配管

【配管】ストレーナの選び方は?メッシュ数と使い分けについて

配管中の異物(鉄配管から出るサビや流体に含まれていたゴミなど)を分離するために使われるストレーナ。

現場では水、空気、ガス、蒸気など様々なユーティリティに対して使用されているのを見かけるかと思います。

語源は「〜を濾す」という意味のstrainから来ています。Y型、U型、W型など構造により呼び名が変わります。

交換の際は「今までと同じものでいいか」となりがちですが、新設配管ではどのタイプが良いか分からないという方も多いかと思います。

そこで今回はストレーナ選びで重要なメッシュ数について解説したいと思います。

※ こちらの記事は動画でも解説しています。

ストレーナのメッシュ数とは

ストレーナを選ぼうとするときに必ず出てくる用語が「メッシュ数」です。

ゴミを実際に取り除く部分をスクリーン(ふるいの意)と呼び、そのスクリーンの目の細かさのことをメッシュと言います。

メッシュは単位として使われ、金網25.4mm(1インチ)あたりいくつの格子が入っているかを表します。下図は10メッシュを表します。

 

メッシュ数が多ければ多いほど目が細かくなるため、よりゴミを除去できますが、目詰まりが生じ清掃頻度が多くなってしまうので、用途に応じて選定する必要があります。

また、メッシュ自体はストレーナ内部のフィルターの目を指しますが、その外側に補強用途で「外網」と呼ばれるパンチ穴の開けられたステンレス板が一体となっています(メッシュなしでステンレス板のみのタイプもあります)。

ストレーナのメッシュ数の使い分け

国土交通省が公開している「公共建築工事標準書(機械設備工事編)」には、

  • 水用においては40メッシュ以上(電磁弁の手前は80メッシュ以上)
  • 蒸気用は80メッシュ以上

という記載があります。この値を基準値としながら、製品に求められるクリーン度合いが高かったり、配管中に含まれる異物が多かったりする場合には、より細かいメッシュのストレーナを選定する必要があります。

出典:国土交通省 公共建築工事標準書(機械設備工事編)

ストレーナのメッシュ数と圧力損失

ストレーナは設置すると必ず、数k〜数十kPa圧力損失を生じます。

流体圧力が小さい場合や、配管径が小さい場合には圧損の影響が大きくなるため、取り付け前に検討しておく必要があります。

しかし、ストレーナの圧力損失は、ストレーナの構造、流体の粘度などに左右されるため厳密に計算するのは困難です。

またメーカーによると、メッシュの空間率(流路のうち金網分を除いた流体が流れる面積、メッシュサイズによって30〜70%程度)よりも、ストレーナそのものの形状からくる圧力損失が主なようです。

ただし粘度が高い物質の場合は影響を受けます。

そのため、各メーカーのカタログに記載されている「圧力損失表」を見ながら、型式・流量から圧力損失を概算する、というのが現実的な試算方法となるでしょう。

メッシュサイズによって補正係数(0.95〜1.1)を掛けることもあります。

圧力損失の影響が無視できない場合には、減圧弁の設定圧力を上げる、配管サイズを上げる、ストレーナを二股にするなどの工夫が必要です。

参考:株式会社キッツ カタログ18ページ「ストレーナの圧力損失」

まとめ

  • ストレーナのメッシュ数は目の細かさを表し、大きいほど細かい
  • メッシュ数には基準があるが、決められた値はない
  • 流体によっては圧力損失の考慮が必要な場合がある

既設品の交換時には前後配管の材質にも注意してください。

【配管】ステンレスと鉄を接続すると錆びる?異種金属接触腐食とは?

鉄配管にステンレスの機器を接続すると錆びるというのを聞いたことはないでしょうか? 最近では錆び対策と ...

続きを見る

またスクリーンを取り出すプラグ部分にバルブを取り付けることで、開けるだけで簡単にスクリーン清掃ができるようになります。高い清掃頻度が求められる箇所にオススメです。

メンテナンスも考えたストレーナの取り付けを検討しましょう。

配管

2021/4/11

【配管】電縫管とシームレス管の違い、使い分けは?

