制御盤

【制御盤】シールドケーブルの種類と正しい接地方法について

更新日:

電気機器の結線図などを見ていると「この機器はシールドケーブルで接続してください」という言葉が書かれていることがありますよね?

一体、何のために「シールドケーブル」を使用するのでしょうか?

  • 「シールドケーブルって何?」
  • 「シールドケーブルは接地(アース)しないといけないの?」

この記事では、そんな疑問を抱える方のために、シールドケーブルの種類や設置方法などをまとめました。

こちらの記事は動画でも解説しているので、動画の方がいいという方はこちらもどうぞ。

1. シールドケーブルとは?

シールドケーブルとは、信号を伝達するためのケーブル線(芯線)と被膜(シース)の間に、ノイズの混入を防ぐ目的で芯線の周囲を覆うように配置される導体があるケーブルのことです。

ノイズと一口に言っても、レベルの大きさや周波数、発生するメカニズムが様々なため、ノイズを効果的に遮断するシールドケーブルを採用することが安定したシステムを構築するのに重要になってきます。

2. シールドケーブルの種類

シールドケーブルには大きく分けて、信号線がノイズを受けにくくするシールドケーブルと、信号線からノイズを周囲にまきちらさないシールドケーブルがあります。

前者を静電シールドケーブル、後者を電磁シールドケーブルと呼ぶことがあります。

2-1. 静電シールドケーブル

静電シールドケーブルは、静電誘導や不要輻射といった外来ノイズから信号を守るためのシールドケーブルです。

シールド材として銅やアルミなどの金属テープやメッシュ状の編み線で芯線を覆うことでノイズ電流を捕まえ、アースに逃がすことで、信号線をノイズの影響から遮断する効果を持たせています。通常の配線に用いているシールドケーブルはこちらの効果を狙ったものになります。

4-20mAのアナログ信号を用いて、機器を制御する場合も静電シールドケーブルが利用されます。

【自動制御】制御機器に4-20mAを使うのはなぜ?1-5Vとの違いは?

センサーから信号をもらう時や制御機器を比例的に動かす時は、ほとんどアナログ信号の4-20mAを用いま ...

続きを見る

2-2. 電磁シールドケーブル

一方の電磁シールドケーブルは、電源ラインなどの大電流を流す芯線から出る磁束によって周囲の信号線に影響を与えないよう、磁束をケーブルの外に出さないことを狙ったシールドの方法です。

鉄と銅を使って芯線をシールドすることで、磁束を閉じ込めるシールドケーブルです。鉄を使っているため、折り曲げや屈曲には弱いのが欠点です。

【ポンプ】電流値は何で決まる?高い時と低い時の違いは?

ポンプの異常を検知する際に、制御盤などに設置されている電流計の電流値を利用する場合があります。しかし ...

続きを見る

3. シールドケーブルに接地(アース)は必要?

静電シールドケーブルも、電磁シールドケーブルも接地は必要ですが接地するポイントが違ってきます。

3-1. 静電シールドケーブルの場合

まず静電シールドケーブルですが、こちらはシールドケーブルの片端のみを接地します。理由は以下です。

  1. 信号や電源から流れ出した電流は、必ず送出元に戻ってくる性質(ここではリターン電流と呼称します)がある。
  2. 両端を接地するとシールド線を電流が流れるパスができる。
  3. リターン電流は送出ラインの最短経路を通る性質があるため、2.の経路を流れる確率が高くなる。
  4. 電磁シールドケーブルの説明にもある通り、電流が流れると磁束が発生する。
  5. 信号で使用した電流がリターン電流としてシールド線に流れると磁束が発生し、せっかく施したシールドが原因でノイズが発生する。

ですので、片側のみを接地することで2のリターン経路を作らないことが重要になります。

3-2. 両方とも設置しない場合

次に両方とも接地しない場合ですが、この場合は2で述べたシールドでノイズ電流を捕まえてノイズ減に戻す経路が作られないことになり、シールドとしての役割を果たすことができません。

さらにシールド自体がコンデンサのように電荷を蓄えてしまう可能性もあります。静電気などにより電荷をためてしまうと、何かの拍子に電荷を放出した場合、スパイク状のノイズを発生する原因になってしまいます。これも信号線からすると好ましくありません。

ですので接地は必ず実施する必要があります。また、接地の際は抵抗値が小さくなるよう注意するのがシールド効果を大きくするポイントです。

3-3. 電磁シールドケーブルの場合

次に電磁シールドケーブルの場合ですが、こちらは両端を接地するようにします。

その理由はシールドの内面をリターン電流の経路として使用することで、電流ループを極小にする効果が期待できるためです。

送出時に起こる磁界に対してリターン電流の磁界は逆向きになるため、送出電流のすぐそばをリターン電流が流れることで磁界を打ち消しあう効果が期待でき、シールド効果が高くなります。こちらも静電シールド同様、できるだけ小さい抵抗値で接地することが理想となります。

4. シールドケーブルの使用例

シールドケーブルの実際の使用例として一番身近なのはLANケーブルではないでしょうか?

