新情報などを発信するので、Twitterのフォローお願いします。

おすすめ記事

1

電験三種は合格率が10%未満の大変難しい資格です。また、範囲が非常に広いので普段の業務で電気を扱わな ...

2

あなたエネルギー管理士の通信教育の中ではSATが一番よさそうだけど、実際のところどうなの?高い買い物 ...

-ポンプ

Copyright© エネ管.com , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.