プラント業界専門の転職サイト

・プラント業界でのスキルを活かしたい
・プラント業界で働いてみたい
・効率よく転職活動がしたい

そんな方にお勧めの転職サービスです。

プラント特区はコチラ

電気機器

【電気機器】サーキットプロテクタって何?ブレーカーとの違いは?

更新日:

機器を過電流から保護するものとして「サーキットプロテクタ」があります。

ただ、過電流から保護するものはサーキットブレーカーやノンヒューズブレーカなど様々なものがあり、どれがどう違うのか分かりにくいですよね?

この記事ではサーキットプロテクタとは何か?その他のブレーカーとの違いはどこにあるのかという事をまとめてみたいと思います。

Sponsored Link

1. サーキットプロテクタとは

短絡、過電流、漏電といった電路での事故を防止する様々な保護装置が有る中でサーキットプロテクタは電源側の下流で機器や回路で過負荷による過電流状態になった時、機器にある回路や組み込まれているデバイスそのものを保護する為につけられた装置です。

役目はサーキットブレーカーと類似する部分がありますが、サーキットプロテクタは主に電源側から負荷に接続される電子機器における主要装置を保護する目的で使われます。

サーキットプロテクタについてはこちらの動画でも解説されています。

2. サーキットプロテクタの原理

サーキットプロテクタは0.05Aから100Aの定格電流で使われます。

過電流が発生したときの遮断の原理ですが、サーキットプロテクタ内にはバイメタルと呼ばれる二枚の金属が合わさったものが装着されています。過電流が発生すると負荷とつながっている回路や配線は熱を持ちます。その熱をバイメタルが検知しメカ的に遮断(トリップ)します。

電気は電源元からのプラス側と負荷からのマイナス側に帰ってくる電流特性から、バイメタルを1極側に設ける場合と2極側に設ける場合と2パターンがあります。通常は1極(1e)で上流からくる電流で負荷側での異常があれば遮断しますが、上流が2電源ある場合は2極(2e)両方にバイメタルがあり両方極を遮断するサーキットプロテクタも存在します。

【電気機器】サーマルがトリップしたってどういうこと?詳しく解説してみた

電動機などを扱っていると「サーマルがトリップして動かなくなった」なんて言葉を聞くことはありませんか? ...

Sponsored Link

3. サーキットプロテクタとサーキットブレーカーの違い

サーキットプロテクタは主に機器での過電流異常を検知し、サーキットブレーカーは電源からその下流で発生するすべての電線と負荷の過電流、短絡を検知するので用途が違います。よって何が異なるかというと、定格電流の領域が異なります。

サーキットプロテクタは比較的小さい0.05Aから100A程度ですが、サーキットブレーカは負荷側での短絡遮断も併用しているので定格電流にもよりますが、高容量の電流を遮断させることができます。用途としては配電盤、分電盤に組見込まれ、負荷側全ての電線と回路の異常制御に使われます。

サーキットプロテクタは機器の保護の役目が主となり、サーキットブレーカーは電路を保護する役目となるので用途目的が全く異なる役割を果たします。

label="" name="" bgcolor="" color="" readmore="on"]

4. サーキットプロテクタの使い分け

サーキットプロテクタとその他の機器の使い分けについて見てみましょう。

4-1. ヒューズとの違い

ヒューズと違いですが、ヒューズは一回過電流が発生するとその機能は一回で終了となり、取替が必要です。なので、機器の電源入り切りを良く実施する場合にはヒューズは取替が発生するので不向きとなります。

一方でサーキットプロテクタは破壊的電流が流れない限りは主電源の入切に加えて回路保護を兼務しているので長い時間使用するメリットがあります。電流値や電圧が安定状態になると再度復旧して継続的に使用できるので、取替が必要なヒューズよりも経済的になります。

逆にサーキットプロテクタは入切をスイッチでできてしまうので、作業員が誤って「切」にしてしまうと機器を保護できなくなってしまいます。確実に保護しなければいけないというときはヒューズを利用することもあります。

【電気機器】ヒューズが飛ぶってどういうこと?飛ぶとどうなるの?

電気機器を扱っていると「ヒューズが飛んだ!」なんてことを聞いたことがあるのではないでしょうか? 最近 ...