配管の選定をしていると、サイズだけではなく材質や強度、接続方式、保温、塗装など考えないといけないものがたくさんあって迷いますよね。 今回は、その中でも迷いやすい「電縫管とシームレス管の違い」について解説したいと思います。 チャンネル登録はこちら 目次電縫管(溶接管)とはシームレス管とは電縫管とシームレス管の違いまとめ 電縫管(溶接管)とは 電縫管は板状の鋼を円形に成形し、接続部を電気抵抗溶接によって接合したものです。炭素鋼鋼管、ステンレス鋼管。低合金鋼管など様々な材質の配管が製造できます。 8A程度の小径 ...

ReadMore

配管

2021/4/11

【配管】配管接続の区別は?ねじ込み、フランジ、溶接の違い・使い分け

配管設計の際に、接続はどれを選べばいいのか迷うことはないでしょうか? 実は、配管接続をどの方式で行うかによって施工しやすさ、コスト、メンテナンス性に大きく影響が出てきてしまいます。 今回は、それぞれの違いが分からないという方向けに、ねじ込み・フランジ・溶接の用途や使い分けについて解説したいと思います。 チャンネル登録はこちら 目次ねじ込み接続とはフランジ接続とは溶接とは3つの使い分けは?まとめ ねじ込み接続とは ねじ込み接続は配管末端におねじ、もしくはめねじの切り込みのあるものを使用し、片方を回して接続す ...

ReadMore

配管

2020/10/17

【配管】伸縮継手とフレキシブルチューブの違い、使い分けは?

配管の設計を行う際、配管膨張について検討するかと思います。 フレキシブルチューブと伸縮継手って似た用途だけどどう使い分けるの?という疑問をお持ちの方も多いと思いますので、今回は伸縮継手とフレキシブルチューブの使い分けについて解説してきたいと思います。 チャンネル登録はこちら 目次フレキシブルチューブとは伸縮継手とは伸縮継手とフレキシブルチューブの使い分けは?まとめ フレキシブルチューブとは フレキシブルチューブとは、その名の通り柔軟性のある配管のことで、各種のステンレスで製作されているものが多いです。 配 ...

ReadMore

配管

2020/8/15

【配管】ねじの規格、Rc(PT)とNPTの違いは?

プロセスやユーティリティ用の配管部材を選ぶ際、ねじの規格を目にしますよね。 職種によってはあまり気にしてこなかった方もいるかと思いますので、今回は改めて、配管に用いられるテーパねじの2種類の規格について解説します。 チャンネル登録はこちら 目次Rc(PT)とはNPTとはRc(PT)とNPTの違いはまとめ Rc(PT)とは Rc(PT)とは、管用(くだよう)テーパねじと呼ばれる日本で使用される製品によく用いられているISO規格です。 テーパ(taper)とは、先細りになる・徐々に減るという意味で、足元に向か ...

ReadMore

配管

2020/9/15

【配管】レデューサーの種類・使い分けは?

今回はどんな現場にも用いられている、配管用レデューサーについてです。 シンプルな構造ですが、選定時の注意点がありますので、詳しく解説します。 ※ こちらの記事は動画でも解説しています。 チャンネル登録はこちら 目次レデューサーとはレデューサーの種類・使い分けレデューサーの注意点まとめ レデューサーとは レデューサーとは、英語のreduceが由来の言葉で、異なる呼び径の配管同士を接続するためのものです。産業分野だと、金属配管や塩ビ配管、ダクト用、電線管のレデューサーも見かけるかと思います。 配管用にレデュー ...

ReadMore

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

エコおじい

プラントエンジニアです。工業技術をどこよりも分かりやすく解説するをテーマに2017年から情報発信をしています。最近、Youtubeも始めました。応援していただけるという方は更新情報などを発信するので、Twitterのフォローお願いします。

おすすめ記事

1

これからエネルギー管理士試験を受けるあなたのために、最短時間でエネルギー管理士に合格する方法を紹介し ...

2

あなたエネルギー管理士の資格を最短で取得したい。でも、熱力学や流体工学を学んだことがないので、独学だ ...

3

電験三種は合格率が10%未満の大変難しい資格です。また、範囲が非常に広いので普段の業務で電気を扱わな ...

-配管

© 2021 エネ管.com Powered by AFFINGER5