熱交換器

【熱交換器】メーカーが温水器に水道法を適用させる理由

更新日:

温水器などのカタログを見ていると、「水道法に適用してます。」みたいな文言を見ることってありませんか?

しかし、ユーザーからしてみれば水道法に適用していると、どんなメリットがあるのかはよく分からないと思います。

今回は、水道法に適用されるとどうなるのか、ユーザーにとってどんなメリットがあるのか解説してみたいと思います。

1. 水道法とは?

水道法は厚生労働省が定める日本の法律です。以下引用したものです。

<所管府省:厚生労働省>
水道の布設及び管理を適正かつ合理的ならしめるとともに、水道を計画的に整備し、及び水道事業を保護育成することによって、清浄にして豊富低廉な水の供給を図り、もって公衆衛生の向上と生活環境の改善とに寄与することを目的とします。

(出典:Webilio辞典

こちらの法律では、建築基準や水質基準などが、利用者が安全に水道水を飲用できるように細かく規定されており、定期検査も義務づけられています。

詳しくはWeb上に公開されている水道法のページをご覧ください。

温水器に関して、水道法が関係してくるのは「給水装置」に関する規定の箇所です。

水道法によると、第三条の9に規定されており、「この法律において「給水装置」とは、需要者に水を供給するために水道事業者の施設した配水管から分岐して設けられた給水管及びこれに直結する給水用具をいう。」となっています。

温水器が水道法の適用を受けるためには、認証機関に有償の検査を依頼する必要があります。

2. 適用することによるメリット

温水器が水道法に適用した「給水装置」となることで得られるメリットは以下の2点です。

  1. 市水配管に直接接続できる。
  2. 温水器の影響で温水が汚染されることがないという証明になる。

2-1. 市水配管に直接接続できる

一般的にビルなどに水を供給する場合は、貯水槽を設け、そこに水道配管の接続することになります。

この場合、水道法が適用される「水道」は市水配管からタンクまでの配管のことを言い、タンクから各蛇口へ送る配管は水道法には適用されません。

なので、温水器が水道法の適用外の場合、一旦タンクで受けた水を温水器に供給する必要があります。水道法に適用された温水器の場合にのみ、市水配管から直接温水器に水を供給することができます。

ただ、一般的には貯水槽を設けている場所の方が多く、直接、市水配管から水を持ってくる場合は少ないので、これが温水器の強みになるかといわれれば、そうとは言えないかと思われます。

2-2. 温水が汚染されない証明になる

メーカーとして、温水器が水道法に適用されているというアピールをしたい理由は主にこちらです。

水道法の第五条の3によると「水道施設の構造及び材質は、水圧、土圧、地震力その他の荷重に対して充分な耐力を有し、かつ、水が汚染され、又は漏れるおそれがないものでなければならない。」と規定されています。

温水というのは、実際の製品に投入されたり、製品と触れ合うものを洗浄したりと衛生面が非常に重要なです。

水道法に適用されているという事は、温水器が理由で温水が汚染されることがないということを外部機関によって認証されているという点にあります。

ただ、注意が必要なのが、出荷当時の温水器が水道法に適用されていたとしても、それを改造などでバルブを追加することになると、水道法適用外になる可能性があります。

市水配管に直接接続する場合は、メーカーに問い合わせる必要があります。

3. まとめ

メーカーのカタログにはよく、○○に適用!みたいな文言が良く載っていますが、ユーザーにとってはそれがどんなメリットがあるのかわかりにくいという事が多いと思います。

この「水道法適用」というのもその一つではないでしょうか?

「水道法適用」ということをアピールしたい営業の方や、温水器を検討されている方は参考にされてはいかがでしょうか?

今回の記事とは直接関係はありませんが、水道法について調べてみると面白い動画が出てきたのでこちらもよろしければどうぞ。古いマンション住まいの方にお勧めです。

no image

2020/6/23

【熱交換器】相当放熱面積とは?計算方法や使い方について

空調機や給水ポンプ、真空ポンプなどの能力を表す指標として相当放熱面積というものがあります。 この記事では、相当放熱面積とは何か、どのように計算するのかについて書いていきたいと思います。 チャンネル登録はこちら 目次相当放熱面積とは?相当放熱面積の計算空調機の場合ボイラー給水ポンプの場合真空ポンプの場合まとめ 相当放熱面積とは? 相当放熱面積は等価放熱面積とも呼ばれ、空調機や放熱器の能力を表す指標です。英語ではEquivalent Direct Radiationとも呼ばれ略称のEDRで表されることもありま ...

ReadMore

2020/8/25

【熱交換器】熱交換器って何?種類や伝熱能力の計算方法は?