続きを見る

4-2. 漏電遮断器(ELB)との違い

漏電遮断ELBはZCTと呼ばれる回路が内蔵され、電源側から送電された電流と負荷側から帰ってくる電流の流量をモニターする機能となります。

例えば、送電が1Aで負荷から戻った電流が0.9Aの場合、0.1Aがどこかで漏れており、その電流差分を検知して電流漏れを電路上で検知し遮断するのが漏電遮断ELBの役目となります。

原理はフレミング左手の法則に基づき、電流が流れる際の磁界を検知しております。漏電遮断ELBを介して送られた電流の磁界と負荷側から戻った磁界の大きさに差が生じると遮断する仕組みとなっております。よってサーキットプロテクタとは全く違う意味合いの制御となり、サーキットプロテクタは過電流主体の制御なので漏電検知機能は通常は備えていません

4-3. ノーフューズブレーカー(NFB)との違い

配線用遮断器が別称となりますが、配線方式で単相、三相ともに電流は電源から負荷を通じて戻ってくる電流は同じです。

サーキットブレーカーも同じ原理ですが、ノーヒューズブレーカはサーキットブレーカと同じ役目で配電盤、分電盤で過電流、短絡により電線保護を主としています。高容量の電流超過、短絡電流を制御し配線ワイヤーが熱で破壊されない為の監視機能となっております。

短絡の場合には瞬時に10KA以上の高い電流が流れるため、電線からの発火で火災等に至るケースを想定して遮断する機能を設けております。サーキットプロテクタは電路保護も小電流ではその役目もしますが、用途的には負荷につながる機器電源や機器回路を保護するのが役目となるので用途は異なります。

【電気機器】NFBとELBの違い、使い分けは?

制御機器に電源から電気を供給する際には、安全機能としてブレーカーが必要です。ブレーカーを選ぶ際には配 ...

5. サーキットプロテクターの選定

保護する機器、回路でも異なりますが、何か過電流異常が発生してサーキットプロテクタが動作した時点からの選定基準を記載します。

役割は電源を切って機器、回路を保護するのですが、異常検知後、復旧するためにスイッチを切から入にしなければなりません。その際、手動で復旧するものと自動で復旧するものがあります。

手動の場合は異常検知し、復旧は人間の手で実施されます。それまでには復旧に時間を要する場合は機器は止まってしまうことになります。

例えば、水槽で酸素ポンプを送り長時間止ると、魚の生死につながる場合は手動復旧は人間が発見するま酸素ポンプは止まり続けることになります。自動復旧は異常で切れた後に、一定時間経過後に電源が入り再動作する機能となります。水槽の様な長時間作業を止められない負荷には自動復旧タイプを使うことをお薦めします。

次に作業現場等でサーキットプロテクタが作動した際、復旧でのトラブル事例からの選定を記載します。

例えば生産ラインでドリルで木板に穴を開けている作業中にサーキットプロテクタが作動し止まったとします。

このような場合、直ぐに復旧するといきなりドリルに電源が入り、作業安全では大変危険なシーンとなります。そのような場合は、低電圧開放モジュールを搭載したサーキットプロテクタがお薦めとなります。

例えば100Vで使用して電圧低下で20V以下となれば確実に遮断。電圧が100Vに復旧したとしても機器にOn 投入しないので、機器は手動で復旧することが出来ます。他、遮断にまつわるトリップ形式やスイッチハンドルの形状、寸法、定格電圧、定格電流値、極数で異なるので用途に合わしての選定となります。

詳しい選定については、使用用途などを加味しながらサーキットプロテクタのメーカーにお問い合わせください。

6. まとめ

  • サーキットプロテクタは機器を過電流から保護する装置
  • サーキットプロテクタ内のバイメタルが過電流を検知する
  • ブレーカーとの違いは定格電流の大きさ
  • 使い方によって適切な選定が変わる

サーキットプロテクタは機器制御に使われるブレーカー的な役目も持合せています。機器としては、掃除機、洗濯機、冷蔵庫、冷蔵庫と言った家電や商業施設向け専用の機器、FAX、プリンター、複写機といったOA機器等、多様に使われ過電流での機器保護の役目を持っています。

記載事例以外でも医療機器、自動車、工作機械等多くのデバイスとしての機能を持ち重要な役割を果たしております。

特に機器を負荷として見た場合にいくつもの機器を電源側から接続している場合等においてサーキット上で過負荷の異常が発生した場合サーキットブレーカは全ての下流にある装置を遮断してしまいますが、サーキットプロテクタをHubに接続することにより異常機器だけを分岐の位置付で遮断するので他機器への遮断での影響を回避することも可能となります。

サーキットプロテクタは分岐される機器のみを制御するので電源からの末端機器での異常時に遮断する大切な役割も担っています。

サーキットブレーカでは電路全体での異常を監視しサーキットプロテクタは特定機器の異常検知するので異常事態発生後のメンテナンス部分を特定する役割もあるので電気設備、シーケンスでの作業効率性を高めることも可能となります。

↓ 電気に関する記事はこちらもおすすめです。

2019/11/25

【電気機器】今さら聞けない三相交流とは?

多くの方にとって電気は身近だけども、知識に自信がないのではないでしょうか。 電気工事士などの有資格の方には不要ですが、今回は三相交流の理解度を上げるべく、初歩レベルの解説したいと思います。 目次三相交流は何に使われる?なぜ三相交流が用いられる?まとめ 三相交流は何に使われる? 交流とは電圧が周期的にプラス⇄マイナスに入れ替わる電気のことを指します。家庭用の電源はAC100などと書かれていますが、100Vの単相交流が届けられています。 三相交流とは、単相交流の電気を3つ重ね合わせたものです。周期的な電圧の変 ...

