エネルギー管理士に関する情報を発信します。

エネ管.com

【告知】毎週土曜日18:00~
環境やエネルギーをテーマにしたゆっくり解説動画を投稿していきます。
更新情報が届くので、ご興味ある方はチャンネル登録をお願いします!

熱交換器

【熱交換器】対数平均温度差LMTDの使い方と計算方法

更新日:

プラントや工場では、発生する熱エネルギーを無駄にしないために様々な工夫がされています。

その1つに熱交換器を設置して熱回収をするなどがありますが、熱交換器などの計算を行う際には対数平均温度差が必要です。今回は、対数平均温度差とは何かについて解説してみたいと思います。

こちらの記事は動画でも解説しているので、動画の方がいいという方はこちらもどうぞ。

対数平均温度差LMTDとは?

対数平均温度差(LMTD)とは、全体の伝熱量が等しくなるような計算上の温度差のことです。LMTDはLogarithmic Mean Temperature Differenceの略になります。

熱交換器では高温のものと低温のものを触れさせることによって熱交換を行います。しかし、当然のことながら熱交換器内でも場所によって温度差が違います。

そこで、どこをとっても同じ温度差になるように計算で近似値を求められるようにしたものが対数平均温度差の考え方です。対数平均温度差を利用することで、ある流体が熱交換器で熱交換できる熱量を計算することができます。

対数平均温度差は次の式で表すことができます。ΔTa、ΔTbについては後程解説します。

$$ΔT[LMTD]=\frac{ΔT_a-ΔT_b}{ln(ΔT_a/ΔT_b)}$$

対数平均温度差は熱交換器の伝熱面積を計算するときや、各条件の時の伝熱量を計算する際に使用します。

【熱交換器】熱交換器の伝熱面積計算方法

プラントや工場などで廃棄されている熱を熱交換器で回収したいときその熱交換器がどの程度のサイズになるの ...

続きを見る

対数平均温度差LMTDの計算

対数平均温度差を計算する際には、入口と出口の温度差が必要になります。

熱交換を行う際には、それぞれの流体の流れ方向で並流と向流の2つに分けることができます。

流体が並行して流れるものが並流、向かい合って流れるものが向流と呼ばれます。対数平均温度差は向流のほうが大きくなり、熱交換量も大きくなります。

対数平均温度差を計算する時には、入口の温度差ΔTaと出口の温度差ΔTbが必要になります。式で表すと次のようになります。

$$T_a=T[③]-T[①]$$
$$T_b=T[④]-T[②]$$
$$ΔT[LMTD]=\frac{ΔT_a-ΔT_b}{ln(ΔT_a/ΔT_b)}$$

対数平均温度差LMTDの使い方

対数平均温度差は次のように利用することができます。

高温流体150℃⇒100℃、低温流体30℃⇒60℃、向流、伝熱面積A=1.5m2、熱通過率K=1000kJ/m2h℃の時の1時間当たりの伝熱量を求める。

この場合、まず対数平均温度差を求めます。

$$Ta=150℃-60℃$$
$$Tb=100℃-30℃$$
$$ΔT[LMTD]=\frac{90-70}{ln(90/70)}$$
$$ΔT[LMTD]=79.6℃$$

伝熱量はQ=AKΔT[LMTD]で計算することができるので、これらをかけ合わせれば

$$Q=1.5×1000×79.6=119400kJ/h$$

このように計算することが可能です。

まとめ

  • 対数平均温度差は温度差の近似値。
  • 入出の温度差が分かれば計算できる。
  • 熱交換器の伝熱量を計算する際に使用する。

熱交換器の計算をするときは、対数平均温度差の考え方は必須なのでぜひ覚えておきましょう。



質問サービス

【告知】質問サポートサービス始めました
資格試験・仕事・副業について個別に相談したいという方はこちら ↓

ご意見ご感想はこちらから↓

サービス一覧

  • Twitter:日常で感じたことや更新情報をつぶやきます。
  • Youtubeチャンネル:環境やエネルギーをテーマに動画を投稿しています。
  • LINE公式アカウント:Youtubeの更新情報などを発信します。
  • Facebook:製造業ブロガーのクローズドコミュニティやってます。
  • 楽天ROOM:勉強になったおすすめの書籍を紹介しています。
  • note:思ったことを好き勝手に書いています。
  • ココナラ:計算エクセル、広告枠などを販売しています。

技術系資格取得を目指す方必見!おすすめ通信講座

最短で資格を取得するためには、いかに効率よく学習するかが重要です。モチベーションを維持しながら最短で資格取得を目指すなら通信講座を利用するのもおすすめです。

シンプルで分かりやすいテキストSAT『エネルギー管理士熱分野』

現場技術系専門の通信講座です。イラストを多用したシンプルで分かりやすいテキストと動画がセットになっています。

価格もお手頃で、特に熱力学などを学んだことのない初学者におすすめの通信講座です。

エネルギー管理士以外にも電験や衛生管理者など25の資格の通信講座を展開しています。

電験取得を目指すならSAT『第三種電気主任技術者講座』

イメージしにくい交流回路についても多様なイラストと解説動画で詳しく解説してくれます。独学ではなかなか勉強が進まないという方に特におすすめの講座です。電気について詳しく学べるので実務で電気を使うという方には最適な教材です。

その他の講座一覧はこちら

製造業向け通信講座の老舗 JTEX『エネルギー管理士講座』

テキストとレポート形式の通信講座で、最も実績の多い会社です。エネルギー管理士の電気分野を受けるならおすすめの通信講座です。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

エコおじい

プラントエンジニアです。工業技術をどこよりも分かりやすく解説するをテーマに2017年から情報発信をしています。最近、Youtubeも始めました。応援していただけるという方は更新情報などを発信するので、Twitterのフォローお願いします。

おすすめ記事

1

これからエネルギー管理士試験を受けるあなたのために、最短時間でエネルギー管理士に合格する方法を紹介し ...

2

あなたエネルギー管理士の資格を最短で取得したい。でも、熱力学や流体工学を学んだことがないので、独学だ ...

3

電験三種は合格率が10%未満の大変難しい資格です。また、範囲が非常に広いので普段の業務で電気を扱わな ...

-熱交換器

Copyright© エネ管.com , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.