こんにちは。 近頃は寒い日と温かい日の差が激しくて、体調を壊してしまったという人も多いのではないでしょうか? インフルエンザも流行っているようなので、お体には十分ご注意ください。 毎年、冬の寒さを夏に、夏の暑さを冬に持ってこられたら電気代の削減になっていいのに・・・と思う事が多いです。 実際に、寒冷地では冬場に降った雪を地下に溜めておいて夏に冷房として利用しているという事もあるようです。 夏の暑さを冬に持ってくるという発想はあまり聞きませんが、もしそれが出来ると便利ですよね。 さて、熱いものと冷たいものの ...

ReadMore

2020/9/15

【熱交換器】ヒーターのワット数ってどうやって選ぶの?ワットと伝熱能力の関係とは?

電熱ヒーターや熱交換器の能力を考えるときはkW(キロワット)で表記されていることが多いです。 ワット数が高ければ高いほど、たくさんの熱を伝えることが出来ますが、ヒーターを選ぶときに一体どの程度の能力のものを選べばいいか分からない事ってありますよね? 今回は、電熱ヒーターのワット数と伝熱能力について考えてみたいと思います。 ※ こちらの記事は動画でも解説しています。 チャンネル登録はこちら 目次1. 電熱ヒーターのワット数2. 電熱ヒーターの加熱速度3. 電熱ヒーターで消費されるエネルギーは?4. まとめ ...

ReadMore

2020/2/29

【熱交換器】プレート式熱交換器のU値を簡単に計算する方法

プレート式の熱交換器を選定するときに、U値がどのくらいになるのか計算したい時ってありますよね。 一般的なU値は熱伝導率や胸膜伝熱係数によって計算できますが、そこまで精緻な値じゃなく、もっと簡易的にU値を計算する方法をご紹介します。一般的なU値の計算方法についてはこちらをご覧ください。 プレート式熱交換器のU値の求め方 プレート式熱交換器のU値はこちらのシミュレーターを利用して計算ができます。 ⇒ HISAKA Web Simlator このシミュレーターはプレート式熱交換器メーカーの日坂製作所が一般向けに ...

ReadMore

2020/8/2

【熱交換器】熱交換器の最大交換熱量は?

熱交換器を設置して工場から出る排熱を有効利用することは省エネルギー対策として有効です。 では、熱交換器を設置すれば最大どこまで熱を回収できるのでしょうか? 今回は熱交換器の最大交換熱量をテーマに解説したいと思います。 目次1. 熱交換器の最大交換熱量1-1. 向流の場合1-2. 並流の場合2. 伝熱面積の計算方法3. まとめ 1. 熱交換器の最大交換熱量 熱交換器を利用して、どこまで熱を回収できるかは向流か並流かによって変わります。 1-1. 向流の場合 最も多い向流の場合、熱交換器で交換できる最大熱量は ...

ReadMore

プラント業界に転職するなら

\プロフィールを登録すると企業からオファーが届きます!/

■ プラント業界に特化した転職サイト。
■ プラントエンジニア600名、企業300社が登録。
■ 企業担当者とチャットでやり取り。

という全く新しいサービスです。



技術系資格取得を目指す方必見!おすすめ通信講座

最短で資格を取得するためには、いかに効率よく学習するかが重要です。モチベーションを維持しながら最短で資格取得を目指すなら通信講座を利用するのもおすすめです。

シンプルで分かりやすいテキストSAT『エネルギー管理士熱分野』

現場技術系専門の通信講座です。イラストを多用したシンプルで分かりやすいテキストと動画がセットになっています。

価格もお手頃で、特に熱力学などを学んだことのない初学者におすすめの通信講座です。

エネルギー管理士以外にも電験や衛生管理者など25の資格の通信講座を展開しています。

電験取得を目指すならSAT『第三種電気主任技術者講座』

イメージしにくい交流回路についても多様なイラストと解説動画で詳しく解説してくれます。独学ではなかなか勉強が進まないという方に特におすすめの講座です。

電気について詳しく学べるので実務で電気を使うという方には最適な教材です。

製造業向け通信講座の老舗 JTEX『エネルギー管理士講座』

テキストとレポート形式の通信講座で、最も実績の多い会社です。エネルギー管理士の電気分野を受けるならおすすめの通信講座です。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

エコおじい

プラントエンジニアです。2017年から工業技術に関する情報をまとめて発信しています。最近、Youtubeも始めました。応援していただけるという方は更新情報などを発信するので、Twitterのフォローお願いします。

-熱交換器
-

Copyright© エネ管.com , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.