ReadMore

2019/9/26

【自動制御】現場の自動制御の基本!DCSのメリットとは?

製造業に身を置いている方は「DCS」という言葉に聞き馴染みがあるのではないでしょうか。 なんとなく「パソコンみたいなものでしょう」「大きな画面で見るやつね」と思っている方のために、今回はDCSとは何のために使われているのか解説したいと思います。 目次DCSとはDCSのメリット視覚的にわかりやすい切り替え、修正など操作が用意大規模なシステムを構築できるDCSのデメリット初期費用、メンテナンス費が高いプログラム修正が難しい場合があるまとめ DCSとは 検索エンジンでDCSと調べると、「Distributed ...

ReadMore

2019/8/16

【制御盤】リレーシーケンスとPLCの違い、使い分けは?

制御盤を使って工場の設備を運転する場合の制御方式として、大きく分けてリレーシーケンスとPLC制御があります。 最近では制御機構も複雑化してきたことからPLCが使用される場合が多いですが、場合によってはリレーシーケンスの方がコストが安く抑えられる場合もあります。 今回は、リレーシーケンスとPLC制御の使い分けについてメリットデメリットをまとめてみたいと思います。 目次リレーシーケンスとはPLC制御とはリレーシーケンスとPLCの使い分けまとめ リレーシーケンスとは リレーシーケンスは電磁リレーや調節計を複数組 ...

ReadMore

2019/3/15

【自動制御】自己保持回路の書き方と使い方について

工場の生産設備を自動化する際に用いるシーケンス制御の代表的なものに「自己保持回路」というものがあります。 今回は自己保持回路についての記事を書いていきたいと思います。 目次1. 自己保持回路とは?2. 自己保持回路の使い方2-1. 警報のブザー2-2. ポンプの発停3. まとめ 1. 自己保持回路とは? 自己保持回路は、一度信号が入るとその状態を維持するような回路の事を言います。 例えば次のような2つの回路を見てみましょう。 まず、こちらはボタンを押すとランプが点灯するという回路です。 この場合は、ボタン ...

ReadMore

2019/2/4

【電気回路】インターロックって何?回路に組み入れる目的は?

電気を扱う現場でよく利用する言葉に「インターロック」というものがあります。 では、そもそもインターロックとは何のことを指しているのでしょうか。 この記事ではインターロックと何か?何のために組むのかについて解説していきたいと思います。 目次1. インターロックとは?2. インターロック回路の作り方2-1. 2本の入力信号をアタマに入れよう2-2. 一方が動作しているとき、他方は動作しない3. インターロックの使用例3-1. 住まいのカギ3-2. 工場の安全扉3-3. 工事現場のプレス機3-4. エレベーター ...

ReadMore

おすすめ通信講座

エネルギー管理士熱分野講座

・効率よく短期間で確実に合格したい
・スマホを使ってすき間時間に勉強したい
・独学だけでは分かりにくい

そんな方にお勧めの通信講座です。



SNSアカウント

エネ管.com

過去問で実際に出題された暗記問題を定期的につぶやきます。
すき間時間での復習に役立ちます。

ブログの更新情報や最新ニュースをお届けします。

プラント業界専門の転職サイト

・プラント業界でのスキルを活かしたい
・プラント業界で働いてみたい
・効率よく転職活動がしたい

そんな方にお勧めの転職サービスです。

プラント特区はコチラ

現場技術の資格を取るなら!おすすめ通信講座

最短で資格を取得するためには、いかに効率よく学習するかが重要です。現場技術系の資格取得をサポートするおすすめの通信講座を紹介します。

SAT『エネルギー管理士講座 熱分野』

現場技術系専門の通信講座です。イラストを多用したシンプルで分かりやすいテキストと動画がセットになっています。

価格もお手頃で、特に熱力学などを学んだことのない初学者におすすめの通信講座です。

エネルギー管理士以外にも電験や衛生管理者など25の資格の通信講座を展開しています。

現場系通信講座の老舗「JTEX」

40年の実績がある現場系通信講座の老舗です。動画はなく、レポート提出形式の通信講座になります。価格もお手頃でテキストが分かりやすいと評判です。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

おすすめ記事!

1

あなたエネルギー管理士の資格を最短で取得したい。でも、熱力学や流体工学を学んだことがないので、独学だ ...

2

これからエネルギー管理士試験を受けるあなたのために、最短時間でエネルギー管理士に合格する方法を紹介し ...

3

エネルギー管理士の資格を取ろうとしていたり、すでに資格を持っている方にとって、エネルギー管理士の資格 ...

-電気機器

Copyright© エネ管.com , 2019 All Rights Reserved.