タービン

【タービン】タービンの仕事の求め方について

更新日:

ランキンサイクルでタービンの仕事を求めるためには、タービン入口と出口の蒸気のエンタルピー差(熱落差)が必要になります。

今回は、タービン出口の蒸気の乾き度の求め方、エンタルピーの求め方、仕事の求め方について解説したいと思います。

タービンの熱落差については、次の記事を参考にしていただければと思います。

【タービン】タービン効率の考え方、熱落差ってなに?

タービンについて勉強していると「熱落差」という聞きなれない言葉が出てきます。 「熱落差」は、タービン ...

こちらの記事は動画でも解説しているので、動画の方がいいという方はこちらもどうぞ。

1. タービンの仕事の求め方

ランキンサイクルでタービンの仕事を求めるためには次の4つのステップが必要です。

  1. タービン出口の蒸気の乾き度を求める
  2. タービン出口の蒸気の比エンタルピーを求める
  3. タービン入口の比エンタルピーと出口の比エンタルピーの差に流量を掛ける
  4. タービンの仕事の単位に変換する

1-1. タービン出口の蒸気の乾き度を求める

(引用:Wikipedia 蒸気のH-s線図

タービンに供給された高温高圧の過熱蒸気は、タービン中で熱量を奪われながら可逆断熱膨張(等エントロピー変化)をすることで、一部が飽和水に戻ります。

このように、一部飽和水を含む蒸気を湿り蒸気といい、飽和蒸気と飽和水の割合を表す指標を乾き度といいます。

例えば乾き度が0.8(80%)とすると、8割が飽和蒸気、2割が飽和水ということになります。

タービン出口蒸気の乾き度を求めるためには、入口の過熱蒸気の比エントロピーsがわかれば求めることが出来ます。

理想状態では、タービンでは摩擦などが全くなく等エントロピー変化のため、出口の湿り蒸気のエントロピーも入口と同じsになります。

エントロピーから、乾き度を求めるには次のような計算を行います。

乾き度をx、タービン出口の飽和水の比エントロピーをs'、タービン出口の飽和蒸気の比エントロピーをs''とするとエントロピーsは次のように表されます。

$$s=s''・x+s'・(1-x)$$

この式を変形させると

$$x=\frac{s-s'}{s''-s'}$$

このように乾き度をエンタルピーで表すことが出来ます。

1-2. タービン出口の蒸気の比エンタルピーを求める

上の式で、それぞれのエントロピーから乾き度が求まったので、次はタービン出口の蒸気の比エンタルピーを求めます。

乾き度は飽和蒸気と飽和水の割合を表すので比エンタルピーを求める式は次のようになります。

飽和水の比エンタルピーをh'、飽和蒸気の比エンタルピーをh''とすると、タービン出口の湿り蒸気の比エンタルピーhoutは

$$hout=h''・x+h'(1-x)$$

この式によってタービン出口の蒸気の比エンタルピーを求めることが出来ます。

1-3. タービン入口の比エンタルピーと出口の比エンタルピーの差に流量を掛ける

タービン入口と出口の比エンタルピー差に蒸気流量を掛ければ、タービンでの熱落差を求めることができます。

タービンを通過する蒸気流量をm[kg/h]とすると、過熱蒸気のエンタルピーhinとすると、タービンの熱落差は

$$Δh=m・(hin-hout)$$

このように、熱落差を求めることになります。

タービンの軸部分などで、摩擦が全くなく、タービン効率100%の場合は熱落差がタービンの仕事になります。

1-4. タービンの仕事の単位に変換する

タービンの出力は[kW]が多いので、熱落差の[kJ/h]を[kW]に変換します。

$$タービン出力[kW]=\frac{ΔH[kJ/h]}{3600[s]}[kW]$$

このように変換することで、タービン出力に変換することができます。

【熱力学】ワットとジュールの変換方法

熱量を表す単位のワットとジュール。 熱の計算になれないうちは、この2つの単位を理解するのに苦労するの ...

2. まとめ

この記事のポイント

タービン仕事の求め方は次にようになります。

  1. タービン出口の蒸気の乾き度を求める
  2. タービン出口の蒸気の比エンタルピーを求める
  3. タービン入出の比エンタルピーの差に流量を掛ける
  4. タービンの仕事の単位に変換する

ランキンサイクルは計算も多いので、一つ一つ丁寧に解いていくことを心がけましょう。

2020/4/16

【タービン】動翼、静翼の役割は?わかりやすく解説してみた

タービンについて勉強するとき、「動翼」と「静翼」という言葉が出てくるかと思います。 今回は動翼と静翼の役割について、非タービンエンジニア向けにどこよりもわかりやすく解説したいと思います。 チャンネル登録はこちら 目次動翼と静翼とはなぜ静翼が必要なのかタービン構造の種類まとめ 動翼と静翼とは タービンというと羽のついた回転体が何枚も中に入っていて、蒸気やガスの衝撃力で回転する、といったイメージをもたれているかと思います。 実はタービン内で回転する羽根には回転する部品と、固定されている部品があります。それらに ...

ReadMore

2020/6/30

【タービン】タービンの仕事の求め方について

ランキンサイクルでタービンの仕事を求めるためには、タービン入口と出口の蒸気のエンタルピー差(熱落差)が必要になります。 今回は、タービン出口の蒸気の乾き度の求め方、エンタルピーの求め方、仕事の求め方について解説したいと思います。 タービンの熱落差については、次の記事を参考にしていただければと思います。 こちらの記事は動画でも解説しているので、動画の方がいいという方はこちらもどうぞ。 チャンネル登録はこちら 目次1. タービンの仕事の求め方1-1. タービン出口の蒸気の乾き度を求める1-2. タービン出口の ...

ReadMore

2020/7/29

【タービン】タービン効率の考え方、熱落差ってなに?

タービンについて勉強していると「熱落差」という聞きなれない言葉が出てきます。 「熱落差」は、タービンの入口エンタルピーと出口エンタルピーの差のことを言っているんですが感覚的に理解しにくいという方も多いのではないでしょうか? 今回は、タービンの熱落差について解説してみたいと思います。 こちらの記事は動画でも解説しているので、動画の方がいいという方はこちらもどうぞ。 チャンネル登録はこちら 目次1. タービンとは?2. タービンの熱落差とは?3. タービン効率の考え方3-1. 内部損失3-2. 外部損失4. ...

ReadMore



工業技術の資格を取るなら!通信講座の『SAT』

最短で資格を取得するためには、いかに効率よく学習するかが重要です。工業技術系の資格取得を目指すならコストパフォーマンスの高いSATの通信講座がおすすめです。 全ての講座一覧はコチラ

シンプルで分かりやすいテキスト『エネルギー管理士熱分野』

現場技術系専門の通信講座です。イラストを多用したシンプルで分かりやすいテキストと動画がセットになっています。

価格もお手頃で、特に熱力学などを学んだことのない初学者におすすめの通信講座です。

エネルギー管理士以外にも電験や衛生管理者など25の資格の通信講座を展開しています。

100時間の講義動画付き『第三種電気主任技術者講座』

電気の基礎を本質的なところから徹底的に解説してもらえます。分厚いテキストを開かなくても見るだけで勉強になるのでモチベーションの維持がしやすいです。

特に電気に苦手意識があるという方におすすめです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

エコおじい

プラントエンジニアです。2017年から工業技術に関する情報をまとめて発信しています。最近、Youtubeも始めました。応援していただけるという方は更新情報などを発信するので、Twitterのフォローお願いします。

-タービン
-

Copyright© エネ管.com , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.