そのほかTVアンテナの同軸ケーブルやスマートフォンの充電ケーブルも(よほど安価なものでない限り)シールドケーブルを使用しています。

もし余っているこれらのケーブルがあったら、一度シースをはがしてみると色々ななシールドの形式を見ることができるでしょう。

5. まとめ

シールドケーブルには、

  • 周囲のノイズから信号を守る静電シールドケーブル
  • 信号線からノイズを出さない電磁シールドケーブル

の2種類があり、その種類によって接地方法が違うということはよく覚えておいてください。

周囲に電気、電子機器があふれている昨今、充電器や洗濯機、テレビやパソコンなど、ノイズを出す電気製品は数多くあります。

また、自動車の電子化は成長が著しく、エンジンや電装品に流れる電流などはノイズ元として電子機器の誤動作を引き起こす原因にもなりえます。

必要な信号を正しく目的地まで届けるために、シールドケーブルはこれからますます重要な存在になってくるものと思われます。正しい知識で効果的なシールドケーブルの選択と使用ができるよう心がけましょう。

2020/4/23

【制御盤】UPSって何?無停電電源装置の役割とは?

生産用の制御システムを考えるときに、「停電が起きたらどうしよう?」という懸念がある装置があります。 突発的に止まることで、重要データを維持したい、製品や装置に対して安全な状態で停止したいなどの場合、UPSの導入を検討してください。 今回は、制御盤内に設置するUPSとは何かについて解説したいと思います。 チャンネル登録はこちら 目次UPSとはUPSの役割突発的な電圧低下による装置停止対策生産データの保守 UPSの種類常時インバータ給電方式ラインインタラクティブ方式常時商用給電方式まとめ UPSとは UPSは ...

ReadMore

2020/4/11

【制御盤】制御盤電気配線における、内線と外線の違いとは?

現場で使う機器のコントロールを担う制御盤。 よく見ると外から接続される配線群があり、制御盤内を開けると無数の配線があるのが確認できます。これらの配線にはどんな役割や基準があるのでしょうか。 今回は、制御盤の内線と外線の違いについて詳しく解説してみたいと思います。 こちらの記事は動画でも解説しているので、動画の方がいいという方はこちらもどうぞ。 チャンネル登録はこちら 目次制御盤の内線とは制御盤の外線とは内線・外線を分ける理由まとめ 制御盤の内線とは 制御盤の中にはスイッチ、リレー、マグネットコンダクターな ...

ReadMore

2020/5/17

【制御盤】アイソレータって何?役割、用途を解説

電気、制御系の業務をしていると「アイソレータ」という言葉を聞くことがないでしょうか。 今回はアイソレータとは何かについて、基礎的な部分の解説をしていきます。 チャンネル登録はこちら 目次アイソレータの役割アイソレータの原理アイソレータの用途絶縁ノイズ除去回り込み防止まとめ アイソレータの役割 英語でisolateというと「分離する、絶縁する」といった意味があります。 計装関係におけるアイソレータは信号線間の直流を遮断し、絶縁する部品のことを指します。 アイソレータは単一方向の信号を伝送しますが、逆向きの信 ...

ReadMore

2020/2/27

【制御盤】今さら聞けないリニアライザの目的とは?

制御盤を開けると中に入っている「リニアライザ」。他の配線スペースを広く取るために多くの場合、縦長の物が多いかと思います。 これがどんな役割を果たしているかご存知ですか?あまり基礎的な部分に触れたサイトがなかったので、リニアライザについてまとめてみました。 こちらの記事は動画でも解説しているので、動画の方がいいという方はこちらもどうぞ。 チャンネル登録はこちら 目次リニアライザとはリニアライザの使用例まとめ リニアライザとは リニアとは直線という意味の言葉です。(リニアモーターカーは、モーターを帯状に並べ、 ...

ReadMore

2020/2/27

【制御盤】リレーシーケンスとPLCの違い、使い分けは?

制御盤を使って工場の設備を運転する場合の制御方式として、大きく分けてリレーシーケンスとPLC制御があります。 最近では制御機構も複雑化してきたことからPLCが使用される場合が多いですが、場合によってはリレーシーケンスの方がコストが安く抑えられる場合もあります。 今回は、リレーシーケンスとPLC制御の使い分けについてメリットデメリットをまとめてみたいと思います。 こちらの記事は動画でも解説しているので、動画の方がいいという方はこちらもどうぞ。 チャンネル登録はこちら 目次リレーシーケンスとはPLC制御とはリ ...

ReadMore

↓ 関連書籍

お勧め専門誌

   

   



おすすめ通信講座

エネルギー管理士熱分野講座

・効率よく短期間で確実に合格したい
・スマホを使ってすき間時間に勉強したい
・独学だけでは分かりにくい

そんな方にお勧めの通信講座です。

現場技術の資格を取るなら!おすすめ通信講座

最短で資格を取得するためには、いかに効率よく学習するかが重要です。現場技術系の資格取得をサポートするおすすめの通信講座を紹介します。

シンプルで分かりやすいテキスト『SAT』

現場技術系専門の通信講座です。イラストを多用したシンプルで分かりやすいテキストと動画がセットになっています。

価格もお手頃で、特に熱力学などを学んだことのない初学者におすすめの通信講座です。

エネルギー管理士以外にも電験や衛生管理者など25の資格の通信講座を展開しています。

現場系通信講座の老舗『JTEX』

40年の実績がある現場系通信講座の老舗です。動画はなく、レポート提出形式の通信講座になります。価格もお手頃でテキストが分かりやすいと評判です。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

エコおじい

プラント系エンジニアです。「エネ管.com」というブログで工業系の技術に関する情報を発信しています。最近、Youtubeも始めました。応援よろしくお願いします。

おすすめ記事

1

あなたエネルギー管理士の資格を最短で取得したい。でも、熱力学や流体工学を学んだことがないので、独学だ ...

2

これからエネルギー管理士試験を受けるあなたのために、最短時間でエネルギー管理士に合格する方法を紹介し ...

-制御盤

Copyright© エネ管.com , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.